壁面収納リフォームってどんなの?費用や方法、注意点を解説

家の収納スペースが不足していると荷物の置き場所がなくなってしまい困ります。そんなときには壁面収納リフォームという選択肢が出てきます。しかし、壁面収納リフォームにはどのくらいの費用がかかり、どんな方法があるのか知らないと工事を依頼するのが不安になりますよね。そこで、壁面収納リフォームについて、費用や方法、注意点をまとめました。

壁面収納リフォームの種類

壁面収納リフォームには一体どのような種類があるのか説明します。

オーダーメイド

完全オーダーメイドで壁面収納リフォームを頼むというパターンがあります。この方法では、こちらの希望をすべて伝えて、すべて一から手作りで収納スペースを作ってもらうことが可能です。収納棚や扉などを設計して特注でつくります。受注生産となり、費用が高くて、期間も長くかかってしまうのが特徴です。その分、自分たちの希望をすべて満たした壁面収納を実現することができ、満足できる可能性が高いです。

また、セミオーダータイプのプランが用意されていることもあります。この場合はデザインやサイズ、カラーなどがいくつか用意されていて、それらを組み合わせてプランを決めるというものです。

既製品を組み合わせる

壁面収納はさまざまなメーカーから製品が出ています。それらの既製品を組み合わせて工事をするというパターンがあるのです。既製品の組み合わせは工期を短くすることができて、費用も比較的安いのが特徴です。いろいろなメーカーから多様な製品が出ているため、それらの組み合わせでも十分満足できるケースは多いです。

ハウスメーカーのオリジナル製品

ハウスメーカーの中には壁面収納についてオリジナルの製品を用意しているところがあります。たとえば、家を建ててくれたハウスメーカーに相談をすれば、オリジナルの壁面収納の製品を提案してくれるケースがあるのです。家を建てたハウスメーカーの製品であれば、簡単に収納を設置できることが多いです。

壁面収納リフォームの事例

壁面収納リフォームにはさまざまなケースが存在します。具体的にどういった事例があるのか紹介しましょう。

リビングの壁面収納

リビングに物がたくさん置かれると狭くなり快適さが失われてしまうため、壁面収納を設置するケースは多いです。リビングに壁面収納があると、日常で使うものをすべて壁面収納にしまっておくことができ、部屋を広く使えます。また、いつでも必要なときに壁面収納から取り出せるため便利です。

たとえば、テレビやDVDプレーヤー、ゲーム機といったものを壁面収納に設置するというケースもあります。あるいは、小物や雑貨などを収納することもできます。

キッチンの壁面収納

キッチンの壁面収納は、食器や鍋、調理器具、炊飯器などを収納することができて便利です。キッチンに物が溢れていて狭さを感じている人は多いため、需要が高いリフォームといえます。特に対面キッチンの場合は壁面のスペースが空いているため、壁面収納のリフォームがしやすいです。

ベッドルームの壁面収納

ベッドルームに壁面収納を設置すると、テレビや本、衣類や寝具などを収納するための空間として活用できます。ベッドルームに物が溢れているとリラックスして眠ることができません。壁面収納があれば、部屋が片付いた状態となり、良質な睡眠を取れるようになります。

玄関の壁面収納

玄関にあまり収納スペースがなくて困っている人は多く、そういう家庭では壁面収納を玄関に設置することで大きなメリットがあります。たとえば、家族が多くて靴の数がたくさんある場合も、しっかりと収納できるようになります。他にもゴルフバッグやベビーカーといった大きなものも玄関に収納しておけるため便利です。

廊下の壁面収納

廊下をただの通路として活用するのはもったいないことです。廊下の壁にはデッドスペースがたくさんあるため、そこを壁面収納として活用できるようになると、大容量の収納スペースを生み出すことができます。部屋の収納スペースだけでは収納しきれないものを、廊下に収納できるようになります。特に階段下のスペースは何も使われていないことが多く、そこに棚やウォークインクローゼットなどを設置することは可能です。

壁面収納リフォームの費用について

壁面収納リフォームにかかる費用はさまざまな条件によって異なります。それぞれのパターンについて、壁面収納リフォームの工事費用の目安を紹介しましょう。

オーダーメイドならば20万~100万円以上

壁面収納で設置する家具をオーダーメイドで用意する場合は、20万円から100万円程度の費用がかかります。設置するスペースが大きいほど、用意する家具も大型になり費用が高くなります。オーダーメイドの場合は細かい部分をこだわることができて、さまざまな注文をつけることができるのですが、その分費用は高くなりやすいです。設計から依頼することになり、さまざまな費用が加わるため、100万円以上かかってしまうことも珍しくありません。

既製品の組み合わせならば20万~50万円程度

既製品の壁面収納家具を組み合わせてリフォームする場合は、20万円から50万円程度かかります。オーダーメイドとは異なり大量生産された家具を用いることになり、設計費などもかからないため、オーダーメイドよりも安くなります。それでも、既製品の中には安いものから高いものまであるため、既製品を用いたリフォームにかかる費用には差があります。

グレードや機能性が上がれば高くなる

壁面収納の製品にはグレードの違いがあります。グレードが上のものほど当然価格が高くなっていきます。また、機能性が上がるほど価格も上がります。その点を踏まえたうえで壁面収納の製品を選ぶとよいでしょう。

業者によっても大きく異なる

壁面収納のリフォームをどの業者に頼むかによって、最終的な費用は大きく変わってきます。同じような工事を依頼したとしても、業者ごとに施工の技術やノウハウ、自社施工しているかどうかなどに違いがあるからです。

壁面収納リフォームを成功させるポイント

これから壁面収納のリフォームを成功させるためのポイントについて説明します。

DIYは避ける

業者に頼むと費用が高いから自分で壁面収納を設置したいと考える人がいます。いわゆるDIYで壁面収納を設置することは不可能ではありません。しかし、自分で工事をするのにはいろいろなリスクがあるため注意しましょう。

DIYで工事をして上手くいかないと取り返しのつかないことになる場合があります。たとえば、壁を壊してしまいもとに戻すのにかなりの費用がかかるというケースもあるのです。

業者に頼む場合は高い技術とノウハウのある職人に任せることができて安心です。また、保証をしてくれるため、万が一工事に失敗した場合にはその責任を取ってもらうこともできます。

相見積りをする

壁面収納を請け負ってくれる業者はたくさんあります。そこで、複数の業者に見積りを出して、その内容を比較することが大切です。そうすれば、どの業者がより安い費用で工事をしてくれるのか調べることができます。業者の中には相場よりかなり高い見積りを提示するところもあるため注意しましょう。事前に複数の業者から見積りをもらっておけば、相場に近い価格を提示する業者を見つけ出すことができて安心です。

高さに注意する

壁面収納を設置するときには高さに注意する必要があります。高さが低いと収納したいものが入らなくなるかもしれません。逆に高すぎると上の方の棚に手が届かなくなることがあります。事前にどのくらいの高さの収納を設置すると便利に使えるのか考えておきましょう。高さを調整できる機能をつけることもできます。

容量に気をつける

壁面収納はどのくらいの容量を確保できるのか確認しておくことが大切です。必要な容量を確保することができないと不便になります。どんな荷物を壁面収納の中に入れたいのか事前に考えておいて、それらをすべて納めることができる容量を確保しましょう。余裕を持ったスペースを確保しておくことをおすすめします。

奥行きに注目する

壁面収納は高さや横幅だけではなく奥行きにも注意することが大切です。大きなものを収納したいときには、奥行きをきちんと確保することができないとドアを閉めることができません。

出し入れの快適さにこだわる

壁面収納を利用するときには、中に入れたものをスムーズに出し入れできることが大切です。そのため、出し入れの快適さにもこだわったリフォームをするとよいでしょう。収納のドアにはさまざまなパターンがあります。引き戸や開き戸などいろいろな種類のドアを選ぶことができるため、それぞれの設置環境などを考慮して最適なものを選択しましょう。

通気性に注意する

壁面収納の内部の通気性に気をつけましょう。通気性を確保していないと内部に湿気がたまりやすくなります。そのせいで害虫が発生したり、中に保管していたものが駄目になったりすることがあるのです。それでは収納スペースとして不都合が生じるため、通気性も考慮したプランを考えてもらいましょう。

既製品は実物を確認しておく

既製品の壁面収納を利用する場合は事前に実物を見ておくことをおすすめします。カタログをチェックしただけでは、イメージしにくいからです。実際に施工してみたときにイメージしていたものと違ったからといって、簡単に取り替えるわけにはいきません。そのため、施工を始めるまえに実物をチェックして、それが理想通りのものかどうか確認するべきです。もし、イメージと異なる場合には、別の製品も見せてもらい、よく検討しましょう。

まとめ

壁面収納のリフォームについてまとめました。工事の種類によって費用は異なってきます。オーダーメイドで依頼するか、既製品を組み合わせるかなどさまざまなパターンが存在するのです。相見積りをもらう、高さや奥行きに気をつけるなどポイントを意識して壁面収納のリフォームに取り組みましょう。