キッチンシンクを交換するときに知っておくべき2つのポイント

キッチンのシンクが破損してしまったり、シンクにだけ穴が開いてしまうということは良くあります。そんなときに疑問に思うことが、シンクだけ交換できるのか、キッチン全体を交換するべきなのかではないでしょうか。

実は、キッチンの種類によってはシンクだけ交換することも可能で、費用も抑えることが可能です。今回はキッチンシンクを交換するときの費用や、キッチンシンクの選び方を説明していくので、キッチンシンクの交換で悩んでいる人はご覧ください。

キッチンのシンクを交換するときの費用

まずはキッチンのシンクを交換するときの費用から見ていきましょう。シンクのみを交換する場合と、キッチン自体を交換する場合で、費用は変わってくるのでそれぞれご紹介していきます。

シンクのみを交換するときの費用

シンクのみの交換 発生する費用
シンク本体3万~5万円
工事費2万~3万円
合計5万~8万円

シンクのみを交換するときは、シンク本体の価格と業者の工事費が発生します。シンク本体は3万~5万円程度で購入できて、工事費は2万~3万円程度なので、5万~8万円程度で交換可能です。

ただし、シンクのサイズが大きくなったり、グレードが高くなるほどシンク本体の価格は高くなるので覚えておきましょう。

キッチン自体を交換するときの費用

キッチン自体を交換 発生する費用
キッチン本体25万~90万円
工事費25万~35万円
合計50万~125万円

キッチン自体を交換するときは、キッチン本体の価格と業者の工事費が発生します。キッチンのグレードやオプションによってキッチン価格は変わり、安いもので25万円程度、高いものだと90万円以上することもあります。

工事費もシンクのみの交換と比べて高額になり、25万~35万円程度が相場です。シンクのみの交換よりも発生する費用がかなり高額になってしまうことを覚えておきましょう。

シンクによってはキッチン毎交換する必要がある

シンクのみの交換だと費用は抑えられますが、そもそもシンクだけの交換が不可能な場合があります。シンクのみ交換が可能なキッチンは以下になります。

  • システムキッチン
  • オーバーシンク
  • シンクのサイズが一般的

上記の全てに当てはまっている場合は、シンクだけ交換することが可能です。上記に当てはまっていない場合は、キッチン自体を交換することになるので、自宅のキッチンはシンクだけ交換できるのか調べておきましょう。

素材ごとのキッチンのシンクの特徴

ここからは、現在発売されているキッチンシンクの特徴を素材別にご紹介していきます。自分に合ったキッチンシンクを選ぶことで使い心地が良くなるので、ぜひご覧ください。

ステンレス製

ステンレス製のキッチンシンクは、柔らかさがあるため、食器や調理器具を落としても割れにくくなっています。耐熱性、耐久性、耐摩耗性に優れるというメリットがあります。

反対にキズや汚れが目立ちやすいことがデメリットです。キズや汚れが気になるという人は人造大理石製のキッチンシンクを選んだほうが良いでしょう。

人造大理石製

人造大理石製のキッチンシンクは、大理石のような見た目をしているため高級感があり、大理石よりも安価なので、人気が高いキッチンシンクです。見た目も良いですし、天板からシンクに使えるため、つなぎ目がないキッチンになります。

つなぎ目がないため、隙間に汚れやホコリが溜まりにくく、お手入れも簡単です。人造大理石は、天然の大理石を、セメントや樹脂で固めて作られたものなので、大理石に非常に似た質感になります。

人工大理石製

人工大理石製のキッチンシンクは、カラーバリエーションが豊富で、おしゃれなキッチンをデザインできるため、人気が出てきているキッチンシンクです、大理石という名前ですが、仕上がりが大理石に近いだけで、原材料は樹脂が使われています。

比較的お手入れが簡単ですが、ステンレス製のキッチンシンクと比べると食器が割れやすいというデメリットがあります。デザイン面では人工大理石製のキッチンシンクのほうが優れているため、実用性とデザインのどちらを重視するかで選びましょう。

ホーロー製

ホーロー製のキッチンシンクは、海外ではメジャーですが、日本ではあまり浸透していません。ホーローは、鉄やアルミなどの金属を下地にして、その上からガラス製のうわ薬を焼き付けています。

なので、金属とガラスの特性を持っていて、水や湿気、熱の耐性があり、耐久性も優れていて掃除もしやすいキッチンシンクです。ホーロー製のキッチンシンク自体が取り扱いが少ないものの、使いやすいため使っている人も多くいます。

キッチンシンクを選ぶときの重要なポイント

キッチンシンクを選ぶときは、先ほどご紹介した素材に注目することも大切ですが、他にも重要なポイントがあります。重要なポイントを知っておくことで、キッチンシンクの使いやすさが変わってくるので見ていきましょう。

機能性

キッチンシンクは、ほとんど毎日使うものなので、機能性を重要視して選びましょう。

防汚性

防汚性に優れていると、汚れに強く清潔な状態を保ちやすいため、お手入れが簡単になります。できるだけ汚れにくい素材、汚れが簡単に落ちる素材のキッチンシンクを選ぶことで、毎日のストレスは軽減されます。

耐久性・耐熱性

耐久性や耐熱性が低いと、使うたびに傷つけないように注意しなければいけませんし、ひびが簡単に入ると、ひび部分からサビやカビが発生して劣化の原因にもなってしまいます。

すぐに劣化をすると、交換時期が早まってしまうので、家計的にも辛くなります。ストレスなく長く使うためにも、耐久性・耐熱性に優れたキッチンシンクを選びましょう。

デザイン性

キッチンシンクは、キッチンカウンターと一緒に使うものなので、キッチンカウンターとの相性を重視しましょう。天板(ワークトップ)がステンレス製の場合は、ステンレス製のキッチンシンクの方が良いですし、人造大理石の場合は人造大理石のキッチンシンクの方が良いです。

また、キッチンに立っていて楽しい気持ちになるために、カラーリングにもこだわりましょう。キッチン全体を好きな色で統一したい場合は、カラーバリエーションが豊富な人工大理石製のキッチンシンクがおすすめです。

ヨーロッパ風のキッチンにしたい場合は、ホーロー製のキッチンシンクを選び、スタイリッシュでクールなイメージにしたい場合はステンレス製がおすすめです。

このように素材によって、デザインの向き不向きがあるため、特徴を抑えた上でキッチンシンクを選んでいきましょう。

キッチンシンクを業者に頼んで交換するときの注意点

キッチンシンクを業者に依頼して交換することに決めたとしても、どこの業者を選べば良いのか分からないという人は多いでしょう。そこで、信頼できる業者の見極め方や業者に交換を依頼するときの注意点をまとめていきます。

予算に合わせて提案してくれる業者を選ぶ

キッチンシンクの交換は、シンク本体の価格によって大きく変わってきます。なので、見積もりを依頼する段階で、予算の上限を業者に伝えておきましょう。信頼できる業者であれば、予算に合わせて提案をしてくれます。

ただし、あまりにも予算の上限が低い場合は、見積もりの段階で断られることがあります。シンク本体価格は大体3万円程度ですが、3万円以内で交換して欲しいと言っても、断られることがほとんどです。

また、キッチンシンクの交換には、材料費や運搬費、人件費など様々なお金が発生してしまいます。あまりにも、キッチンシンク本体以外の価格が高いときは聞いたほうが良いですが、相場以内の価格であれば、しつこく聞かないほうが良いです。

アフターフォローがある業者を選ぶ

キッチンシンクを交換するときは、状況によって水道やガス工事が発生することがあります。なので、どれだけ慎重に作業を行ったとしても、失敗してしまうことがあるのです。

業者の失敗でキッチンシンクに不具合がある場合は、対応してもらえますが、悪質な業者の場合は修理を断ることがあります。断られた場合、他の業者に修理を依頼することになるので、追加で費用が発生してしまうのです。

悪質な業者を見極めるためにも、アフターフォローがある業者を事前に選んでおくことが大切です。また、アフターフォローがあると言っても、有料であったり、補償内容が決まっていることもあるため、事前にアフターフォローの対象を確認しておきましょう。

アフターフォローが無料で補償内容もしっかりしている業者は、工事に自信があるということなので、非常に信頼できます。

交換したキッチンシンクを長く使うコツ

交換したキッチンシンクは、できるだけ長く使いたいものです。なので、最後に交換したキッチンシンクを長く使うコツをまとめていきます。

こまめに掃除する

交換したキッチンシンクは、こまめに掃除することを忘れないようにしましょう。定期的な掃除も大切ですし、普段の掃除は洗い物をしつつ、スポンジでシンクを洗ってください。

また、シンクを洗った後に、乾拭きすることも忘れないようにしましょう。乾拭きをすることで、水垢を防ぐことができるため、より長く使えます。もしも乾拭きを忘れていて、水アカができた場合は、クエン酸などを使って早めに掃除しましょう。

見えない部分の掃除も忘れずに行う

キッチンシンクの表面部分だけでなく、排水口などの見えない場所も忘れずに掃除してください。排水口のゴミ受けや、排水カバーを取り出して、酸素系漂白剤につけ置きしましょう。

その後、歯ブラシや綿棒などを使って、ゴミ受けと排水カバーの細かい汚れを取ってください。最後に乾拭きをしてから、元の位置に戻してあげましょう。

このような、細かいお手入れを定期的に行うことで、キッチンシンクは長く使い続けられます。

まとめ

今回は、キッチンシンクを交換するときの費用や、キッチンシンクの選び方を解説してきました。キッチンシンクを交換する費用は、シンク本体によって差がありますが、5万~8万円程度でできます。

ただし、シンクだけの交換が不可能な場合は、50万~125万円程度の費用が発生するため、シンクだけで交換できるのか見ておきましょう。シンクだけの交換が可能な条件は以下になります。

  • システムキッチン
  • オーバーシンク
  • シンクのサイズが一般的

上記に当てはまる場合は、シンクだけ交換することが可能なので、自宅のキッチンシンクを確認してみてください。