お風呂の給湯器が壊れた!費用相場や選び方、比較の仕方を紹介!

お風呂の給湯器が壊れてしまうと困りますよね。お風呂やシャワー、洗い物などをするときにお湯を使うことができず不便です。そこで、給湯器を交換しようと思っても、初めてだと何がなんだかわからないものです。そんな人のためにこちらでは給湯器交換にかかる費用や選び方、比較の仕方などを説明します。

給湯器交換にかかる費用

給湯器の交換にはさまざまな費用が生じます。どういった費用について考えておく必要があるのか紹介しましょう。

給湯器本体の費用

給湯器を交換したいのであれば、新しい給湯器本体にかかる費用が発生します。給湯器はさまざまな商品が存在しています。メーカーの数も複数あります。それぞれの商品ごとに機能や大きさ、性能などが異なっていて、それに応じて価格も違うのです。給湯器交換の費用の大部分を占めるのが給湯器本体の価格であると考えてください。給湯器本体の費用は5万円から50万円とかなり幅広いです。

給湯器本体の費用5万~50万円

工事費用

給湯器交換の工事をするための費用が発生します。基本的には人件費であると考えましょう。給湯器の撤去や処分、新しい給湯器の取り付けなどにそれぞれ工事費が計上されます。工事費用の目安は5万円程度です。

給湯器交換の工事費用5万円程度

追加費用が発生するケース

給湯器の交換工事では、追加費用が発生するケースがあります。たとえば、給湯箇所を新しく増やしたい、これまでと異なる種類の給湯器を使いたい、設置の仕方を変えたいといったケースです。これらは別途特別な工事が発生することがあり、そのための費用が追加で発生します。また、設置環境によっては、足場を増やす必要が生じるなどで工事費用や人件費がプラスされることもあります。

給湯器の種類と費用相場

給湯器の種類と費用相場についてそれぞれまとめました。

従来型

従来から存在しているタイプの給湯器は従来型といいます。純粋に給湯器としての機能しか有していないのが特徴です。エコ機能などはついておらず、最低限の機能となっていて、その分だけ費用が安いのがメリットです。設置費用は安くなるのですが、熱効率が悪く、待機電力も大きいため、ランニングコストを考えるとエコ機能のある最新の給湯器のほうがトータルの費用は安くなるとされています。費用は5万円から15万円程度です。

従来型の給湯器の費用相場5万~15万円

エコジョーズ

エコジョーズとは従来の給湯器よりもエコな性能が高まっているものです。環境にも家計にもやさしくて今の時代に適しているため人気が高まっています。

エコジョーズは従来型の給湯器では捨てていた熱を再利用する仕組みを搭載しています。そのため、より少ないガス量で効率よくお湯をわかすことを可能にしています。ガスの量を減らすことができ、ガス代の節約につながるのです。二酸化炭素の排出量を削減することができ、地球環境にやさしいです。

エコジョーズは2000年に登場してから20年近い歴史があり、今では給湯器の主流とされています。費用相場は10万円から20万円程度です。

エコジョーズの費用相場10万~20万円

エコキュート

エコキュートはヒートポンプ技術を活用して熱を生み出すのが特徴の給湯器です。自然冷媒ヒートポンプ給湯機が正式名称です。二酸化炭素を自然冷媒として用いており、地球環境に優しいです。夜間電力を活用することでランニングコストを低減できます。大気熱を活用することで電力の消費量を抑えられる点もメリットです。ガスを使わないため安全性も高いです。エコキュートの費用相場は20万円から35万円程度です。

エコキュートの費用相場20万円から35万円

エコワン

エコワンはリンナイによって開発された新しい給湯器です。エコジョーズやエコキュートよりも省エネ性が高いのが特徴です。電気とガスを組み合わせて動く仕組みを採用していてこれまでにない新しい給湯器として注目されました。給湯機能だけではなく暖房機能も搭載されています。エコワンの費用相場は40万円から50万円です。

エコワンの費用相場40万円から50万円

エネファーム

エネファームは都市ガスなどから水素を取り出して、それを空気中の酸素と反応させて電気をつくりだし、それによって生じた熱を活用する給湯器です。エネルギーの有効活用ができて省エネ性が高いです。エネファームで得られた電気はテレビや照明などにも活用できて節電に貢献します。エネファームは給湯器というよりも発電システムであり、給湯機能も有したものと考えましょう。そのため、設置するための費用は100万~200万程度です。

エネファームの費用相場100万~200万円

給湯器のメーカーによる違い

給湯器を販売しているメーカーは複数あります。それぞれどういった違いがあるのか紹介しましょう。

メーカーごとに性能差や費用の差はあまりない

給湯器を交換するときには、どのメーカーのものがよいのか悩んでしまう人が多いです。しかし、実は給湯器のメーカーには本質的にそれほど違いがありません。基本的にどのメーカーの商品も高品質であり、耐用年数や故障のリスクなどにおいて違いがないのです。そのため、あまりメーカー選びに神経質になる必要はありません。たとえば、現在設置されている給湯器のメーカーを調べて、それと同じメーカーのものに交換するのが一番楽な方法です。

リンナイとノーリツが全体の80%のシェアを持っている

給湯器には4大メーカーがあります。それぞれリンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパスです。このうちリンナイとノーリツが全体の80%ほどのシェアを持っています。したがって、日本の一般家庭で使用されている給湯器のメーカーは、ほとんどがリンナイとノーリツのものであるといっても過言ではありません。この2つが日本の給湯器の最大手メーカーであり、信頼されています。特にメーカーにこだわりがないのであれば、リンナイとノーリツのどちらかを選んでおくと間違いないでしょう。

リンナイの特徴

リンナイは給湯器の国内最大手メーカーです。省エネ機能に優れた給湯器をいくつも開発しています。故障が少ないのも特徴であり、安心して利用できる給湯器を多く出しています。

リンナイはコスト削減を重視しているのが特徴です。機能面に大きく影響しない部品はコストカットしていて、品質を保ちながらコストパフォーマンスを高めることに成功しています。

リンナイ独自の機能として「ゆらぎのシャワー」があります。こちらは「1/fのゆらぎ」を取り入れたものです。適温と低温のゆらぎのあるシャワーを出すことでリラックス効果が生まれます。

ノーリツの特徴

ノーリツはリンナイと並んで国内最大手の給湯器メーカーです。しっかりと給湯器の内部まで塗装されているのが特徴です。そのため、錆びにくくて長持ちしやすい給湯器を出しています。メンテナンスのしやすさを重視していて、故障したとしてもすぐに修理することができます。エコ・ファースト制度の認定を受けたメーカーであり、国から環境に配慮したメーカーであるとお墨付きをもらっています。省エネ性に優れた給湯器をいくつも出しているのです。

給湯器交換の費用を抑えるポイント

これから給湯器交換をするときの費用を抑えるためのポイントを紹介します。

業者ごとに給湯器の割引価格は異なる

実は給湯器の本体の費用は業者が割引してくれることがほとんどです。ただし、業者によって給湯器の割引率は大きく違います。業者のなかには半額にまで割引してくれるところも多いです。そのため、業者が給湯器をどれくらい割引してくれるのか注目しましょう。

業者ごとに工事費用は異なる

同じ内容の工事であっても業者によって工事にかかる費用は変わります。これは人件費や技術力などによって費用が変わってくるからです。

見積りをもらい比較することが大切

業者によって給湯器本体の価格や人件費などが違います。そのため、これから給湯器交換を受ける際には見積りを必ずもらうようにしましょう。その内容を比較することで、どの業者がより安い費用で工事をしてくれるかわかります。

必要な機能だけが備わっている給湯器を選ぶと安い

給湯器は高いものを選べば最新機能が揃っていてメリットがたくさんあります。しかし、すべての機能が必要とされているわけではありません。せっかく高い給湯器を買っても、ほとんどの機能を使わずにいるというケースもよくあります。そのため、これから給湯器を選ぶときには本当に必要な機能だけが搭載されている商品を選ぶとよいでしょう。無駄な機能が搭載されている給湯器を選んだとしても、高いお金がかかるだけで無駄になってしまうことが多いです。

業者のキャンペーンを活用する

業者は工事費用や給湯器費用を安くするキャンペーンを開催することが多いです。キャンペーン期間中に工事を依頼することで安く工事を済ませることができます。業者を選ぶときには必ずキャンペーンに関する情報を調べておきましょう。業者のサイトやチラシをチェックすることでキャンペーンについて詳細な情報がわかります。キャンペーンは期間限定となっていることが多いため注意してください。

アフターサービスにも注目する

業者の費用に注目するときにはアフターサービスの有無にも気をつけましょう。たとえば、無料で定期点検や修理に対応してくれる業者があります。給湯器交換は将来のことも考慮して総合的に考えるべきです。アフターサービスの充実している業者に依頼すると将来発生する費用の節約につながります。工事費用が安くてもアフターサービスが劣っていると結果的に損をすることになります。どういったアフターサービスが用意されているかあらかじめ調べておきましょう。

まとめ

給湯器交換の費用を中心にまとめました。現在、給湯器はエコキュートやエコジョーズなどいろいろな種類が出ています。それぞれの特徴に注目して、業者の費用の違いも意識することで、後悔しない給湯器交換ができるでしょう。