お風呂の給湯器の交換はいくら?一軒家とマンションのリフォーム事情

お風呂にお湯を張ると、いつもより温度がぬるく感じることがあります。考えられる原因は給湯器の不調。修理でも治ることがありますが、長く使っている給湯器は交換したほうが安心感が増します。

おそらく、あなたも給湯器の交換を考えて本記事にたどり着いたことでしょう。今回は給湯器の交換に必要な費用を解説していきます。交換の目安も紹介しているので、参考にしてみてください。

給湯器本体の値段相場

給湯器はサイズ、種類、性能によって値段が異なります。以下は一般住宅で多く使われている給湯器の相場比較表です。

風呂給湯器(20号・4人家族)値段相場
本体・リモコン有20万前後
本体・リモコン有・追焚き、自動機能付き30万~40万
本体・リモコン有・追焚き、全自動機能付き30万〜45万

上記が一般的な風呂給湯器の値段相場です。値段には浴室で給湯器を操作するリモコンを設置するための費用も含まれています。見てのとおり、機能が増えるにつれて値段が高くなる傾向です。

給湯器は決して安い商品ではありませんが、業者によっては割引サービスを展開しています。上記の表より安く設置できることも珍しくありません。

給湯器の交換をするときは、複数の業者に安く設置できるプランはないか、問い合わせてみるといいでしょう。

給湯器の取り付け費用の相場

給湯器を取り付けするための施工費用は、一般的に3万~6万円ほどです。本体の値段を含めると、総額は20万~50万といったところでしょう。ただし、総額20万~50万というのは古い給湯器と同サイズの場合の料金です。

もし、現状の給湯器と別のサイズを選んだり、設置場所を変えたりする場合は追加費用がかかります。自宅の構造によっては配線が増えたりなど、想定以上の費用がかかることも。

給湯器のサイズ、設置場所を変えるときは、業者に事前調査を依頼してましょう。

給湯器は自宅にあったものを選ぶことが大事

給湯器はお住まいの自宅、地域にあったものを選ぶことが重要です。とくに給湯器の燃料に何を使うかは、毎月の光熱費に大きく影響します。以下では給湯器選びのポイントを解説するので、参考にしてみてください。

給湯器は大きく分けると4種類

給湯器は使用する燃料によって、主に4種類のタイプに分かれます。具体的には以下のとおり。

給湯器の種類燃料・給湯方式
ガス給湯器ガス・瞬間式
石油給湯器石油・貯湯式、瞬間式
電気温水器 電気・貯湯式、瞬間式
エコキュート 電気・貯湯式

上記の表が一般的な給湯器の種類です。それぞれ燃料と給湯方式が違います。燃料については、お住まいの地域で最もコスパがいいものを選ぶといいでしょう。

ちなみにエコキュートは電気温水器の亜種。電気料金が安くなる夜間にお湯を沸かす低コストの給湯器です。電気代については地域によって異なるため、気になる人は業者に問い合わせてみてください。

肝心なのは給湯方式です。貯湯式はタンクに水を貯めて、事前に温めておく形式。お風呂に入る時間にあわせて熱しておけば、すぐにお湯を張ることができます。ただし、一度に作れるお湯の量が限られている点がデメリットです。

瞬間式は配管を通る水を一気に熱してお湯に変える形式。持続的にお湯を出すことができます。代わりに、一度に放出できる量が限定されているのがデメリットです。

給湯器を選ぶときは、各家庭の事情にあったものを選んでみてください。

事前にサイズを調べよう

使いたい給湯器の種類が決まったら、次にサイズを決めましょう。基本的に今お使いの給湯器と同じサイズのものを選べば、問題なく施工が行えます。お使いの給湯器のサイズがわからないときは、業者に確認してもらいましょう。

ちなみに一般住宅で多く使われる給湯器のサイズは20号~24号です。号数が大きくなるほど、給湯器のサイズが大きくなります。サイズが大きければ、1分間に出せるお湯の量も増える仕組みです。

お風呂とキッチンで同時にお湯を使いたい!といったときは大きな給湯器を購入するといいでしょう。各家庭の生活にあわせて選んでみてください。

予算があるなら高機能なタイプを

予算があるなら思い切って高機能給湯器を購入するのもおすすめです。とくに電気温水器の場合、オート機能が充実していることがあります。

たとえば、フルオート機能がある温水器はボタン1つでお湯張り、保温が可能。家事の時短ができるため、生活が格段に便利になります。

空いた時間を有効活用できるため、少々値が張っても奮発する価値があるでしょう。予算に余裕があるときは、ぜひ高機能なものを選んでみてください。

マンションの場合は給湯器に制限がある可能性

記事を読んでいる人のなかにはマンションにお住いのこともあるでしょう。マンションの給湯器は、一軒家より事情が異なります。ときには気に入った給湯器が選べないことも。以下ではマンションにおける給湯器事情を解説していきます。

マンションは使えるサイズに制限がある

マンションでは使える給湯器のサイズに制限があることが多いです。マンションは設置範囲が限られているため、大きなサイズは置けないということがあります。

たとえば、先に購入する給湯器を決めてしまうと、お住まいのマンションには対応していないというケースも。

マンションで給湯器を選ぶときは、今お使いのタイプをベースにサイズを決める必要があります。

環境によっては追加工事で予算が膨らむことも

マンションの構造によっては、追加工事で費用がかさむことがあります。とくに今お使いの給湯器とは別の種類を選ぶ、設置場所を変えるといったときは要注意です。

配管を追加したり、室内工事が必要だったりすると、当初の予算を大幅にオーバーすることも珍しくありません。工期が長くなることもあるでしょう。

マンションで給湯器を交換するときは、予算に余裕を持たせておくことが大事です。

事前に管理会社に問い合わせておこう

マンションでスムーズに給湯器を交換するには、事前に管理会社、組合に問い合わせることが大事です。お住まいのマンションに対応している給湯器を紹介してくれることもあるので、選びやすくなります。

逆に管理会社を通さずに交換を検討することはやめましょう。選んだ機種が設置できない、組合規定に違反しているなどのトラブルが発生します。

マンションの設備工事は各物件のルールに従うことが重要です。

給湯器を交換する目安

記事を読んでいる人のなかには、給湯器を交換したほうがいいのか迷っているケースもあるでしょう。以下では給湯器を交換する目安を解説していきます。

設定した温度にならない

出ているお湯が設定した温度といちじるしく違うときは、給湯器を交換してください。単純に故障している可能性があります。長く使っている給湯器は、経年劣化により各機能が誤動作していることが多いです。

とくに温水設定なのに冷水が出たら要注意。一時的に復旧しても、すぐに使い物にならなく可能性があります。満足にお風呂に入れなくなる状態になるので、早めに対処してください。

水漏れが起きている

給湯器から水漏れが起きているときも交換が必須です。水漏れを放置しておくと、必要以上に水道代、燃料代がかかります。水漏れに気がついた段階で、給湯器の交換を検討してください。

給湯器の水漏れは一見わかりづらいこともあります。給湯器周辺が不自然に濡れている、配管周辺にシミがあるといったときは水漏れの可能性が高いです。

給湯器に水漏れが起きているかもしれないときは、すぐに業者に点検を依頼しましょう。

異臭や煙が生じた場合はすぐに使用中止を

給湯器の使用中、異臭や煙が生じた場合はすぐに使用をやめてください。ガス漏れや漏電の可能性があります。放置して使用を続けると、火災といった大きな事故につながるため、注意が必要です。

もし、異臭や煙を感じたら、念のために窓を開けて換気を行いましょう。身の安全を確保し、各業者あるいは消防に具体的な対応を問い合わせてください。

給湯器に異変を感じたときは、油断せずに早めに対処することが肝心です。

給湯器の施工業者の選び方

実際に給湯器を交換を決めたら、次は施工業者選びが大事になります。以下では、業者選びのポイントを解説するので参考にしてみてください。

素早く見積もりをしてくれる業者に依頼しよう

給湯器の交換は素早く見積もりを出してくれるところに依頼しましょう。給湯器は生活に直結する機器。対応がスピーディな業者ほど、相談者のことを第一に考えているといえます。

できれば、最初に複数の業者に見積もり依頼を出し、担当者の対応を比較してみてください。なかには相談者の話を細かく聞いて、より良いプランを提示してくれる業者もいます。

逆に対応が遅い、担当者の態度が悪い業者に依頼することはやめましょう。施工までに時間を要するなど、大きなトラブルのリスクがあります。

施工料金が一緒ならサポート内容で決める

担当者の対応、施工料金にも差がないときはサポート内容を決め手にしましょう。各施工業者は施工後のアフターケアに力を入れていることもあります。同じ料金なら、サポートが充実しているほうがお得です。

たとえば、数年間の給湯器点検のサービス、給湯器に不具合があった場合の再施工無料など。どういったサポートを行っているかは業者によって異なります。

なるべく、サポートの内容、充実度を比較して業者を決めてみてください。

他社より異常に見積もりが安いときは要注意

複数の業者に見積もりを依頼したとき、他社よりも異常に安い価格の業者は避けましょう。担当者の対応がよくても、悪徳業者の可能性があります。悪徳業者の場合、施工不良などのリスクが大きいので注意が必要です。

どうしても安さが魅力に感じるときは、価格の根拠を業者に聞いてみましょう。他社より料金を抑えられる理由がしっかりしていれば、信頼感が増します。ただし、話をはぐらされたら価格の安さに裏があるかもしれません。

トラブルを避けるためには、価格だけに気を取られないようにしてください。

お風呂の給湯器をリフォームして快適な生活を

給湯器を交換するときの費用を解説してきました。給湯器はサイズ、種類によって大きく値段が違います。各家庭の事情にあったものを選べるように、慎重に検討してみてください。

少々値が張る機種でも、業者によっては割引サービスを行っていることもあります。複数の業者に問い合わせをして、一番納得のいくプランを選択してみましょう。