アトモス塗料とは?メリット・デメリット、費用など気になる点を解説!

アトモス塗料はよく名前を聞くことがあり、興味のある人は多いのではないでしょうか。しかし、アトモス塗料はどんなものかわからないと利用に躊躇するものです。自分に適した塗料なのか検討するためには、さまざまな情報が必要となります。この記事ではアトモス塗料について多くの情報をまとめました。アトモス塗料のメリットやデメリット、費用などについて解説します。

目次

アトモス塗料の基本情報

アトモス塗料について基本的な情報を説明します。

セラミック系塗材で最高品質の塗料

アトモス塗料はセラミック系塗材です。セラミックが高配合されているため、石材のような仕上がりになります。セラミック系の塗材はたくさんあり、中でもアトモス塗料は特に品質が高いことで知られています。高級感のある仕上がりを期待でき、住まいの魅力を引き立てることができる塗料です。

株式会社アペティーの開発した製品のこと

アトモス塗料は塗料の種類ではなく製品の名称です。株式会社アペティーの展開しているブランドです。2012年にアペティーによって販売が開始され、それ以来アトモス塗料は幅広く利用されているのです。

ホタテの貝殻が配合されている

無機質骨材を塗料に混ぜたものがセラミック系塗料です。そして、アトモス塗料はホタテの貝殻を配合している点が特徴的です。ホタテの貝殻は高温で焼いてから水に溶かすと消石灰になり、さまざまな機能を発揮します。そのため、ホタテの貝殻の含まれるアトモス塗料は機能性の高さが魅力です。

調湿機能や有害物質吸着機能を持つ

ホタテの貝殻の効果によって、アトモス塗料は調湿機能や有害物質吸着機能を持っています。調湿機能とは、室内の湿気を吸収したり放出したりすることで湿度を整える性質です。有害物質吸着機能とは、空気中にある有害物質を吸着して無害化する性質のことです。以上の効果によって、室内の湿度が快適に保たれ、消臭効果や空気清浄効果を期待できます。

外壁塗装に用いられる

アトモス塗料は主に外壁塗装として用いられています。販売されてから時間が経っていて、これまでに外壁塗料として豊富な実績のある製品です。

アトモス塗料のメリット

アトモス塗料にはどのようなメリットがあるのか説明します。

メリット1:安全性や耐久性が高い

アトモス塗料は水性塗料であり、シンナーを使っておらず安全性が高いです。刺激臭のようなものはなく、無臭であり、健康への影響を気にする必要もありません。水性のため引火の可能性もなく、安全に施工を進められます。

また、アトモス塗料はホタテ貝殻など無機質骨材だけではなく、高品質エマルションを主成分にしているのが特徴です。エマルションは油分を乳化させたもので、塗料に含まれるとひび割れや色あせに強くなります。アトモス塗料は高い耐久性を備えているのです。

メリット2:見た目に高級感がある

アトモス塗料は陶磁器質骨材や天然石といったものを原料として用いており、自然の石に近い質感をもっています。仕上がりに高級感があるのが特徴です。透過性のある骨材が用いられていて、色彩に奥行きと深みをもたらし、意匠性に優れています。

アトモス塗料のデメリット

アトモス塗料にはどのようなデメリットがあるのか説明します。

デメリット1:比較的価格が高い

アトモス塗料は他の塗料と比較すると価格が高いです。下記に他の塗料とアトモス塗料の相場価格をまとめました。30坪の住宅に施工する場合の費用の目安です。他の塗料と比べてアトモス塗料は費用が非常に高くなります。

塗料の種類相場価格
アクリル系樹脂塗料70万円
ウレタン系樹脂塗料80万円
シリコン系樹脂塗料85万円
フッ素樹脂塗料100万円
アトモス塗料150万円

デメリット2:色のバリエーションが少ない

アトモス塗料の色のバリエーションは全部で20種類程度です。他の塗料では40色ほどから選べるのと比較すると、アトモス塗料は色の選択肢が少なくなっています。自分の希望通りの色を選べないかもしれない点はデメリットです。

アトモス塗料の施工例

アトモス塗料の実際の施工例を紹介します。

通りから見える部分にだけ用いられることが多い

アトモス塗料は高価なため、家全体に用いるケースは少ないです。そのため、基本的には通りから見える部分にアトモス塗料を使うというケースがよくあります。通りに面していない部分については、それほど仕上がりを気にしないでもいいため、普通の塗料を使うのです。

アクセントとして一部分にのみ使うケースもある

基本は普通の塗料を用いて、アクセントとして部分的にアトモス塗料を取り入れるケースもあります。一部分とはいえアトモス塗料を使うことによって、普通の塗料では実現できない高級感を出すことができるのです。

アトモス塗料の費用

アトモス塗料にはどのくらいの費用がかかるのか説明します。

1㎡につき1万~1万5千円程度が相場

アトモス塗料の費用は1㎡につき1万~1万5千円程度となります。これに加えて施工費もかかるため、トータルでは大きな費用になります。

アトモス塗料の単価1万~1万5千円/㎡

住宅を丸ごと塗り替えると100万円以上かかる

アトモス塗料を使って住宅を丸ごと塗り替える場合には、100万円以上の費用がかかります。

住まいを丸ごとアトモス塗料で塗り替える費用100万円~200万円

アトモス塗料の評判

アトモス塗料を実際に使った評判を良いものと悪いものそれぞれまとめました。

アトモス塗料の良い評判

アトモス塗料の良い評判として下記のようなものがあります。

・汚れが付着しにくくいつもきれい

・見た目が自然な石彫のようで高級感がある

・メンテナンスがしやすい

アトモス塗料は親水性の塗料であり、汚れが雨水で流れやすいという特徴があります。そのため、外壁が汚れたとしても自然に落ちていき、汚れが目立ちにくいのです。いつもきれいな状態を維持できるという声がたくさんあります。

見た目の高級感に満足しているという評価も多いです。石彫のような見た目をしていて高級感があります。みんなに自慢できる立派な外観に引き立ててくれる塗料だと評価されています。

メンテナンスがしやすいという声も多いです。アトモス塗料は弾性があり、ひび割れが生じたとしても塗るだけで簡単に補修できます。補修の手間がかからない点が評価されているのです。

アトモス塗料の悪い評判

アトモス塗料には下記のような悪い評判があります。

・費用が高い

・実績のある業者が少ない

・色が少ない

アトモス塗料は他の塗料と比べて大きな費用がかかってしまい、その点が気になる人は多いです。機能や仕上がりなどには満足できても、コスパが悪い点はどうしても評価が落ちます。

また、アトモス塗料に対応できる業者が少ないことに不満を感じている人が多いです。出たばかりの塗料であり、認知度もあまり高くないため、施工実績がない業者は少なくありません。

選べる色が少ないという点で不満を感じる人も多いです。住まいに合った色を選べなくて妥協しないといけないケースもあります。

アトモス塗料はどんな人におすすめなのか

アトモス塗料はどのような人におすすめできる塗料なのか説明します。

品質や機能性を求める人におすすめ

アトモス塗料は高品質の塗料であり、さまざまな機能が備わっています。機能性を求める人には十分満足できる塗料といえるでしょう。住まいの健康や安全、快適さを高めることを求める人におすすめです。

高級感のある仕上がりを求める人におすすめ

普通の塗料では仕上がりに満足できない、高級感のある外観を実現したいという人におすすめです。一般的な塗料よりもワンランク上の高級感を実現できます。普通の住宅でも、高級住宅のような見栄えになることを期待できるのです。

アトモス塗料の業者の選び方

アトモス塗料の工事を頼む業者を選ぶためのポイントをまとめました。

アトモス塗料の実績を調べる

アトモス塗料を実際に扱った実績のある業者を探しましょう。アトモス塗料は新しい塗料のため、扱ったことがない業者は多いです。一度もアトモス塗料を扱った実績のない業者だと、塗装を依頼しても断られることがあります。また、実績のない業者に頼むとトラブルが起きる可能性があるため避けましょう。

外壁塗装に使われる塗料は、それぞれの製品ごとに特徴があり、正確に仕上げるためには技術が必要です。サイトをチェックして、過去にアトモス塗料の豊富な実績のある業者を見つけましょう。

丁寧に説明してくれる業者を選ぶ

業者に問い合わせをしたときに丁寧に説明してくれる業者は信頼できます。どんなに簡単なことでも時間をかけて説明する業者ならば、工事の質も高いと考えられます。信頼できる業者かどうか判断するために、事前に問い合わせをして相談するとよいです。

相談をしたときの態度などにも注意しましょう。正確に敬語を使っているか、高圧的な態度が見られないかなどに注目するとよいです。

複数の業者から見積りをもらう

業者によって同じ条件の工事でも費用に違いがあります。アトモス塗料は高価なため、できるだけ安い業者を探すことが大切です。候補となる業者のそれぞれから見積りをもらい比較するとよいでしょう。安い見積りを出してくれる業者を見つけましょう。

ただし、極端に安い価格で見積りをする業者や大幅な値下げをする業者には注意してください。安い業者は工事の品質や技術力が劣っている可能性があります。

アトモス塗料のDIYはおすすめしない

アトモス塗料のDIYをおすすめしない理由について紹介します。

技術的に難しい

アトモス塗料を上手く仕上げるのは難しい技術が要求されます。そもそも、外壁塗装というのは簡単そうに見えて奥の深いものであり、素人が挑戦しても失敗することは多いのです。また、調べてみてもアトモス塗料の塗り方について情報が限られているため困るでしょう。以上の理由からアトモス塗料の塗装をDIYでするのはおすすめしません。

塗料が高価なため

アトモス塗料は高価なため、失敗せずに塗装することが求められます。DIYだとプロが塗装するよりも多くの塗料を使ってしまうことが多いです。それでは結果的にかなりの費用がかかってしまい、しかも仕上がりが悪くなります。

また、業者のほうが塗料を安く仕入れるルートを持っていることが多く、自分で購入するよりも安くなる場合があります。

ひび割れや塗装剥がれが生じることがある

外壁塗装をきちんと仕上げないと後でトラブルが起きることがあります。ひび割れや塗装剥がれといった問題が発生することが多いです。これらのトラブルが起きると補修をする必要があり、業者に任せればお金がかかります。

アトモス塗料のメンテナンスについて

アトモス塗料で塗装してからのメンテナンス方法について説明します。

業者に定期点検してもらう

メンテナンスは業者に任せるのが一番良いです。定期的に点検をしてもらうことで、塗装の状態をプロに見てもらいましょう。点検によって塗膜に問題が起きているかどうか発見してもらえます。点検時にすぐに補修をしてもらうことで、塗装を長持ちさせることができます。

外壁の見た目の変化に注目する

普段から外壁の塗装の状態を気にかけるようにしましょう。見た目に変化が起きていないかどうかに注目することが大切です。ひび割れや塗装剥がれなどがないか確認してみて、変化があるならばすぐに業者を呼びましょう。

ひび割れなどを放置すると外壁の劣化を引き起こして、家の内部にまで影響を及ぼすため注意しましょう。酷い状態になると補修するのに大きな費用がかかってしまうため、早めに対処するべきです。

耐用年数を目安に塗り直す

丁寧にメンテナンスをしたとしても、塗料には寿命があります。耐用年数を超えると劣化が進み、アトモス塗料がその機能を発揮しなくなるのです。そのため、耐用年数を目安にして塗り直すことをおすすめします。

アトモス塗料の耐用年数は20年程度です。ただし、環境によってはもっと寿命が短くなることもあります。日光や雨などが当たりやすい部分は劣化が進みやすいため注意しましょう。

まとめ

アトモス塗料についてまとめました。高品質で高機能な塗料であり、高級感のある仕上がりを期待できる塗料です。ただし、施工実績は少なく、高価な点には注意しましょう。塗装をしてもらったならば、定期的にメンテナンスをして大切に扱うとよいです。