工務店と他の住宅会社の違いとは?優良な業者の探し方と選び方を解説

工務店は地域に根差した営業活動をする住宅会社です。地元を活動拠点にしているため迅速な対応と手厚いアフターフォローが期待できる特徴があります。

しかし、工務店とはいっても組織形態や採用している取り組みは異なり、品質にバラツキがあります。そこで住宅会社の選定に迷われる方に向けて、工務店の特徴や他会社との違い、優良な工務店の選び方をご紹介していきます。

工務店とはどんな住宅会社?

工務店のイメージ画像

一般的に工務店と呼ばれているのが地域密着型で活動している会社です。会社形態は様々あり、社長が職人で自ら作業する工務店や、フランチャイズ性をとっているところ、営業、設計、施工と部門を分けて従業員を抱える中堅の工務店などがあります。

  • 数名の従業員と社長自ら作業を行う町の工務店
  • フランチャイズ性をとる工務店
  • 営業、設計、施工の部門毎に従業員がいる中堅工務店

工務店の選ばれる理由

打ち合わせイメージ画像

工務店を選ぶ理由とはどんなところか気になるかと思います。以下に工務店の選ばれる理由をまとめましたのでご覧ください。

ハウスメーカーと比較して費用を抑えられる

ハウスメーカーと比べると人件費、広告費を抑えた経営をしているため、提供できる価格帯は抑えられます。技術力があり、メーカーや問屋とのつながりが厚い工務店なら同規模、類似する製品や構造を採用しても工務店の方が安くおさまるでしょう。

工務店の特徴を前面にだせる

工務店には独自の特徴を持っています。自然素材にこだわる工務店、天竜杉を使用し和風建築にこだわる、など特徴は様々です。依頼者の要望と工務店の強みが合致すれば特徴を前面に出すことができます。

工務店によっては設計の自由度が広い

工務店は決められた設計というのはありません。ハウスメーカーでは価格が高くて手が出せないという方でも、価格を抑えながら同じ設計で施工することも可能です。基本的に仕様というものを定めていない工務店が多く、求める性能や間取り、建材や住宅設備の自由度は高いです。

迅速な対応と手厚いアフターメンテナンスが期待できる

営業範囲を絞って活動しているため、地元での対応は非常に厚い特徴があります。実績を上げてきた場所だからこそ、営業する地元のお客様との関係性を大切にしているため、何か不具合が起きて応急処置が必要な時も迅速な対応が期待できるでしょう。また、何度も依頼している顧客は定期的に点検などアフターフォローなども親切に対応してくれます。

工務店を選ぶ際に注意するところ

注意のイメージ画像

工務店の優れているところを上記で挙げましたが、欠点もあります、工務店選びの際は以下のポイントを考慮して選びましょう。

品質は工務店によってバラつきがある

ハウスメーカーのように仕様が決められているわけでなく、自社工場の製品開発や施工のマニュアル化がされていないため、工務店によって品質にバラツキがあります。工務店の実力で品質が左右されるため、建築知識と技術力を持っている工務店が望ましいです。

フランチャイズ制は設計の自由度が狭い

フランチャイズ性は製品、施工などの仕様が定められており、規定どおりに施工しなければいけません。工務店が定めている仕様にそぐわない場合、設計変更をすることは難しいかもしれません。

たとえできたとしても価格が上がってしまう可能性があり、さらに慣れない工事を行うことになるため品質に不安が残ります。

活動エリアが限られる

工務店は地域密着という優れた面がありますが、その反面活動エリアを越える依頼は断っている傾向にあります。依頼を断る理由は自社から離れてしまうとお客様への対応が疎かになってしまうからです。どんなに魅力的な工務店でも活動エリアを越えてしまうと対応してくれないでしょう。

優良な工務店を見つけるのが難しい

欠点は優良な工務店を見つけるのが一番難しいことです。前述した工務店によって品質のバラつきがあるため、実力のある工務店であるか見極める必要があります。

しかし、建築は専門用語も多く、複雑な計算があるため、一般の方には中々判断しにくいところがあります。安心して依頼できる工務店を見つけるためにも、依頼者側で建築知識や情報を身に付けることが大切です。

工務店はどんな人におすすめ?

特徴のある家のイメージ画像

気に入っている仕様でもハウスメーカーでは高いと感じる方に工務店を利用するメリットがあります。また、地元の工務店だからこそ何かあったときにすぐに対応してくれるため、家の不具合への安心感が欲しいという方にも工務店はおすすめです。

地元で活動する工務店は長期的な付き合いができ、工務店に担当者がいる限り、長い間家の面倒を見てくれます。以下に工務店がおすすめの方のポイントを記します。

  • ハウスメーカーでは価格が高く同じ仕様で費用を抑えたいという方
  • 不具合が起きてもすぐに対応してくれる安心感が欲しい方
  • 長期的な付き合いをしたい方
  • 同じ担当者に家の点検などアフターフォローをしてもらいたい方

工務店以外の住宅会社の特徴

住宅会社選択のイメージ画像

住宅会社は工務店以外にもハウスメーカーや建築設計事務所、施工専門業者がいます。住宅会社を選ぶためにも各住宅会社の特徴を押さえておきましょう。

ハウスメーカー

ハウスメーカーは営業活動を全国展開する住宅会社です。自社で製品開発をし、ある程度の施工を工場内で行う安定した品質を提供します。

現場施工やアフターフォローなどもマニュアル化しているため、品質のバラツキも少ないのが特徴です。組織形態は設計、営業、施工と分けられ、新築部門とリフォーム部門で分類されているハウスメーカーもあります。

建築設計事務所

建築設計事務所は設計を主な業務としています。施工は工務店や施工店に依頼し、設計事務所が現場管理を行います。ハウスメーカーや工務店は木造、鉄骨造など構造が決められていますが、設計事務所には構造の制限がありません。

設計の制限はなく自由な設計ができるため空間づくりに特化し、依頼主の要望に合わせたサービスを受けることができます。

施工専門業者

施工専門業者はガス工事や電気工事など専門工事を業務としている住宅会社です。専門以外の工事については、外注に依頼して対応することになります。

専門工事に特化しているため、関連するメーカーとの関係性も深く、自社内施工で活動しています。専門工事なら施工を外注する工務店やハウスメーカー、建築設計事務所と比較すると費用は安い傾向にあります。

工務店と他会社の違いを比較

どっちがいいか比較のイメージ画像

各住宅会社の特徴がわかっても、結局のところ工務店の違いはどうなのか判断に迷われるかもしれません。ここでは各住宅会社と工務店の費用・施工・設計の違いを比較しましたのでお伝えしていきます。

費用の違い

工務店は人件費、広告費を考慮するとハウスメーカーよりも費用は安い傾向にあります。建築設計事務所の場合は予算に合わせる柔軟な対応なため、予算内に収まらないということは中々起きません。

ただし、使用する建材や住宅設備などは工務店の方が有利な場合もあるため、仕様を比較しての価格は工務店が優れていることもあります。設計事務所は設計費と施工費がはっきり分けられた内訳のため、設計費のみで見ると工務店の方が費用は安く感じるでしょう。

施工の違い

品質の安定性は規格化、マニュアル化されたハウスメーカーの方が軍配は上がります。工務店は「施工を外注に委託する場合」と「自社内の職人が施工する場合」とで分かれます。

自社内の職人が施工する場合は、外注でないため費用を抑えられることもあり、きっちりと社員教育をしているなら品質も期待できます。設計事務所は施工を外注に委託するため、工事を行う場所の施工店の質に左右されます。

設計の違い

「自社内に設計士がいる場合」と「外注に委託する場合」とがあります。最近の工務店は建築士が所属していることが多いです。設計に関してもそうですが、設計の質は工務店によって違います。

施工事例の閲覧や打ち合わせなどを積み重ねて実力を見極める必要があります。マニュアル化・規格化された専属の設計士がいるハウスメーカーの方が安定した設計が期待できるでしょう。

住宅会社別:費用・設計・施工比較表

比較表工務店ハウスメーカー設計事務所施工専門業者
費用ハウスメーカーよりは費用を抑えられる価格帯の基準がある

価格は高め
予算内に費用をおさめやすい専門工事は価格が安い
設計工務店によってバラツキがある

自社内設計か外注かに分けられる

自社内に設計士がいれば担当者となって完成まで携ってくれる
専属設計士による設計

設計士と営業が連携してプランを立てていく
自由度の高い設計

予算内に合わせた設計が可能

設計料だけ見ると高い
専門工事の設計のみ

他工事は外注
施工工務店によってバラツキがある

自社内施工か外注かに分けられる

工務店が現場管理を行う
工場内施工は安定した品質

現場施工は工務店などの外注

施工部門が現場管理を行う
工務店などに委託

設計事務所は現場管理として施工に携わる
専門工事のみ対応

専門工事の技術力は信頼がある

他工事は外注 

失敗しない優良な工務店の探し方と選び方

建設現場の画像

工務店は優れているところがたくさんありますが、優良な工務店を見つけるのが難しいという欠点もあります。そこで、失敗しないためにも優良な工務店の探し方と選び方をご紹介していきます。

業者選びの基本は相見積もりをとること

相見積もりとは複数の会社に見積もりをとって費用や工事内容などを比較することです。見積もりが一式工事と大雑把に書かれている工務店は注意が必要です。

見積もりは数量や単価、使用する材料とメーカーなど細かく記載されていることが大事です。見積もりはどんな工事をして、どれくらいの費用が掛かるか、根拠を示すものなので疑問を残さずに納得ができる内容であることを重視しましょう。

口コミを参考にしてみよう

工務店に依頼した人たちの感想を見るのも工務店の質を判断するポイントです。悪い印象、良い印象を見て、どんな対応をする工務店かチェックしましょう。すべての口コミが信用できるわけではありませんが、悪い評価ばかり受ける工務店はそれなりの理由があるはずです。

近所の方に工務店の評判を聞いてみる

地域密着型の工務店は近所で工事が行われていることもあり、知人が依頼していればどうだったか感想を聞いてみましょう。インターネットのように姿が見えない感想よりも知人からの感想は信頼性が高いです。依頼者は良い点だけでなく悪い点なども印象に残っているので、いろいろ参考になる情報を得られます。

営業エリアで工事が行われているかチェック

優良な工務店を見つけたいときは近所を歩いて工事現場を観察してみるといいでしょう。頻繁に工事をしている工務店は依頼件数も多く実績の多い工務店です。

工事現場を見つけたら、どの工務店が行っているかチェックすることがポイントです。また、現場がきれいかも判断するポイント。現場が汚いと自分が依頼した時も同じような対応を受ける可能性が高いです。

実績が豊富である工務店を選ぶ

実績は品質につながります。創業年数が短い場合を除いて、ある程度の年数を営業してきた工務店で実績が少ないというのは不安材料です。

実績が少ないということは依頼数が少ないことであり、少なくとも評判が良いとは判断できません。評判が良ければ依頼数も増えるため、実績が少ないということは品質があまり期待できないかもしれません。

施工事例は優良な工務店を見つける方法の一つ

実績を確認するには工務店のホームページや会社紹介サイトでの施工事例をチェックするといいでしょう。実績が豊富な工務店は施工事例も多く掲載しています。また、前述した活動地域の工事現場をチェックするのもおすすめです。実績が多いと頻繁に同じ工務店の工事現場を見つけることができるでしょう。

魅力的で優良な工務店を見つけよう

建築現場のイメージ画像

工務店は独自の強みを持ち、魅力的なサービスを受けることができます。長く住んでいく場所だからこそ、家のことを任せられるところがすぐにあるというのは安心感が違います。工務店を選ぶ際は、実力と実績が伴ったところを見つけることがポイントですので、よく調べてから選びましょう。