L型キッチンへリフォームするときの費用は?特徴やメリットも徹底解説

L型のキッチンは、収納場所が広々と取れるため、料理が好きな方に人気が高いキッチンです。今回はそんなL型キッチンのリフォームに発生する費用や、L型キッチンのメリットとデメリットを解説していきます。

L型キッチンにリフォームしたいと思っている方や、L型キッチンの使い心地が知りたい方はぜひご覧ください。

L型キッチンリフォームの特徴

L型キッチンは作業スペースが左右にあるので、見た目が良いだけでなく、家事を効率的にしやすい形状となっています。

ですが、L型キッチンはI型キッチンと比べると場所を取るため、現在のリビングでも収まるのか、使い勝手がどうなるのか判断しにくいと思います。

そこでまずはL型キッチンの特徴について解説していきます。

L型キッチンリフォームの使い勝手

L型キッチンはL字型のキッチンですが、L字という形状は料理を効率よく作れる形です。

キッチンには「シンク」「コンロ」「カウンター」の3つがあり、メーカーごとに様々な位置に配置されています。
この3つをどの位置に配置するかで、料理の効率は大幅に変わってきます。

L型キッチンの中央に立った場合、作業スペースは自分の左右に来ます。
なので中央から移動する距離は短く、無駄な動きが減ります。
動く距離が減るだけでなく、使い終わった器具を移動させることも簡単なので、常にキッチンをきれいな状態で保ちやすくなります。

L型キッチンの収納について

L型キッチンはスペースをたくさん必要にしているので、収納家具を置くスペースは確保しにくくなっています。

なのでL型キッチンへのリフォームを検討している場合は、キッチン自体の収納力が大切です。

L型キッチンは左右に収納スペースがありますが、コーナー部分には手を伸ばしくいです。なので、L型キッチンのデッドスペースとなりがちな、中央のコーナー部分で工夫をしましょう。

中央のコーナー部分からキャスター付きのワゴンを取り出せるようにしたり、形の良い引き出しにして、サッと取り出せるような工夫が必要です。

L型キッチンのレイアウト3つ

L型キッチンには主に3つのレイアウトがあります。

それぞれのレイアウトごとに特徴が異なっているので、部屋の間取りや広さでどのレイアウトを利用できるのか把握しましょう。

壁付レイアウト

壁付レイアウトは、L型キッチンを全面壁付にしたレイアウトです。

L型キッチンを壁にくっつける必要があるので、壁の2面がキッチンになります。
なので、今まで使っていた冷蔵などの家具も変更しなければいけなくなることもあります。

対面式レイアウト

リビングの方向に向けて、キッチンを設置するレイアウトが対面式レイアウトです。
L型キッチンの左右どちらかを壁に接地させて、片方を部屋の中央に出すタイプのことはペニンシュラタイプとも言います。

ペニンシュラタイプにする場合は、キッチンの横幅はI型キッチンと変わりませんが、壁側にも作業スペースがあるので、I型キッチンと同じように考えてはいけません。
壁側に作業スペースが来るので、コンセントの位置などにも注意しましょう。

また、対面式レイアウトはリビングの方向に向けてキッチンを設置するため、油や水がリビングに跳ねやすくなりますが、L型キッチンではコンロやシンクを壁側に設置することで対応できます。

壁付+アイランドレイアウト

L型キッチンを壁付して、アイランドタイプのシンクなどを対面式に配置するレイアウトのことを壁付+アイランドレイアウトといいます。

L型キッチンとアイランドパーツを設置するため、スペースがかなり必要になります。

L型キッチンのメリット

ここからはL型キッチンのメリットを解説していきます。

作業効率が良いレイアウトにしやすい

L型キッチンの1番のメリットが、 作業効率の良いレイアウトにしやすいというものです。

シンクとコンロの位置を近くにできるので、水を入れた鍋の移動や使い終わった調理器具をシンクに入れる、という動作が素早く行えます。
動作が素早く終わるので、料理の時間も劇的に短くなります。

料理を複数人で楽しめる

L型キッチンは作業スペースが広くなっているので、複数人で料理が楽しめます。
コンロで料理を作る人、シンクでお肉や野菜を切る人など、作業分担もやりやすいです。

壁付・対面式の2パターンが選べる

L型キッチンはレイアウトが3つあると話ましたが、自分の好きなレイアウトにできるというのはありがたいですよね。

人によって料理に集中できる状況は異なりますが、L型キッチンであれば、壁付レイアウトにすると壁に向かって作業をできますし、対面式にすることで人と話ながらの作業がしやすくなります。

また、人と話しながら作業がしたいけれど、シンクやコンロは壁側に置きたいというような細かいニーズにも対応できます。

L型キッチンのデメリット

L型キッチンはメリットだけでなく、デメリットもあるので、リフォームをする前に把握しておきましょう。

I型キッチンから変更する場合は奥行きがいる

シンクやコンロが一直線になっているI型キッチンから、L型キッチンへのリフォームを検討している場合、奥行きに注意しましょう。

キッチンの壁側にスペースがある場合は問題ありませんが、I型キッチンの近くに窓などがある場合は、スペースを上手に使えないことがあります。

窓の位置によっては、窓の位置を変える工事が必要になる可能性もあるので、I型キッチンからL型キッチンへリフォームする場合は、リフォーム会社に調査してもらうことをおすすめします。

冷蔵庫の位置で悩むことが多い

L型キッチンは幅と奥行きが必要になりますが、冷蔵庫を置く場所も事前に考えておきましょう。
使いやすい位置に冷蔵庫を置けない場合は、せっかくL型キッチンにリフォームしたのに使いにくいこともあります。

冷蔵庫の位置は、シンクやコンロからの距離で考えると良いでしょう。

コーナー付近がデッドスペースになりやすい

L型キッチンの特徴でも簡単に話ましたが、中央のコーナー部分はデッドスペースになりやすくなっています。
無駄なスペースになることもありますし、収納したものを出しにくいという悩みも出やすいのです。

中央のコーナー部分をどのように使うか、何を収納しておくのか考えてリフォームしていくと良いでしょう。

L型キッチンリフォームの工事費用の相場

ここからはL型キッチンへリフォームするときの工事費用の相場をご紹介していきます。

まずL型キッチンの本体価格はおよそ100万円~170万円程度となります。
この本体価格にプラスして工事費用が発生していきます。

壁付プランの費用

壁側プランの工事費用は約30万円です。

L型キッチンの本体価格はおよそ100万円~170万円なので、平均約130万円だとすると、合計で160万円となります。

対面式プランの費用

対面式プランの工事費用は30万円~50万円程度です。

L型キッチンの本体価格と合わせると合計で170万円程度のケースが多いです。

L型キッチンとI型キッチンの違い

I型キッチンは、キッチンの形の中ではスタンダードな形をしていますが、L型キッチンはI型キッチンと比べてどこが違うのか見ていきましょう。

  • レイアウトを自由に決めやすい
  • 狭いスペースでも設置できる
  • L型キッチンよりも価格が安い

上記はI型キッチンの特徴です。スタンダードな形なので、使いやすい人が多いI型キッチンですが、L型キッチンとの1番の違いは作業スペースの広さでしょう。

L型キッチンは複数人で料理できるスペースがあるのに対し、I型キッチンは1人しかキッチンで作業できないことが多いです。
スペースがない場合はI型キッチンで工夫していくことになるでしょうが、スペースがある場合はL型キッチンの方が作業もしやすく、広々としているのでおすすめです。

L型キッチンの注意点

L型キッチンはメリットの多いキッチンタイプですが、注意して欲しい点もあります。

2枚のカウンターを接着する可能性がある

L型キッチンは、2つの調理カウンターをコーナー部分で接着することがあります。
調理カウンターの素材によって変わりますが、人造大理石の場合は接着するケースがほとんどです。

ただし、接着した跡は分かりにくくなるので、それほど心配しないでも大丈夫です。

キッチンまで搬入できない可能性がある

調理カウンターの素材をステンレス製にした場合、大きすぎてキッチンまで搬入できない可能性があります。
人造大理石の場合は接着するケースが多いのですが、反対にステンレス製の場合はL型の1枚になっているケースがほとんどです。

L型の1枚になっているため、サイズが大きく家の入口に入らなかったり、マンションのエレベーターに入り切らないということがあります。
なので、L型キッチンへのリフォームを検討している場合は、搬入できるのか事前に確認してもらう必要があります。

おわりに

今回はL型キッチンへのリフォーム費用やメリット、デメリットについて解説してきました。

L型キッチンは作業効率が良いキッチンなので、料理が好きな人におすすめのキッチンです。

L型キッチンを検討している場合は、事前にコンロやシンクなどの設置位置を考えて、コーナー部分のデッドスペースの活かし方を決めましょう。
そうすることで、よりL型キッチンは効率良く、使いやすいキッチンになりますよ。