システムキッチンのコンロ交換価格帯別に解説!

普段の生活では欠かせないシステムキッチン。長く使っていると、どうしてもコンロの不調を感じたり、汚れが蓄積したりします。

本記事を読んでいる人たちも、システムキッチンのコンロを新しくしたいと考えているでしょう。ただし、コンロは購入する機会があまりないもの。具体的な選び方がわからずに困っているはずです。

本記事では理想のシステムキッチンを実現するために、コンロの交換に必要な情報をお届けしていきます。価格相場や、費用を抑えるコツなどを解説しているので、参考にしてみてください。

システムキッチンのコンロは3つの価格帯がある

まず、コンロの価格相場を解説します。一般的なシステムキッチンのコンロは主に3つの価格帯が存在。価格によって性能が変わってきます。詳しくは以下を参考にしてください。

低価格コンロ

従来のオーソドックスなコンロは、低価格コンロに属します。具体的には、2口コンロに片面焼きグリルがついたものです。コンロとして最低限の機能しかありませんが、こだわりがなければ十分な性能があります。

価格相場は1万~3万程度。工事費用を含めれば、5万~8万の予算で設置できることが多いです。ただ、低価格のコンロはカラーバリエーションが少ないデメリットがあります。

現在のシステムキッチンに馴染むコンロがない可能性もあるので注意しましょう。

バランス型

従来のコンロよりも選択肢を増やしたいときは、バランス型を選びましょう。バランス型のコンロは、手ごろな価格と機能性を両立したタイプです。具体的な相場は工事費込みで8万~10万程度。低価格コンロより大幅に選択肢が増えます。

たとえば、水ぶきだけで汚れがカンタンに落ちるタイプ。調理タイマーがついたタイプなどがあります。カラーも豊富なので、オシャレさにこだわりたい人にもおすすめです。

自分の理想に叶ったタイプがないか、探してみてください。

高機能コンロ

コンロのなかには、機能面に特化したタイプがあります。バランス型よりも最新鋭の技術が幅広く使われており、調理の負担を大幅に軽減。従来のコンロとの違いを実感させてくれます。

具体的には、魚をカンタンに焼ける無水両面グリル。自動点火装置やタイマー機能といった感じです。コンロ本体に特殊な素材を使っている商品も多く、見た目にも高級感があります。

ただし、性能が高いだけに価格は10万を超えるものがほとんど。安く済ませたい人にはおすすめできません。どうしても高機能コンロが欲しいときは、中古品や在庫処分品を狙うといいでしょう。

ガスからIHへの乗り換えは費用がかかる

コンロの燃料源を変える場合は、大きな施工費用がかかります。よくあるのは、ガスからIHに変更する場合。キッチン内部に電気配線を通すために、大がかりな工事と費用が必要になります。通常のコンロ交換よりも見積り額が大きくなるので注意しましょう。

キッチンの構造によっては、そもそもIH化が難しいこともあります。事前に業者に現地調査と見積もりを依頼したほうがいいでしょう。

ただし、業者によっては不必要なキッチンのリフォームを提案してくることもあります。トラブルを避けるために、なるべく複数の業者に調査を依頼してください。

コンロはDIYで交換できる?

システムキッチンに使われるビルトインコンロは、ガスを使っている場合、DIYで交換することはできません。テーブルタイプのコンロは自分でも交換が可能ですが、ビルトインタイプの交換には資格がいるので注意しましょう。

仮にテーブルタイプのコンロの設置経験があっても、無資格でビルトインコンロを交換するには危険がつきまといます。場合によっては大きな事故につながるので、ビルトインコンロは必ず業者に設置を依頼してください。

IHの場合、すでにIH用のコンセントが備わっているならDIYでも設置が可能です。既存のコンロを外して、新しいコンロの配線を行うだけ。電気回りの作業に慣れている人ならすぐに設置できるでしょう。

ただ、機種によってはネジで固定する作業などがあります。DIYでの作業が不安な人は、IHでも業者に設置を依頼してください。

コンロを安く交換するためのコツ

記事をお読みの人は、できればコンロの交換を安く済ませたい人も多いでしょう。コンロの交換はちょっとした工夫で費用を抑えることができます。

詳しくは以下を参考にしてください。

本体を自分で購入する

余計な出費をかけたくない人は、コンロ本体を自分で購入しましょう。工務店やガス会社を経由すると、余計なオプションやサポート費用が上乗せされることがあります。商品の選択肢も限られるので、自前で用意したほうがいいでしょう。

ちなみに自分でコンロを購入するなら、インターネットの通販がおすすめです。同じ商品でも複数のサイトを比較して、最も安いものを選ぶことができます。口コミなどで商品の使い勝手も知れるので便利です。

注意点としては、ガスコンロ購入した場合、自分で設置しないことです。ガスの扱いは資格がいるため、設置はガス会社に依頼してください。

ガス会社のキャンペーンを利用する

商品の選択肢が少なくてもいい場合は、ガス会社のキャンペーンを利用するのも手です。ガス会社では、定期的に他社からの乗り換えキャンペーンをしていることがあります。なかにはコンロの割引きを行っていることもあるので、探してみてください。

キャンペーンを行っていなくても、問い合わせてみると、格安の在庫品が見つかることがあります。ガス会社を変えることで、月々のガス代金が今よりも安くなることも多いです。

ガスコンロをお使いの人は、周辺のガス会社の情報をチェックしてみてください。

他の家電と一緒に購入する

コンロ以外にも必要な家電などがあるときは、家電量販店を利用してみましょう。家電量販店では、まとめ買いをすることで値引き交渉をできることが多いです。なかにはコンロ単品でも、割引きを行ってくれる店舗があります。

たとえば、インターネット上の最安値情報を見せれば、同額以下まで割り引くことを売りにしている店舗もあります。地域によっては家電量販店自体が少ないですが、試しに交渉してみる価値はあるでしょう。

行きつけの店舗があれば、店舗独自のポイントカードも使えます。ぜひ、お住まい地域の家電量販店をめぐって、情報を集めてみてください。

保証期間が長い商品を選ぶ

長期的に出費を抑えるには、なるべく保証期間が長い商品を選びましょう。新しいコンロでも、購入してすぐに故障するケースもあります。保証期間を過ぎていれば、再度購入せざるを得ません。万が一に備えて、できるだけ保証期間が長いものを選んでください。

また、期間だけではなく、保証内容も十分に確認しましょう。初期不良のみなのか、過失による破損まで含まれるのかは重要なポイントです。

コンロを選ぶときは、性能や価格以外の要素にも目を向けてみてください。

システムキッチンのコンロを選ぶときの注意点

コンロ選びは、ただ気に入った商品を見つけるだけではいけません。いくつかの注意点があります。コンロを選ぶときは、以下で解説する内容を必ずチェックするようにしてください。

対応しているガスの種類をチェック

ガスコンロを購入する場合は、対応しているガスの種類を必ず確認しましょう。一般家庭で使われるガスはプロパンガス、都市ガスの2種類があります。ガスコンロは、対応していないガスでは使えないので注意してください。

対応しているガスの種類はコンロの型番で見分けることができます。型番の末尾に「LP」の記載があればプロパンガス。「12A・13A」といった記載があれば都市ガスです。型番にどちらの記載もなければ、ラベルや商品説明書に対応ガスが書かれています。

ガスコンロを購入するときは、自宅で使っているガスに対応しているものを選びましょう。

コンロの大きさに注意する

コンロを選ぶときは必ず大きさを確認しましょう。システムキッチンに取り付けるコンロは、メーカー共通の規格が2種類あります。具体的には、横幅が60㎝、75㎝の2パターンです。現在お使いのシステムキッチンとは違う規格だと、取り付けることはできません。

たとえば、性能や価格に満足する商品が見つかっても、いざ購入してみると規格違いだったということがあります。場合によっては返品できず、購入損になるので注意しましょう。

コンロを選ぶときは、最初にサイズを確認することが基本です。

古いシステムキッチンは規格を確認

古いシステムキッチンの場合、前の項目で解説したコンロの規格に当てはまらないことがあります。実際に自分でサイズを測って確かめてみてください。もし、横幅が60㎝あるいは75㎝でもない場合、旧式の規格やオーダー品の可能性があります。

仮に現在の規格に該当しない場合、新たにコンロをオーダーするか、在庫品を探さなくてはなりません。念のため、業者に本当に規格外なのか確認してもらったほうがいいでしょう。優良業者であれば、その場で在庫品の情報も仕入れてくれます。

コンロを交換するためには、事前の下調べが重要です。

オーブンを残したい場合は対応機種を

コンロ直下に備え付けてあるオーブンを残したい場合は、対応機種を選びましょう。お気に入りのコンロが見つかっても、現在お使いのオーブンに対応していないことがあります。対応していない場合、別のコンロを選び直す必要があるので注意してください。

また、オーブン自体の機種が古いと、対応しているコンロが見つからないこともあります。ときには中古品を購入せざるを得ないこともあるでしょう。

オーブンが古いときは、コンロとオーブンをセットで交換することも視野に入れてください。

コンロを交換して快適に調理しよう

システムキッチンのコンロ交換に必要な知識を解説してきました。コンロは主に3つの価格帯があります。費用を抑えたい人は低価格コンロか、バランス型を購入するといいでしょう。

ただし、コンロを選ぶときは、大きさやオーブンとの互換性を忘れずにチェックしてください。スムーズにコンロを交換するには、事前の下調べが重要です。