ガルバリウム鋼板外壁はメンテナンスフリーの外壁材?費用も解説

ガルバリウム鋼板外壁は、金属系サイディングボートの1種です。人気が高くなってきている外壁材の一つで、外壁や屋根をガルバリウム鋼板にする人が増えてきています。

ガルバリウム鋼板外壁は、メンテナンスフリーの外壁材だと言われることもありますが、厳密にはメンテナンスフリーではありません。今回はガルバリウム鋼板外壁の特徴や、メンテナンス方法、費用などを説明していきます。

ガルバリウム鋼板外壁を外壁や屋根に選ぶか迷っているという人や、ガルバリウム鋼板外壁はメンテナンスフリーだと聞いて本当か調べているという人は参考にしてください。

ガルバリウム鋼板外壁とは

ガルバリウム鋼板は、鉄合金の板に金属メッキ加工を施したもののことを言います。金属メッキは、アルミニウムや亜鉛、シリコンでできたもので、この金属メッキのおかげで、金属なのに錆びにくく軽いという特徴があります。

また、ガルバリウム鋼板は錆に強く軽いという特徴があるため、外壁材としてだけでなく屋根にも良く使われています。外壁や屋根は軽いほど負担が軽くなり、耐震性に強くなるため人気です。

ガルバリウム鋼板外壁の寿命や耐用年数

耐用年数
20~25年

ガルバリウム鋼板外壁の耐用年数は20~25年程度です。また、25年程度でボロボロになるというわけではなく、メンテナンスをきちんと行うことで劣化も抑えられます。

今までの金属系外壁はトタン外壁が有名ですが、トタン外壁の場合は10~20年以内でボロボロになってしまうことがほとんどでした。ガルバリウム鋼板外壁は、金属系の外壁材の中では寿命が長く、末永く使い続けられます。

ガルバリウム鋼板外壁のメリット

ここからは、ガルバリウム鋼板外壁のメリットや特徴について説明していきます。ガルバリウム鋼板外壁にはどんな優れた特徴があるのか見ていきましょう。

金属なのに錆びにくい

金属は錆びやすいというイメージを持っている人が多いですが、ガルバリウム鋼板は金属製の中では錆びにくいという性質を持っています。先ほども簡単に説明しましたが、ガルバリウム鋼板は、ベースの鋼板にアルミニウム、亜鉛、シリコンで作ったメッキで加工しています。

このおかげで、ガルバリウム鋼板は金属製なのに錆びにくいという特徴があるのです。錆びにくいため、外壁が剥がれにくくなりますし、ひび割れが発生する回数も減ります。

ただし、酸性雨や雨が乾かない気候だったり、錆びた釘が接触してもらい錆をするなどの可能性は残っています。絶対に錆びないというわけではないため覚えておきましょう。

耐用年数が長い

ガルバリウム鋼板の耐用年数は20~25年となります。金属製の外壁として有名なトタン外壁は10~20年程度で、劣化が酷くボロボロになってしまいますが、ガルバリウム鋼板はメンテナンスを行うことで20年以上安心して使えます。

耐用年数が長いため、張り替えなどのリフォームが必要になるまでの期間が長く、コストパフォーマンスに優れた外壁材です。

耐震性が高い

ガルバリウム鋼板は、金属製の薄い1ミリ程度の板のため非常に軽いという特徴を持っています。ガルバリウム鋼板が軽いため、家の基礎部分に負担をかけません。家への負担が少ないので、地震に強いという特徴もあります。

また、軽さを活かして、既存の外壁の上にガルバリウム鋼板を設置することも可能です。この方法をカバー工法と言いますが、既存の外壁を取り外す張り替え工事と比べると費用が抑えられるため、使い勝手が良い外壁と言えます。

ガルバリウム鋼板外壁のイマイチな点と対策方法

ここからは、先ほどとは反対にガルバリウム鋼板外壁のイマイチなところを解説していきます。メリットの多いガルバリウム鋼板外壁ですが、デメリットもあるため知っていきましょう。

また、合わせてデメリットの対策についても説明していくため、参考にしてください。

費用が高い

ガルバリウム鋼板外壁は、施工費が比較的高くなってしまいがちというデメリットがあります。外壁材として見ると費用は高くありませんが、他の外壁材よりも工費が高くなってしまうため、費用が高くなってしまうのです。

毎日のメンテナンスを欠かさない

ガルバリウム鋼板外壁は、非常にデリケートな外壁材なので、毎日のメンテナンスが大切です。他の金属と接触しないように、毎日工夫しておきましょう。また、定期的に水をかけることも大切です。

断熱性能がない

ガルバリウム鋼板外壁には断熱性能がありません。また、外壁の下地と密着させてしまうと、室内の湿気がこもりやすくなったり、結露が起こりやすくなるなどのデメリットもあります。

断熱材を忘れずに入れる

ガルバリウム鋼板外壁と断熱塗料を組み合わせても良いのですが、費用が高額になりすぎてしまうため、断熱材を使うことをおすすめします。また断熱材だけでなく、湿気や結露の対策も予め行いましょう。

見た目が苦手な人もいる

ガルバリウム鋼板外壁の見た目は、好き嫌いが分かれやすくなっています。特に見た目はトタンに似ていることもあり、安っぽいと感じる人もいるくらいです。ただし、人によってはモダンやシックに感じることもあるため、すべての人に受け入れられないわけではありません。

選ぶ色に注意する

できるだけ多くの人に良いイメージを持ってもらうためには、色選びに注意しましょう。濃いめのブルーを選ぶことで、モダンなイメージを持ちやすくなることもあるため、色選びは慎重に行ってください。

ガルバリウム鋼板外壁の費用相場

ここからは、ガルバリウム鋼板外壁にリフォームするときの費用相場をご紹介していきます。

ガルバリウム鋼板外壁にリフォームするときは、既存の外壁の上にガルバリウム鋼板外壁を張るカバー工法と、既存の外壁を撤去してガルバリウム鋼板外壁に張り替える張り替え工法のどちらを選ぶのかによって費用は変わってきます。

できるだけ費用を抑えてガルバリウム鋼板外壁にしたい場合は、カバー工法の方が良いですが、カバー工法は既存の外壁の状態によっては選べないこともあるので注意しましょう。

カバー工法の費用相場

カバー工法の費用相場
120~260万円

カバー工法でガルバリウム鋼板外壁にリフォームするときの費用相場は、120~260万円程度です。ただし、工事の規模やガルバリウム鋼板外壁の種類によって料金は異なってきます。

カバー工法の場合は、既存の外壁材を撤去する費用が発生しないため、張り替え工法よりも費用が抑えられます。

張り替えの費用相場

張り替え工法の費用相場
140~280万円

張り替え工法でガルバリウム鋼板外壁にリフォームするときの費用相場は、140~280万円程度です。張り替え工法の場合も、工事の規模やガルバリウム鋼板外壁の種類によって料金は変わります。

また、カバー工法と張り替え工法のどちらの場合でも、足場代や養生代が発生することがあるため、事前に業者に確認しておきましょう。

ガルバリウム鋼板外壁のメンテナンス方法

ガルバリウム鋼板外壁は、定期的にメンテナンスを行っておくことで、長く使える外壁材です。メンテナンス方法を知っておかないと、劣化が酷くなったりメンテナンス費用が高くなることもあるため、事前に知っていきましょう。

定期的な洗浄

ガルバリウム鋼板外壁をきれいな状態で保つためには、年に数回定期的な洗浄を行いましょう。届く範囲で構わないので、ホースなどで水洗いを行うだけで、汚れがこびりついたり、白サビが発生することを防いでくれます。

金属製の外壁は表面に白いサビができることが多く、結晶のように付着してしまうので、外観を損ねてしまいます。定期的にホースなどで水洗いするだけで、きれいな状態を保てるので忘れないようにしましょう。

ただし、高所の場合は、自分で行うことが難しいため、業者に依頼して洗浄してもらいましょう。

高圧洗浄は控える

ガルバリウム鋼板外壁で、高圧洗浄機を使うことは控えましょう。高圧洗浄機の方が汚れを落とす力は強いのですが、表面の塗装やメッキが剥がれてしまい、鉄部がむき出しになってしまうことがあります。

仮に高圧洗浄機を持っている場合は、ホースと同じ程度の圧力にすることを忘れないようにしましょう。

コーキング工事

ガルバリウム鋼板外壁は、パネルの継ぎ目にコーキング材と呼ばれる樹脂が使われています。ガルバリウム鋼板外壁の継ぎ目から雨水が侵入することを防ぐために使われているため、非常に大切な部位です。

このコーキング材は、紫外線を浴び続けたり、気温の変化の影響を受けることで、弾力が失われていき、亀裂やひび割れが発生してしまいます。その結果継ぎ目に隙間ができてしまうので、定期的に補修工事を行う必要があります。

コーキング工事は約10年に1回程度の頻度で行う必要がありますが、打ち替え工事と打ち増し工事のどちらかを選べます。

打ち増し工事は、古いコーキング材の上から新しいコーキング材を入れるため工事費用が安く抑えられます。ただし、打ち替え工事の場合は、次回のメンテナンスまでの期間を伸ばしてくれるため、打ち替え工事の方が多いです。

塗装工事

ガルバリウム鋼板外壁は、20年に1回程度は塗装工事を行う必要があります。また、塗装工事を行わないにしても5~10年に1回は業者に点検を依頼しておくと安心です。

定期点検を行うことで、ガルバリウム鋼板外壁のキズや凹み、サビの発生にすぐ気がつけるため劣化を遅らせることが可能です。また、塗装工事の際にはサビ止め塗料を使うことをおすすめします。

サビ止め塗料には、サビを防ぐ効果があり、雨戸や鉄骨階段などの鉄製の部位を塗装する際に使います。ガルバリウム鋼板外壁も、表面の塗装やメッキが剥がれると鉄部分がむき出しになるため、サビの原因になります。

ガルバリウム鋼板外壁の塗装手順

ガルバリウム鋼板外壁の塗装手順は下記になります。

  1. 足場の組み立て
  2. 高圧洗浄
  3. 下地処理
  4. 養生
  5. 下塗り
  6. 中塗り
  7. 上塗り
  8. 確認
  9. 足場の解体
  10. 掃除と点検

上記を確認いただけると分かりますが、ガルバリウム鋼板外壁の塗装は塗料を3回塗っています。下塗りは、中塗りと上塗りの機能を最大限発揮させるために行いますが、サビ止めは下塗りの段階で行います。

きちんと下塗りでサビ止め効果のある塗料を使うことで、ガルバリウム鋼板外壁はサビが発生しにくくなるため、覚えておきましょう。

張り替え工事

ガルバリウム鋼板外壁は、約20~25年程度で張り替え工事を行います。耐用年数が過ぎてしまうと、劣化が酷くなってしまうため、建物が崩壊する可能性すら出てきてしまいます。

他のメンテナンス工事と比べると張り替え工事は、工事費用が一番高額になってしまうため、定期点検や塗装工事を行っていき、ガルバリウム鋼板外壁の寿命を少しでも伸ばしていきましょう。

また、ガルバリウム鋼板外壁にしてから25年程度経った人も、一度業者に相談して外壁の状態を見てもらいましょう。

ガルバリウム鋼板外壁の選び方

ここからは、ガルバリウム鋼板外壁を選ぶ手順をご紹介していきます。ガルバリウム鋼板外壁に限らず、外壁はなんとなくで決めてしまうと、工事後の仕上がりがイメージと異なることが多いです。

できるだけイメージ通りの仕上がりにするためにも、ガルバリウム鋼板外壁は慎重に選びましょう。また、既存の外壁をリフォームしてガルバリウム鋼板外壁にする場合は、既存のデザインに合った選ぶことも大切です。では、見ていきましょう。

カタログを見る

まずは、ガルバリウム鋼板外壁のカタログを見て、どんな家にしたいのかイメージを膨らませていきましょう。イメージはモダンな家や、スタイリッシュな家などのイメージで構いません。

イメージを固めていくことで、徐々に色も絞られてくるので、色まで絞られてきてから次の項目に移りましょう。

シミュレーションでデザインを見る

家のイメージが固められた場合は、シミュレーションサイトで、全体のイメージやバランスを確認していきましょう。カタログだけでは、大きな面を施工した際にイメージが違うことがあるからです。

シミュレーションはメーカーの公式サイトで用意されているもので構いませんが、試しに行ってみたいという人は下記のサイトでシミュレーションを試してみてください。

シミュレーションサイトを試して見るときには、窓サッシの色や屋根の色を既存の色に近いものを選びましょう。完成のイメージに近いようにシミュレーションしていくことで、イメージに合ったガルバリウム鋼板外壁が選べます。

サンプルで実際に見え方を見る

ガルバリウム鋼板外壁の色が選べた場合は、最後にサンプルで確認しましょう。実際のサンプルを確認することで、ツヤや光が当たったときの色などを確認できます。

小さい見本では分かりにくいことがあるため、できるだけ大きいサンプルを用意してもらってください。

ガルバリウム鋼板外壁の工事業者の選び方

ここからは、ガルバリウム鋼板外壁の工事業者の選び方について説明していきます。ガルバリウム鋼板外壁は、他の外壁よりも施工が大変なので、悪質な業者に依頼してしまうと、手抜き工事が行われる可能性が高いです。

ガルバリウム鋼板外壁の耐久性や特徴を十分に活かすためには、信頼できる工事業者に依頼する必要があるため見ていきましょう。

施工実績を確認する

大前提として、ガルバリウム鋼板外壁の施工実績がある工事業者を選びましょう。施工実績は多ければ多いほど、施工に慣れていることになるため安心できます。

施工実績がない工事業者や、施工実績を見せてくれない工事業者は、必要な作業を行っていなかったり手抜き工事を行っている可能性があるため注意しましょう。

施工実績に関しては、工事業者の公式サイトなどでも確認できますし、工事業者と実際に会ったときに見せてもらうことも可能です。

施工中の写真を見せてくれる

施工中の写真を見せてくれる工事業者の方が、信頼できる工事業者の可能性が高いです。施工中は自分で足場に登っていくことは危ないため、気になる部分などは写真に撮って見せてもらいましょう。

適切な作業を行っている業者であれば、施工中の写真は見せてくれますが、手抜き工事を行う業者は見せてくれないため目安になります。ただし、工事業者の迷惑になるほど写真を要求することは控えましょう。

保証がある

ガルバリウム鋼板外壁は、耐久性が高い外壁なので、メーカーは保証を10年以上付けていることも多いです。ですが、保証条件に関しては厳しい条件のものも多いため、事前に保証条件をメーカーは工事業者に確認しておきましょう。

例えば、メーカーによっては現場で加工をした場合は保証外となることがあります。ガルバリウム鋼板外壁は現場で加工する可能性もあるため、この場合は保証が受けられないということになります。

メーカーの保証だけだと心配なので、工事業者の保証も合わせて確認しておくことをおすすめします。後から問題が起こった場合、保証がないと費用を全額負担しなければいけないため、メーカーの保証と工事業者の保証について確認をしてください。

ガルバリウム鋼板外壁の劣化症状

ここからは、ガルバリウム鋼板外壁の劣化症状について説明していきます。ガルバリウム鋼板外壁は、サビやひび割れなどが発生しにくい外壁材ですが、絶対にサビが発生しないわけではありません。

サビにも様々な種類がありますし、サビ以外の劣化が発生する可能性もあるため、事前に知っておきましょう。

白サビ

白サビは、潮風や高温多湿の状況で起こりやすいサビの1種です。ガルバリウム鋼板外壁の表面に白い斑点が出来てしまうという症状で、デザイン性が損なわれてしまいます。

表面のメッキに含まれている亜鉛が酸化してしまうことで、白サビは発生します。庇の下や軒天などの雨が当たりにくい場所にできやすいことが特徴で、濡れた箇所が乾きにくいため起こってしまうのです。

白サビを防ぐためには、雨が降った後にホースなどを使って、ガルバリウム鋼板外壁を洗い流しておきましょう。

赤サビ

赤サビは、ガルバリウム鋼板外壁が傷ついてしまったことが原因で発生するサビの1種です。ガルバリウム鋼板外壁に何もなければ起こりにくいサビですが、小石や自転車がぶつかってしまった、などが理由で発生してしまいます。

何かがぶつかっただけで必ず赤サビが発生するわけではありませんが、できるだけガルバリウム鋼板外壁に何もぶつからないようにする必要があります。なので、帰宅するときや出かけるときにガルバリウム鋼板外壁を触らないように注意しましょう。

もらいサビ

もらいサビは、他の金属のサビがガルバリウム鋼板外壁に移ってしまったときに発生するサビの1種です。例えばサビた自転車がガルバリウム鋼板外壁に当たってしまうと、もらいサビが発生する可能性があります。

なので、できるだけガルバリウム鋼板外壁の近くに金属を置かないようにして対策を行っていきましょう。

接触腐食

もらいサビは、サビた金属とぶつかることで発生しますが、サビていない金属とぶつかった場合はガルバリウム鋼板外壁が劣化してしまうことがあります。また、金属に限らず木材とぶつかっても劣化する可能性があるのです。

ガルバリウム鋼板外壁に金属製品や木製製品を立てかけるだけで、もらいサビや接触腐食が起こる可能性があるため、十分注意していきましょう。

ガルバリウム鋼板外壁以外にメンテナンスが少ない外壁

最後にガルバリウム鋼板外壁以外に、メンテナンスが少なくて済む外壁をご紹介していきます。ガルバリウム鋼板外壁の特徴やデメリットを見て、他のメンテナンスが少ない外壁が気になってきたという人は参考にしてください。

外壁タイル

外壁タイルは耐久性も高く、メンテナンス頻度も少ない外壁材です。外壁タイルのメンテナンスは下地や目地が劣化し始めたときに行うため、およそ10年に1回のペースになります。

見た目に関しても重厚感や高級感溢れる外壁材のため、ガルバリウム鋼板外壁の見た目が合わなかったという人にも外壁タイルはおすすめです。

ただし、外壁タイルは初期費用が高くなってしまうというデメリットがあるため、ガルバリウム鋼板外壁より初期費用が高くなる覚悟をしておきましょう。

樹脂系サイディング

樹脂系サイディングは、塩化ビニル樹脂を使用した外壁材になります。耐久性や耐候性に優れていて、メンテナンスの必要性がほとんどないという特徴を持った外壁材です。

樹脂系サイディングは、素材自体に色を練り込んであるため、色あせが少なく再塗装がほとんど必要ありません。ただし、紫外線によって弾性が失われた場合のみ塗装が必要となるため、絶対にメンテナンスが必要ないわけではありません。

また、素材同士を重ね合わせるオープンジョイント工法というもので施工するため、シーリングを使わないため補修工事が必要ないという特徴もあります。

ただし、樹脂系サイディングは優れた外壁材ですが、日本国内でシェア率が低く、施工できる工事業者が非常に少ないというデメリットがあります。また、費用も高くなってしまいがちなので覚えておきましょう。

まとめ

今回はガルバリウム鋼板外壁の基礎知識や特徴、デメリットなどを説明してきました。ガルバリウム鋼板外壁は耐用年数が長く、メンテナンスの頻度を減らせるという特徴を持った外壁材です。

また、見た目のバリエーションも豊富なため、イメージに合った住宅にしやすいことも人気の理由です。ですが、業者選びが難しいというデメリットや、外壁にキズが付きやすいというデメリットも持っています。

ガルバリウム鋼板外壁のデメリットは、事前に対策しておくだけで問題ありませんが、デメリットがどうしても気になるという人や、対策を忘れてしまいそうだという人は、外壁タイルや樹脂系サイディングなどがおすすめです。