リビングドアを交換する費用相場と失敗しない業者選びのポイント

「ドアの建て付けが悪くなってきた」「できるだけ安く交換したい」など、リビングドアのリフォームで悩んでいるのではないでしょうか。しかし、ドアだけのリフォームは情報が少ないので、どれくらいの費用がかかるのか分かりづらいですよね。

当記事ではリビングドアの交換費用の相場や、失敗しない業者選びのポイントを紹介します。ドア本体の選び方も紹介していくので、最後まで読んで参考にしてみてください!

リビングのドアを交換する費用の相場

まずは、リビングドアを交換するときの費用相場を見ていきましょう。基本的にはリフォーム業者に依頼する人が多いですが、実はDIYでも交換可能です。

DIYに慣れている人なら、自分で交換することで費用を安くできる場合があります。しかし、手間や時間を考えるとリフォーム業者に頼んだ方がコスパがいいかもしれません。

リフォーム業者に依頼する場合の費用とDIYで交換する費用を比較して、どちらにするか検討しましょう。また、低予算でリビングドアをキレイにする方法も紹介していくので、それぞれ参考にしてみてください。

リフォーム業者に依頼する場合の費用

リビングのドア交換をリフォーム業者に依頼する場合、費用は6万円~30万円くらいが相場です。ドア本体の費用は、一般的な片開きのドアで2万円~、両開きのドアで3万円~と、比較的安く購入できます。

ドア本体の購入費用に加えて工事費用が3万円~5万円、既存ドアの撤去費用1~2万円ほど加算。枠はそのままで、ドアだけ交換するのであれば比較的安く交換できる場合が多いです。

しかし、ドア枠ごと交換する場合は10万円~、開閉方向の異なるドアを設置する場合は20万円~など、場合によっては高額になるケースもあります。デザインや機能性が高いドアを選ぶと、ドア本体だけで5~20万円かかってしまう場がもあるので、ライフスタイルに合わせてしっかり検討しましょう。

DIYでドアを交換する費用

自宅のドア枠にピッタリはまるサイズのドアが見つかれば、蝶番を取り外すことで簡単に交換できます。ドア本体の価格はグレードによって異なり、シンプルなドアなら1~2万円台で購入できる場合が多いです。

スタンダードタイプなら3~4万円台、ハイグレードタイプなら5万円~で、ドアのグレードによって価格に 大きく 開きがあります。DIY作業に慣れていて、ドア枠のサイズとぴったり合うものがあれば、工事費用を抑えられるでしょう。

そこに撤去費用が発生しますが、自宅の室内ドアなら地方自治体の粗大ごみで回収してもらえる場合が多いです。回収費用は地方自治体によって異なるので、お住いの地域の役所や、粗大ごみの受付に電話で確認してみてください。

ただ、ドアは意外と重さがあるので、力の弱い女性が1人で交換作業をするのは大変かもしれません。ドア枠ごと交換したい場合も、DIYレベルでは難しいので業者に依頼することをおすすめします。

低予算でリビングドアを新しくする方法

「予算がないけどドアをキレイにしたい」「DIYは自信がない……」そんなときは、ドアを交換するのではなく面材の張り替えがおすすめ。建て付けの問題には対応できませんが、汚れや古さが気になる場合には面材を張り替えるだけでキレイになります。

既存のドアに塩化ビニル系の内装材を張り付けるだけでいいので、比較的簡単です。内装材は3Mのダイノックシートやサンゲツのリアテックがあり、価格は3万円程度に収まります。

張り替えに使う道具はカッターやハサミ、ドアやドアノブを外すときに使用するドライバーなどで、100均で揃えられるものでOK。「ドアシート」で調べるとおしゃれなデザインで安価な素材が多くあり、通販サイトやホームセンターなどで手軽に購入できます。

失敗しない!ドア交換業者の選び方

内装業者の中には、雑な作業で高額な費用を請求する悪徳な業者が存在します。中には代金を先払いしたのに、いつまでも施工してくれないまま連絡が取れなくなってしまうことも。

悪徳な業者を選ばないように、慎重に業者を選ぶことが大切です。では、失敗しない業者の選び方を見ていきましょう。

複数社の見積もりを比較検討する

リフォーム業者や工務店を、少なくとも4社以上ピックアップして、すべてから見積もりを取りましょう。各項目が適正な価格なのか比較検討することで、いい加減な見積もりを見抜けるようになります。

現地調査や見積もり段階で誠実に対応してくれる業者は、信頼できる可能性が高いです。 施工費用や撤去費用までしっかり見積もりに書かれているか、きちんと確認しましょう。

見積もりの項目は「リフォーム一式〇〇円」という形で記載されている場合、後から追加料金を請求されて結果的に高額になる場合があります。項目の意味が分からなかったら業者に問い合わせて、対応の良さも確認しておくと安心です。

ドア交換の実績が多い業者を選ぶ

内装業者の中でも、室内ドア交換の実績が多い業者を選ぶと安心して工事を任せられます。枠や室内の状況を見ながら適切なドア選びを手伝ってもらえますし、建て付けも確実です。

慣れていない職人による工事だと建て付けが甘く、早く老朽化してしまう場合があります。また、ドアの搬入時に床や壁紙に傷をつけてしまう場合もあるので要注意。複数の業者選びで迷ったら、できるだけ多くの実績を掲げている業者を選びましょう

地元で信頼される工務店に依頼する

地元密着型の、信頼されている工務店なら安心です。広く広告を打たず、口コミや信頼だけで運営しているような工務店なら、親切に対応してもらえます。

宣伝広告費や人件費、交通費を削減できるので、費用も安く済む可能性が高いです。引っ越してきたばかりだったり、地元の工務店を知らない場合は、地元のタウンページで工務店の欄から探してみてください。

地域に長く住んでいる人と知り合いなら、おすすめの工務店を紹介してもらうのもアリ。紹介ならお互いに安心して契約できるので、割引してもらえる場合もあります。

アフターサービスがあると安心

ドアの工事は、交換して終了というわけではありません。交換してすぐのときはスムーズに開け閉めできても、しばらく使ってみると不具合が発生する場合があるのです。

もしもの時のために、無料のアフターサービスがついている業者を選ぶと安心。職人も、できるだけアフターサービスを利用されないようにしっかり施工してくれます。

枠に当たってうまく閉まらなかったり、床を擦って傷つけてしまったら最悪です。何かあったときにすぐ対応してくれる、誠実な業者を選ぶようにしてください。

リビングドアを選ぶときのポイント

リビングのドアを変えるだけで、部屋の雰囲気が一新します。しかし、ドアのデザインだけで選んでしまうと、部屋から浮いてしまう場合もあるので要注意。

では、リビングドアを選ぶときに考えたいポイントを解説します。リビングにぴったりなドアに交換して、もっと素敵なマイホームにグレードアップしましょう。

床の色と合うものを選ぶ

リビングドアの色は、フローリングの色と合わせると自然になじみます。白系の床なら白系のドア、ダークブラウン系の床にはダークブラウン系のドアがおすすめです。

ナチュラルブラウン系の床なら、同系色の他に白系のドアも相性が良い組み合わせ。壁紙は白で統一されている場合が多いので、白系の壁紙ともよくなじみ、清潔感のある部屋に仕上がります。

また、取っ手の色にもこだわりましょう。シルバーなら軽やかに、ゴールドならラグジュアリーに。木目調の取っ手ならナチュラル感が増し、温かみのある雰囲気になります。

扉の重さや開け閉めの静かさをチェック

ドアの開け閉めの音は、できるだけ静かな方がいいですよね。マンションなどの集合住宅では特に、ドアの開閉音がトラブルの原因にもなるので、静かに閉まるドアを選びましょう。

開閉音は開き戸の方が静かなので、引き戸で音が気になるなら開き戸にリフォームしてしまうのも選択肢の1つです。開閉音が大きいとストレスがたまるので、せっかく交換するなら少し高くても開閉音が静かなドアをおすすめします。

クオリティ重視ならオーダーメイド

リビングのドアをとことんこだわりたいなら、オーダーメイドがおすすめ。既製品を購入するよりも費用は掛かりますが、自分にとって最高のドアが手に入ります。

アンティークな雰囲気やステンドグラスつきのドアなど、自由にデザインできるので、予算があるならオーダーメイドの室内ドアにチャレンジしてみてください。汚れが付きにいドアや、メンテナンスが簡単なドアなど、さまざまな要求に答えてもらえます。

雰囲気を変えるなら枠ごと交換する

枠のサイズと合えばドアだけの交換が可能ですが、やはり枠は残っているので雰囲気を変えるのは難しいです。色や素材が枠とドアで異なると、浮いた雰囲気になってしまう場合もあります。

雰囲気を完全に変えたいなら、枠ごと交換するのがおすすめです。DIYでは難しく、リフォーム業者に依頼して大掛かりな工事になりますが、リビングの雰囲気を一新できます。

採光や換気のあるドアで快適さをプラス

外窓が少ないマンションなら、採光ドアで光を効率よく取り入れるのがおすすめです。ガラスの範囲が多いドアだと、部屋が広く見える効果もあります。

また、湿気がたまりやすいリビングなら通気性の良いドアを選ぶと快適。ドア下の小さな換気口がついているだけでも、風通しが良くなるのでおすすめです。

クローゼットなどによく使われるルーバータイプも、リビングドアに取り入れられています。リビングは家族で団らんする空間なので、デザイン性だけでなく快適さも視野に入れて選びましょう。

リビングドア交換まとめ

リビングのドアは、大体6万円~30万円くらいで交換できます。ドア枠とサイズが合うドアを見つければ蝶番を取り外すだけで交換できるので、自分で交換することも可能。低予算で雰囲気を変えたいなら、面材やドアシートの張り替えがおすすめです。

業者にドア交換を依頼する場合は、リフォーム業者や工務店から複数の見積もりを取って、しっかり比較しながら検討しましょう。地元で信頼されている工務店や、アフターサービスが充実している業者を選べば安心です。

リビングの雰囲気を変えたいなら、ドア選びも大切。ドア本体のデザインがよくても、床や壁紙の色と合わなかったら浮いてしまいます。リビング全体とのコーディネートや快適さも考慮しながら、最適なドアに交換しましょう。