ペニンシュラキッチンのリフォーム費用の相場やデメリット対策を徹底解説!

ペニンシュラキッチンは、おしゃれで実用的なことから人気が高いキッチンです。ですが、良い点ばかりではなく、デメリットが分かりやすいことも知られています。今回はペニンシュラキッチンのリフォーム費用や、ペニンシュラキッチンのデメリット対策をご紹介していきます。

ペニンシュラキッチンのリフォーム費用が知りたい方や、ペニンシュラキッチンのデメリットを知ってリフォームするか迷っている方はぜひご覧ください。

ペニンシュラキッチンとは

ペニンシュラキッチンとは、キッチンの左右片方が、壁に接した対面式キッチンのことを言います。
ペニンシュラは半島という意味があり、カウンター部分が半島みたいになっていることから名付けられました。

ペニンシュラキッチンは、カウンターの奥行きがあるため、カフェみたいな空間を作ったり、ダイニング型の収納を設けたり、デザインの幅が広いという特徴もあります。

ペニンシュラキッチンのメリット

まずはペニンシュラキッチンのメリットや特徴を知っていきましょう。

コミュニケーションが取りやすい

ペニンシュラキッチンは、キッチンにいるときでも、リビングにいる家族とコミュニケーションが取りやすくなっています。

子どもがまだ小さい場合や、親と一緒に暮らしている場合など、家族が見えた状態のほうが安心できるというときにありがたいです。

スペースを取らない

対面式レイアウトはペニンシュラキッチン以外にアイランドキッチンもあります。

アイランドキッチンと比べるとペニンシュラキッチンはスペースが小さくても良いというメリットがあります。
アイランドキッチンは、キッチンの両側に通路が必要ですが、ペニンシュラキッチンの場合は片側は壁にくっつけるので、スペースが狭くても設置できます。

キッチンのスペースをあまり取れないご家庭でも導入しやすいため人気も高くなっています。

配膳スペースの確保・手元が隠しやすい

対面式レイアウトは手元が見えやすいというデメリットがありますが、ペニンシュラキッチンの場合は工夫次第で手元が隠しやすくなっています。

ペニンシュラキッチンの正面にカウンターを設置するだけで、配膳もしやすくなりますし、手元やキッチン周りの収納も隠せるので使い勝手も良いです。

より効果的にカウンターを使うためには、カウンターの高さが重要なのでリフォーム会社と相談しながら設置しましょう。

ペニンシュラキッチンのデメリット

メリットが多いペニンシュラキッチンですがデメリットもあるので、リフォーム前に把握しておきましょう。

油がリビング側に飛びやすい

ペニンシュラキッチンは、リビングが見やすい作りになっているため、油はねがリビング側に飛散してしまいます。

リビング側に油はねが飛散してしまうと、お掃除も大変になるでしょう。

匂いがリビング側に広がる

油はねがリビングに飛散しやすいのと同じような理由で、匂いもリビング側に広がってしまいます。

料理をしているときに発生する煙は油を含むことがあり、煙が広がることでリビング側の油汚れの原因になることもあります。

常に片付けておく必要がある

ペニンシュラキッチンはリビング側を見やすい作りになっていますが、同じ用にリビング側からもキッチンが見やすくなっています。

なので、キッチンの片付けを後回しにしたり、普段から片付けをしていないと急にお客さまが来たときに焦ってしまいます。

ペニンシュラキッチンのデメリットへの対策

ここからはペニンシュラキッチンのデメリットへの対策をご紹介していきます。

油はね対策に背の高いガラスパネルを設置する

油はねや、匂い、煙の対策に背の高いガラスパネルを設置することが有効です。

ガラスパネルの背が低いと、ガラスパネルを飛び越えて油はねが飛散したり、匂いや煙がリビング側に届いてしまいます。

ですが、ガラスパネルの背を高くすることで、油はねや匂い、煙がリビング側に届くことを減らしてくれます。
背が低いガラスパネルと比べると、背が高いガラスパネルは金額が高くなりますが、油汚れの掃除にかかる手間を考えると、背が高いガラスパネルの方がおすすめです。

また、レンジフードを大きいタイプにしたり、効果が高いものにすることもおすすめです。小さいレンジフードでも効果が高いものはあるので、事前に調べておきましょう。

腰壁や収納を作ると片付けやすい

キッチンをいつでもきれいな状態に保つために、腰壁や手元を隠す収納を設置することもおすすめです。

開放感は減ってしまいますが、デザインによってはよりおしゃれに見えますし、腰壁が高ければ油はねの対策にもなるので一石二鳥です。

耐久壁を設ける

耐久壁とはコンロの正面に設ける壁のことです。

コンロの正面に壁があることで、油はねや匂いの対策になります。

ペニンシュラキッチンの特徴である開放感は減ってしまいますが、コンロ周りだけは壁が欲しいという方は耐久壁を設置しても良いでしょう。

ペニンシュラキッチンのリフォーム価格の相場

ここからはペニンシュラキッチンへリフォームするときの工事費用の相場をご紹介していきます。

ペニンシュラキッチンへリフォームする場合は、まずペニンシュラキッチン本体を購入する必要があります。
ペニンシュラキッチンの本体価格はおよそ90万円~170万円となります。

また、施工費用はおよそ30万円~50万円程度となっています。

つまりペニンシュラキッチンへリフォームするときに発生する工事費用は120万円~220万円程度が相場となっています。

ペニンシュラキッチンを選ぶときのポイント

ペニンシュラキッチンへのリフォームを考えている場合、事前に設置するスペースや予算について考えておきましょう。

設置するスペースを測っておく

ペニンシュラキッチンに限らず、キッチンのリフォームを考える場合は、キッチンの大きさだけでなく、動線についても考えておきましょう。
キッチンの動線を考えて、作業に必要なスペースを事前に測っておくと良いです。

スペースを測るときのポイントとして、冷蔵庫や食器棚は近くに設置するようにしましょう。2~3歩程度の動線を確保できれば、動きやすくなります。。

予め予算を決めておく

ペニンシュラキッチンは他のキッチンと比べると工事費用が高くなりがちですが、オプションやリフォームを頼む会社でも工事費用は変わってきます。

オプションをすべて取り入れると工事費用は高くなってしまうので、予算を最初に決めて、必要なオプションを事前に明確にしておくと失敗しにくくなります。

コンセントの位置・数を決めておく

ペニンシュラキッチンにリフォームするときは、リフォーム業者にコンセントの位置を変更できるか確認しておきましょう。

コンセントの位置を変更できないときは、デザインや設置する位置を変更する必要があるため気をつけてください。

おわりに

今回はペニンシュラキッチンのリフォーム費用の相場や、デメリットへの対策などをご紹介してきました。

ペニンシュラキッチンは開放感があるキッチンで、家族がいつでも視界に入っているので安心して料理ができます。

家族とのコミュニケーションも取りやすいデザインになっていますし、小さなお子さんや親と同居している方におすすめのキッチンです。

ペニンシュラキッチンにリフォームを考えている場合は、予め予算を明確にしておくこと、油はねや匂いの対策をすることを忘れないようにしましょう。