バスタブの交換費用の相場について|浴槽交換にまつわる知識

バスタブは湯船に浸かって疲れを癒すために必要不可欠な存在です。しかし、バスタブは長年使っていると、汚れが溜まったり、ヒビが入ったりしているもの。ときには新しく交換することが大事です。

おそらく、あなたも自宅の古びたバスタブを交換しようかと悩んでいるはず。本記事ではバスタブを新しくするために必要な費用を解説していきます。交換したほうがいい具体的な状況も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

バスタブの交換費用の相場

バスタブの交換費用の相場は、種類によって異なります。バスタブのタイプごとの費用相場は以下のとおりです。

バスタブのタイプ 費用相場
埋め込み23万~50万
据え置き12万~15万

上記の表がバスタブの交換費用相場です。

埋め込みタイプのバスタブ交換には、23万~50万の予算がかかることが一般的。浴室の床、壁とバスタブが接合されているため、大がかりな工事を必要とします。手間がかかるだけに費用は割高の傾向です。

据え置きタイプの交換は、12万~15万が予算相場。埋め込みタイプに比べて割安になります。バスタブをそのまま入れ替えるだけなので、費用の大半はバスタブ本体の値段です。業者によっては、古いバスタブの処分費用などが加算されることもあります。

メーカーごとの相場を知りたい方はこちらもどうぞ

理想の浴槽に交換するためにおすすめの種類とメーカーを解説

バスタブは素材によって値段が違う

バスタブの交換費用は、本体の素材によって大きく左右されます。以下は素材ごとのバスタブ本体の値段相場です。

バスタブの素材値段相場
FRP5万~35万
人工大理石10万~120万
ホーロー15万~110万

上記の表が一般的なバスタブの素材と、各値段相場です。

バスタブの素材として最も主流なのはFRP。ガラス繊維に樹脂素材を混ぜた強化プラスチックです。防水性能が高く、軽くて丈夫という性質からバスタブ素材として多く採用されています。値段が 5万~35万と、お手ごろなのも魅力です。

デザインで人気が高いのは人工大理石。ポリエステル、アクリルといった化学素材で大理石のような質感を出しています。値段は 10万~120万とピンキリです。値段が高いほど質感がなめらかな傾向にあります。

バスタブとしての性能が高いのはホーローです。ホーローは鉄素材の表面にガラスコーディングを施したもの。表面がツルツルで、汚れや雑菌が付着しにくい性質を持っています。 15万~110万が値段相場。サイズ、耐久性によって分かれています。

バスタブを交換するときは、予算と求めている性能によって素材を選ぶといいでしょう。

バスタブのエプロンのみの交換であればもっと安価に

バスタブのエプロンのみの交換という手もあります。

浴槽自体がそこまで劣化していなければ、エプロンを交換して少しでも綺麗に見せるという方法もあります。

エプロンは以外と劣化が目立ち、特にエプロン内は汚れ自体溜まりやすいです。浴槽の前にエプロンの交換・清掃なども考えてみてください。

浴槽エプロンに関する記事はこちら

浴槽エプロンの交換費用と完全にキレイにするためのテクニック

バスタブと一緒にリフォームしたい設備

バスタブの交換を検討している人は、浴室周辺をキレイにしたいとお考えではないでしょうか。以下では、バスタブと一緒にリフォームするのにおすすめの設備を紹介します。

洗面台

バスタブと一緒に最も交換したいのが洗面台です。洗面台は使用頻度が多く、汚れが溜まりやすい場所。客人の目に触れる可能性もあるため、古い洗面台は優先して交換したほうがいいでしょう。

一般家庭の洗面台であれば、約20万~50万で交換することができます。工事期間は1日~3日。予算が余れば、洗面台周辺の壁紙を防水性の高いものに交換するのもおすすめです。後々の清掃がラクになります。

バスタブと洗面台を同時にリフォームすれば、浴室周辺の印象が大きく変わるので、検討してみてください。

浴室の鏡

浴室、あるいは洗面所に鏡があれば、バスタブと一緒に交換してみましょう。鏡は経年劣化で汚れが落ちにくくなります。鏡は低予算で交換できるため、大がかかりなリフォームのついでに新調するのがおすすめです。

浴室、洗面所の鏡は業者に依頼した場合、1万~5万ほどで交換できます。ホームセンターに売っている鏡をDIYで取り付けすれば、数千円で交換することも可能です。

鏡がピカピカの状態になれば、清潔感も増します。ぜひ交換してみてください。

浴室の鏡についての記事はこちら

誰でも3時間でできる浴室鏡の交換方法!手入れで新品状態を保つコツ

浴室の換気扇

予算があるならば、浴室の換気扇を交換するのもいいでしょう。換気扇は普段は気になりませんが、いざ確認してみるとカビが繁殖していることが多いです。

古い換気扇であれば、経年劣化により、本来の機能が損なわれている可能性もあります。換気扇が正常に作動しないと、湿気が溜まる原因となるので注意が必要です。

仮に浴室の換気扇を交換する場合、構造によって価格が大きく違います。本体の交換だけで済むなら数万円。天井工事が必要なときは、数十万円の費用がかかることもあります。

まずは点検をしてもらい、状態を見てもらいましょう。劣化具合によって交換するか判断してみてください。

バスタブを絶対に交換したほうがいいケース

記事を読んでいる人のなかには、バスタブの交換に迷っている人もいるはず。普通に入浴できるのであれば、無理に交換する必要はありません。しかし、以下の項目に当てはまる場合はすぐに交換してください。

バスタブがヒビ割れて水漏れが起きている

バスタブにヒビ割れなどの破損が起きている場合は交換の必要があります。とくに水漏れが起きている状態であれば、早急の対応が必要。バスタブを新調するまでは使用を中断し、シャワーのみで済ませてください。

水漏れが起きていれば、満足にお湯を張ることができず、水道料金が膨らみます。軽微な水漏れだとしても、水圧でヒビが大きく広がるため、いずれ使用不可となるでしょう。ヒビ割れた個所に肌がひっかかり、ケガをするリスクもあります。

バスタブが破損している人は、すぐに専門業者に相談しましょう。

汚れが蓄積している

バスタブの汚れがひどい場合にも交換の必要があります。水アカ、黒カビは軽微なものなら洗浄可能。しかし、長年蓄積した汚れはプロのクリーニングでも完全に取り除けないことがあります。

とくに据え置きタイプのバスタブの場合、普段は目にしない裏面にびっしりと汚れが付着していることも。衛生面を考えると、バスタブ自体を新調したほうがいいでしょう。

一度、じっくりと自宅のバスタブの汚れを確認してみてください。

将来を考えて浴室をバリアフリーにしよう

バスタブを単に新調するのではなく、バリアフリー仕様にリフォームするのも大きな選択肢です。将来、家族に介護が必要となったときに慌てなくて済みます。バスタブをバリアフリーにリフォームするときの費用は以下のとおりです。

リフォーム内容費用相場
バリアフリー対応のバスタブに交換10~40万
バスタブ内に昇降リフト追加20万~30万
浴室に手すりを設置 5千~1万

上記の表がバスタブをバリアフリーにリフォームするときの費用相場です。

要介護者でも入りやすい高さのバスタブに変更するには、約10~40万ほどかかります。サイズが大きいタイプ、その他機能が充実しているタイプほど価格が高いです。

座ったままバスタブの出入りができる昇降リフトも追加すると、別途20万~30万かかります。昇降リフトは必要になってから設置しても遅くはありません。各家庭の事情にあわせて検討してください。

浴室内に手すりを設置するのは、1万円ほどで可能。健常者でも滑って転倒することを防止できるため、とくに理由がなければ設置しましょう。

バスタブの交換料金を抑える秘訣

上記までの解説で、実際にバスタブの交換を決断した人もいることでしょう。以下では、バスタブの料金を安く抑えるポイントを解説していきます。

複数の業者に見積もりをしてもらおう

バスタブを交換するときは、最初に複数の業者に見積もりをしてもらうことが大事です。同じ施工内容でも、業者によっては価格が大きく違うことがあります。各業者の見積もりを比べて、納得できる価格のところへ依頼しましょう。

また、見積もりを出してもらうと同時に、バスタブの交換が必要か点検してもらってください。優良業者であれば、浴室の状態を詳しく教えてくれます。専門家の意見を聞いてから最終的な決断を下しても遅くはありません。

急ぎでなければ、じっくり判断材料を集めて、慎重に検討してください。

汚れているだけならクリーニングのほうが格安

バスタブ本体に破損がなく、汚れが洗浄可能なレベルであれば業者にクリーニングを依頼するのも手です。バスタブ本体を交換するよりも低予算でキレイにできます。とくに埋め込みタイプのバスタブで、交換に大きな工事が必要なときにおすすめです。

バスタブのクリーニング費用は洗浄範囲によって違います。しかし、1万~5万ほどあれば浴室全体を清掃してもらえることが多いです。洗浄と一緒にカビを防止するコーディングを施してくれる業者もあります。

格安で浴室をキレイにしたい人は、クリーニングも視野に入れてみてください。

バスタブを交換して清潔な浴室を保とう

バスタブの交換料金について解説してきました。バスタブは毎日欠かさず使う存在。古くなったバスタブはどうしても汚れや傷が目立つものです。できれば、新調して衛生的にお風呂に入れるようにしましょう。

もし、バスタブを交換する際は本記事で解説したポイントを参考にしてみてください。納得のいくリフォームを行えるはずです。