玄関ドアの修理は高い?費用相場や工事の種類などを紹介!

玄関ドアに不具合が生じたときには修理しなければいけません。しかし、玄関ドアの修理をした経験のある人は少ないでしょう。そうなると、どのくらいの費用がかかるのか、失敗するのではないかと不安になります。

そこで、玄関ドアの修理について、費用相場や工事の種類、注意点などを解説しましょう。

玄関ドアの修理工事の種類と費用相場

玄関ドアの修理工事にはいろいろな種類があります。それぞれの工事の種類と費用相場について解説しましょう。

ドアノブの修理

ドアノブの動きが悪い、空回りするといった問題が起きたときには、ドアノブの修理をします。ドアノブにはバネが入っていて、その反発力によってドアノブを元の状態に戻します。しかし、経年劣化や強い負荷を受けて壊れることがあるのです。

ドアノブの修理費用は1万円前後かかります。ドアノブの種類や壊れた原因などで費用は変わるでしょう。

ドアの開閉調整

ドアが急激に閉まる、遅すぎるなどの問題は、ドアの開閉調整をすることで解決します。ドアクローザーの調整に問題が起きていて、開閉速度に異常が生じているのです。

ドアクローザーが壊れていなければ調整することができます。この場合の費用は1万円程度です。

ドアクローザーの交換

ドアクローザーそのものが壊れている場合は新しいものに交換しなければいけません。そのための費用は2万円から5万円程度です。ドアクローザーを新しく取り付けて調整するのは難しい作業であり、料金は高くなりやすいです。

蝶番の交換

ドアの蝶番に不具合が起きると、開閉しにくい、キーキーと音が鳴る、ドアが下がるといったトラブルが起きます。この場合は蝶番を交換することによって、問題を解決できます。

ドアの蝶番の交換にかかる費用は1万円から2万円程度です。

ドア交換

ドアを新しいものに交換する場合には、5万円ほどの費用がかかります。ただし、ドアのグレードによっては10万円以上するものもあるため注意しましょう。

また、今とは別のタイプのドアに交換する場合は、より大掛かりな工事となり、20万円以上の費用がかかります。

ドア枠の修理

ドア枠の損傷や膨張などで不具合が起きることがあります。この場合はドア枠の修理をしないと不便であり、酷い場合にはドアが外れることもあり危険です。

ドア枠の修理にかかる費用は3万円から5万円程度です。ただし、ドア枠の素材や損傷具合などにより費用は変わります。

ドアの再塗装

ドアの塗装が剥がれている、今の見た目に不満を感じているといったときには、ドアの再塗装をするとよいでしょう。再塗装には5万円から20万円程度の費用がかかります。

ドアの素材や塗装の状態、塗料の種類によって費用にはかなり幅があるため注意しましょう。

玄関ドアの修理費用に差が生じる理由

玄関ドアの修理費用に差が出てしまう理由について解説します。

素材の違い

玄関のドアにはさまざまな素材が用いられています。アルミやスチール、ステンレス、木材などです。どんな素材が使われているかによって、修理費用に差が出てしまいます。

交換する場合は、スチール製のドアが一番安いです。無垢材や天然木を使っている木製のドアは費用が高くなります。

素材によっては、修理や修繕などが困難なものもあり、この場合は難しい工事が必要となるため費用が高くなるのです。

メーカーの違い

ドアの部品を交換するときには、どんなメーカーのものが使われているかによって費用が変わります。同じような部品でもメーカーごとに価格が異なるからです。玄関ドアを交換するときにも、メーカーによって価格に大きな違いがあります。

グレードの違い

玄関ドアにはグレードによる違いがあります。基本的に高機能で高性能なドアほどグレードが高くて費用も高くなります。たとえば、断熱性能の高い玄関ドアは室内の温度変化を軽減して快適な住空間をつくるのに役立つのですが、そういうドアは価格が高めになるのです。グレードの低いものは安い価格で利用できるのですが、断熱性能などが落ちてしまいます。

業者による違い

同じ種類の工事を業者に依頼したとしても、業者ごとに費用が変わることは少なくありません。これは業者の技術力やスタッフの人件費、アフターフォローの充実さ、広告費などが影響するからです。自社施工をしているか、下請けに任せているかなども費用に影響します。気をつけないと相場よりかなり高い費用が請求されることもあります。

玄関ドアの修理費用の内訳

玄関ドアの修理費用にはさまざまな項目が含まれています。修理費用の内訳について紹介しましょう。

素材費

玄関ドアの本体や部品などにかかる費用のことを素材費といいます。素材費はグレードや素材の種類によって変わるものです。ドアの交換の場合は、工事費用に占める素材費の割合はかなり大きくなるでしょう。

施工費

現場で職人が実際に作業をする人件費のことを施工費といいます。施工費は実際に作業するスタッフの数や工事の難しさなどによって変わります。大掛かりな工事になるほど施工費も高くなるものです。また、施工費は業者によって差がつきやすいものです。見積りをもらって施工費が高いときには注意しましょう。

たとえば、難しい技術が必要となる工事では、技術力のある業者とそうでない業者で費用が変わってくるでしょう。下請けに工事を任せているような業者の場合も施工費は高くなりやすいです。

また、施工費があまり安すぎても問題があります。きちんとした技術力のない職人ばかりを集めている可能性が高いからです。

廃材処分費

どのような種類の工事であっても、必ず廃材が出てくるものです。たとえば、部品を交換する場合には、古くなった部品のことを廃材といいます。ドアを交換する場合は古いドアは丸ごと廃材として扱われるのです。この廃材は業者が責任を持って処分することになり、そのための費用が請求されます。廃材の量が多くなるほど廃材処分費も高くなります。ドアを撤去する場合は、1万円から2万円程度が相場です。

諸経費

工事の見積りをもらうと諸経費という項目が含まれています。諸経費というのは、見積りの中でも不明瞭なものであり、何が含まれているのか曖昧な場合が多いです。諸経費には交通費や保険料などが含まれています。工事費の10~15%ほどが諸経費として計上されていることが多いです。業者によって諸経費の幅はかなり異なっているため注意しましょう。

玄関ドアの修理費用を抑えるためのポイント

これから玄関ドアの修理費用を抑えるためにどうすればいいのかポイントを紹介します。

見積りを比較する

複数の業者に見積りをもらい、その内容を比較することは大切です。まったく同じ条件の工事を依頼しても、業者によって見積り価格に差があることがわかります。多くの業者から見積りをもらうとだいたいの相場が理解できます。基本的にどの業者も見積りを無料でしてくれて、キャンセル料も発生しないため、気軽に見積りを依頼しましょう。

見積りを比較することでどの業者が安く工事をしてくれるのか一目瞭然です。ただし、安さだけを業者選びの基準にすることはおすすめできません。業者の評判やアフターサービスの有無、実績なども考慮に入れて、総合的に判断することが大切です。

DIYはおすすめしない

玄関ドアの交換をDIYでやろうと思う人はあまりいないでしょう。しかし、ドアクローザーの調整や蝶番の交換などについては、簡単にできそうであり、DIYでやろうと思う人がいるかもしれません。

しかし、玄関ドアの構造は意外と複雑であり、修理をするのには高い技術が要求されます。失敗してしまうと、ドアがスムーズに開かなくなったり、異音がしたりすることがあるのです。DIYに失敗すると結局業者に依頼することになります。そのため、基本的には最初からドアの修理を業者に任せることをおすすめします。

保険を使えるか調べてみる

玄関ドアの修理をする際には自分が加入している保険が適用されないか調べてみましょう。たとえば、火災保険に加入していると玄関ドアの修理に対応できることがあるのです。

玄関ドアが壊れる原因として地震や台風などがあります。こういった自然災害によってドアが破損した場合は、火災保険の適用範囲内とされることがあります。

加入している火災保険の補償範囲について詳しく調べてみましょう。上手くいけば修理費用をすべて保険でまかなえることもあります。ただし、保険の適用を受けるためには保険会社に手続きをする必要があります。修理業者の中には保険会社との手続きをサポートしてくれるところもあるため、その点もチェックしてみましょう。

グレードを下げる

ドアや部品のグレードを下げることによって、費用を抑えることができます。グレードの高いものは断熱性能が高くて、長持ちするなど高機能なのですが、その分だけ素材費がかなり高くなります。そこそこの性能で満足できるのであれば、グレードを下げることによって、費用をかなり抑えられるでしょう。ドアについてあまりこだわりがないならば、無理にグレードの高いものを取り入れる必要はありません。

アフターサービスにも注目する

玄関ドアは修理してそれで終わりというわけではなく、定期的に点検を受けてメンテナンスに努めることが大切です。そのため、アフターサービスが充実している業者を利用するとメンテナンスを無料で受けることができて、長期的に考えるとお得になります。これから業者を選ぶときには、単に工事費用のみに注目するのではなく、アフターサービスの充実度も重視しましょう。たとえば、5年や10年という期間内で無償で修理や点検に対応してくれる業者があります。

まとめ

玄関ドアの修理の費用や工事の種類についてまとめました。修理工事の種類によって費用は変わります。業者や素材、グレード、メーカーなどによっても費用は変わってくるため、希望条件をよく検討して、しっかりと見積りをもらいましょう。玄関ドアを修理すれば、住まいの出入りが快適になります。