ラムダサイディングの塗装とは?特徴や塗り替えのポイントを解説

ラムダサイディングへの塗装を考えているけど、ラムダ塗装するうえで必要な知識を知りたい!という方がこの記事を見に来られているかと思います。

この記事ではラムダ塗装の一般的な知識や、塗装施工時の注意点、外壁塗装業者の選び方などを解説していきます。

これからラムダサイディング塗装をお考えの方は、ぜひ目を通してみてください。

ラムダサイディングの塗装について

ラムダサイディングの塗装について基本的な点を解説します。

20年以上経過したものは塗装の塗り替えが必要

ラムダサイディングは現場で塗装をして仕上げるというのが一般的です。

しかし、この場合は塗装が徐々に劣化していくため注意しましょう。

塗装というのはいつまでも維持することができないのです。

外気や紫外線、熱などの影響によって劣化が進みます。

定期的にメンテナンスをすることで寿命は延ばせるのですが、それにも限界があるのです。

そのため、基本的には20年経過したものについては塗装の塗り替えが必要だと考えてください。

塗装の劣化によって性能が落ちる

ラムダサイディングの塗装が劣化すると性能が落ちてしまいます。

塗装が本来の役割を果たすことができなくなってしまうからです。

塗装が劣化すると外の環境による影響を外壁が直接受けるようになります。

その結果、外壁の劣化が進んでしまい、住まいの寿命を縮めることにつながるのです。

適切な方法で塗り替えをしないとトラブルが起きる

ラムダサイディングの塗装を塗り替えするときには、方法に注意しなければいけません。

適切な塗料を選択して、適切な方法で塗り替えする必要があります。

間違えた方法で塗り替えしてしまうとトラブルが発生する原因になります。

たとえば、塗装がすぐに剥がれたり、膨れが発生したりするケースもあるのです。

防水塗装を施すことで長持ちする

ラムダサイディングには防水塗装が施されています。

塗膜をいつまでも維持することによって、その性能を発揮させることができます。

定期的に塗り替えをしてしっかりと防水塗装された状態をキープさせましょう。

そうすれば、ラムダサイディングの外壁を守ることにつながり、長持ちさせられます。

ラムダサイディングの塗装の注意点

これからラムダサイディングの塗装をする際の注意点について説明します。

工法によっては塗装できないケースがある

ラムダサイディングはどんな状況でも必ず塗装できるとは限りません。

もし、建てたときに通気工法を採用しているのであれば塗装できます。

しかし、直貼り工法を選択している場合は、塗装できないと判断されることがあります。

もともと、ラムダサイディングは壁の中に水蒸気が溜まりやすいという欠点があります。

そして、直貼り工法の場合には、通気を取りづらいため、水蒸気が溜まりやすく、それが塗膜を剥がしてしまうからです。

塗装はシビアなものであり、適した条件が揃っていないとできないもののため注意しましょう。

深刻なダメージを受けている場合は再塗装で修繕するのは難しい

外壁に深刻なダメージがある場合には、塗装の塗り替えをすることは難しいです。

仮にその状況で再塗装したとしても、外壁のダメージを回復させることはできません。

ダメージのある外壁に塗装をしても簡単に塗膜が剥がれてしまいます。

そのため、外壁のダメージが大きいときには、再塗装ではなく、外壁そのものの修復をする必要があります。

場合によっては大掛かりな工事が必要になるケースもあるのです。

業者によって塗装に対応できるかどうか異なる

ラムダサイディングというのは、通常の外壁よりも塗装をするのに技術が必要となります。

繊細さが求められて、ちょっとした条件の違いで塗装が難しくなることがあるのです。

そのため、すべての業者がラムダサイディングの塗装に対応できるとは限りません。

これまでの経験やノウハウのない業者の場合は、依頼を断るということもあります。

ラムダサイディングに適した塗装をしないと簡単に剥がれてしまう

ラムダサイディングへの塗装は、適した塗料を選択して、最適な方法で塗装をすることが求められます。

たとえば、塗料は弾性系のものではなく、透水性のあるものを使うことが推奨されているのです。

こういった専門的な知識のない業者に依頼してしまうと、塗料の選択を間違えることがあります。

そうなると、塗装をしたとしても、すぐに剥がれる可能性があるのです。

信頼できる業者に任せて、正しい方法で丁寧に施工してもらうことが求められます。

そうすることで、ラムダサイディングへの再塗装を完璧に行ってもらえるのです。

ラムダサイディングの塗装を業者に頼むときのポイント

これからラムダサイディングの塗装を業者に頼む際のポイントについてまとめました。

外壁に関する資料を用意しておく

ラムダサイディングの塗装をする際には、外壁の状態や工法などが重要となります。

そこで、詳しい現場の情報を伝えるために資料を用意しておきましよう。

資料を渡すことによって、スムーズに判断してもらうことができます。

特に工法などが外部からではわかりにくい部分について正確な情報を渡すことは大切です。

家を建てたときの資料が残っているならば、それを用意しておき、業者に確認してもらいましょう。

現場でしっかりと調査してもらう

業者には資料を渡すだけではなく、実際に現場に来て調査をしてもらうことが大切です。

まともな業者であれば、必ず見積りを出す前に現場の調査をします。

もし、業者に相談して、現場調査をやってくれないのであれば、そのような業者は怪しいため避けた方が良いです。

きちんとスタッフが自宅に来て、じっくりと現場の状態を確認してくれたならば、その業者は信頼できると判断できます。

外壁に関するいろいろな質問を受けることがあるため、事前に調べておき、質問に対して正確に回答できるようにしておきましょう。

現場調査を受けるだけであれば、料金がかからない業者が多いため、安心して相談してください。

見積りをもらい比較する

これからどの業者に塗装してもらうか決めるときには、必ず複数の業者を検討することをおすすめします。

いくつかの業者に見積りを出してもらい、その内容を比較するのです。

まったく同じ条件による塗装工事の見積りであっても、業者ごとに費用は異なります。

比較してみると驚くほど差があることも珍しくないのです。

そのため、それぞれの見積りを比べてみて、適正な価格を提示してくれる業者を探しましょう。

安さだけを重視するのではなく、アフターフォローや話したときの信頼度、口コミ評価などにも注目してみると良いです。

総合的に判断して信頼できる業者に塗装を任せるべきです。

塗装後は定期的にメンテナンスする

ラムダサイディングへの塗装はさまざまな影響から劣化していくものです。

そのため、塗装をしてもらったあとも定期的にメンテナンスすることが大切です。

数年おきに業者に来てもらい、塗膜の状態を確認してもらいましょう。

そうすれば、トラブルが起きたとしても、速やかに発見して対処してもらうことが可能です。

早めに問題を見つけることができれば、簡単な工事で対応してもらえます。

塗装業者の中にはアフターフォローとしてメンテナンスのサービスを用意しているところは多いです。

これから業者を選ぶときにはアフターフォローの充実さにも注目してみましょう。

まとめ

ラムダサイディングの塗装についてまとめました。

ラムダサイディングへの塗装は繊細さが求められるため、慎重に業者を検討して、信頼できるプロに任せましょう。

塗装は経年劣化するため、定期的にメンテナンスをして、劣化が進んでいれば塗り替えすることが大切です。