キッチンのレンジフードの交換費用とカンタンな選び方を解説

キッチンのレンジフードは、長く使っていると、次第に汚れが溜まっていきます。気がついたときには油汚れが黒く変色していることも多いです。固まった汚れが原因で、レンジフードが壊れてしまうこともあります。

おそらく、本記事をお読みのあなたもレンジフードの汚れや故障で困っていることでしょう。新しく交換するための出費がわからず、不安も大きいかと思います。

本記事ではレンジフードの交換費用について具体的に解説していきます。レンジフードの選び方も解説しているので、参考にしてみてください。

レンジフードを交換するための費用

レンジフードを交換するための費用は、6万~10万円あたりが相場です。キッチンのリフォームとしては、手ごろな価格で施工できます。

ただし、レンジフードの配置を変えたいと思っている人は要注意。レンジフードの配置変えは、配線工事などの大がかりな作業が必要となります。キッチンの構造によっては相場を大きく上回る予算が必要です。

交換費用を安く済ませたい人は、レンジフードの配置を変更せずに交換してください。

レンジフードは主に3つの種類がある

レンジフードを交換するときは、主流となっている3つの種類を知っておく必要があります。タイプごとに特徴が違うため、自宅のキッチンにあったものを選ばなければなりません。

以下では、レンジフードの種類ごとに特徴を解説していきます。

ブーツ型

レンジフードで最も多く使われているのは、ブーツ型と呼ばれるタイプです。名前のとおり、フードがブーツの形をしています。シンプルな形状のため、キッチンの構造を選ばずに設置することが可能です。

肝心の性能は煙の吸引力が強い特徴があります。煙が多く出る揚げ物や、焼き魚を作っても部屋に臭いがこもらないので安心です。換気という点では最も高性能といえます。

施工費用も安いため、とくにこだわりがなければ、ブーツ型のレンジフードを選ぶといいでしょう。

フラット型

フラット型は薄平の箱型になっているレンジフードです。高さがないため、狭いキッチンでも設置しやすいメリットがあります。レンジフードでキッチン上部のスペースを邪魔されたくないときにもおすすめです。

ただし、フラット型は他の種類に比べてファンの音がうるさいデメリットがあります。夕食の準備が遅かったり、頻繁に夜食を作ったりする家庭には不向きです。立地によっては近隣住宅に迷惑がかかることもあります。

ファンが真下に向いているため、清掃するときに取り外しが難しいのも欠点。一般的なキッチンなら選ぶ必要はないといえます。

スリム型

スリム型はフラット型よりも、さらに薄くコンパクトなレンジフードです。洗練されたデザインの商品が多いため、キッチンの内装にこだわる人に好評。スマートなキッチンの実現に一役買ってくれます。

サイズが小さいため、手入れのしやすさも魅力です。内部のパーツをカンタンに分解できるため、こまめに洗浄することが可能。油汚れを残したくない人におすすめです。

ただし、吸引力は他の種類よりも大幅に劣ります。頻繁に料理をする人は臭いがこもる可能性があるので注意しましょう。

レンジフードを選ぶ基準

レンジフードは3つの種類を把握しただけでは、カンタンに選ぶことができません。付属の機能を比べて、自宅のキッチンにあっているか判断する必要があります。

以下では、レンジフードに備わっていると便利な機能を解説するので参考にしてみてください。

フィルターレス

スリム型のレンジフードにはフィルターレス機能がついていることがあります。フィルターレス機能とは、フィルターなしで油を吸着できる機能です。フィルターの代わりに、専用の受け皿に油汚れを貯め込みます。

受け皿はすぐに取り外せるようになっており、こまめに洗うことが可能です。面倒なフィルターの取り外し、洗浄をはぶくことができます。

なるべくラクに手入れを行いたい人は、フィルターレス機能がついた商品を選んでみてください。

自動クリーニング機能

家事の時短を行いたい人は、自動クリーニング機能がある商品を選んでみましょう。フラット型やスリム型には、自動クリーニング機能が備わっていることがあります。ボタンを押すだけでレンジフード内の洗浄フィルターが作動し、自動でファンを洗ってくれるのでおすすめです。

ただし、汚れが完全に落とせるわけではない点に注意。半年に1回程度は自分で分解して洗浄しなければいけません。定期的に洗浄フィルターの交換が必要な商品もあります。

あくまでも普段の手入れの回数を減らすための機能と考えてください。

コンロとの連動機能

レンジフードのなかには、コンロと連動しているタイプもあります。連動機能があれば、コンロを点火するだけで自動でレンジフードのファンも動きます。反対にコンロの火を止めればファンも止まる仕組みです。

たとえば、普段からファンのスイッチを消し忘れることが多い人は連動機能があるといいでしょう。余分な電力を使わずに済むため、ちょっとした節約になります。

コンロとの連動機能はレンジフードの種類に関わらず備わっていることが多いため、ぜひチェックしてみてください。

レンジフードを交換する目安

記事を読んでいる人のなかには、本当にレンジフードを交換するべきか迷っている人もいるでしょう。レンジフードは交換したほうがいい具体的な目安があります。

以下で解説する内容に当てはまる場合は、早急に交換してください。

設置から10年以上経過している

設置から10年以上経過しているレンジフードは交換必須です。一般的なレンジフードの耐用年数は8年~10年。耐用年数を過ぎると、いつ故障してもおかしくないので注意しましょう。

なかには故障するまで待つという人もいますが、油断は禁物。調理中に故障すれば、キッチンの換気がうまく行われません。油を含んだ空気が充満し、キッチンの内装が傷んでしまうので要注意です。部屋に火災報知器がついている場合は、煙によって機器が作動することもあります。

お使いのレンジフードが古い場合は、トラブルが起きる前に交換しておいたほうが無難です。

異臭や異音が発生している

レンジフードの内部から異臭や異音が発生している場合は必ず交換しましょう。すでに内部が故障している可能性があります。動作はしていても、十分な換気が行われていないことがほとんどです。

とくにフィルターやファンに油汚れがびっしり付着しているときは、臭いが逆流して部屋にこもることがあります。レンジフード周辺の壁紙が変色することもあるので、注意が必要です。

レンジフードが正常に作動していないときは、必ず交換を検討してください。

レンジフードの手入れ方法

レンジフードを交換した後は、普段の手入れが重要です。定期的に手入れをすることによって、レンジフードの状態を長くキレイに保つことができます。

以下では、レンジフードの手入れ方法を具体的に解説していきます。

ファンはつけ置き洗い

レンジフード内のファンは、定期的につけ置き洗いを行いましょう。基本的にファンはつけ置きでも問題ない素材で作られています。洗剤を入れた水につけておけば、油汚れもカンタンに落とすことが可能です。

具体的には、中性洗剤を入れたぬるま湯に30分~1時間ほどつけ置きしましょう。油汚れが水面に浮いてきたら、汚れが柔らかくなった合図。ブラシやスポンジで磨いて、汚れを完全に落としてください。

ファンは形状的に細かな箇所が多いので、汚れを残さないように丁寧に洗うことが重要です。

フィルターはお湯で洗う

油汚れが固まりやすいフィルターは、お湯で洗うのが基本です。お湯の熱によって、頑固な油汚れを融解させます。

まずは火傷しないギリギリの温度のお湯に、フィルターを1時間ほどつけておきましょう。油汚れが浮いてきたら、中性洗剤で磨いていきます。フィルターの目詰まりが解消されたら、洗浄完了です。

もし、中性洗剤でも汚れが落ちなければ、重曹を使ってください。重曹には研磨作用があるため、固まった汚れもそぎ落とすことができます。

完全に汚れが落ちたら、最後に水で洗い流し、乾燥するまで日陰に干しておきましょう。

整流板は中性洗剤で丁寧に磨く

整流板はつけ置きではなく、中性洗剤で磨きましょう。 整流板はレンジフードの表面を覆うパーツ。汚れが残っていると、見栄えが悪くなります。じっくり丁寧に汚れを落としてください。

磨くときは、なるべく柔らかいスポンジを使いましょう。硬いブラシだと表面に細かな傷がつく恐れがあります。スポンジで落とせない汚れがあるときは、油汚れに特化した強力洗剤を使うと効果的です。

汚れを落とした後は水で洗い流し、乾いたタオルでふいてください。自然乾燥だと、表面に水垢ができる可能性があります。くれぐれも水浸しのまま放置しないようにしましょう。

内部はスポンジで汚れを落とす

レンジフードの内部はスポンジで軽く磨きましょう。定期的に手入れをしていれば、内部の汚れはあまり多くありません。湿らせたスポンジで磨くだけで、カンタンにピカピカの状態になります。

もし、レンジフード内部に手が届かない場合は、持ち手のついたスポンジを使いましょう。台に乗って磨くよりも姿勢が安定するので、細かく磨くことができます。

レンジフード内部は薄暗くて汚れを見落とすことも多いので、しっかり目視して洗ってください。

レンジフードを交換して清潔なキッチンに

レンジフードの交換費用や種類について解説してきました。レンジフードはキッチンを換気する重要な設備。正常に作動していなければ、キッチンに悪臭が漂い不衛生な空間になります。

レンジフードに異変を感じている人は、ぜひ本記事を参考に新しいものに交換してみてください。レンジフードを新しくするだけで、キッチン内の空気が大きく変わることを実感できるはずです。