サイディング塗装の基本と失敗しない業者の選び方

サイディング外壁はオシャレな住宅の外壁として人気です。しかし、築年数が経つにつれてメンテナンスに悩む人が多いです。具体的な方法がわからず、劣化を見つけても放置するケースもあります。

サイディング外壁の基本的なメンテナンスは、サイディング塗装です。自宅がサイディング外壁なら、名前くらいは聞いたことがあるでしょう。

本記事ではサイディング外壁の詳細、施工の流れを解説していきます。塗料ごとの費用から業者の選び方まで網羅しているので、参考にしてみてください。

サイディング塗装はサイディング外壁の仕上げ

サイディング塗装は名前のとおり、サイディング外壁を塗装することです。主に仕上げのために行われます。年数を経た外壁に塗装を行う場合は、メンテナンスの意味合いが強いです。

たとえば、サイディング外壁の汚れが目立つ、表面に傷がついているときは塗装によって補修します。再塗装を行うことで外壁の耐久性は向上し、住宅の外観もキレイに保つことができます。

仮にサイディング外壁に塗装を行っていないと、紫外線によってすぐに劣化してしまいます。

外壁の種類によって塗装法が異なる

サイディング塗装はサイディング外壁の種類によって方法が異なります。以下では外壁の種類別に塗装の内容を解説していきます。

シンプルな窯業系サイディング

デザイン性の低いシンプルな窯業系サイディングは、下塗りをした後に上塗りをして仕上げます。窯業系サイディングは素の状態だと耐久性がないため、上塗りには機能性のある塗料を使うことが多いです。

たとえば、紫外線からのダメージを抑える塗料、雨風を意識して耐水性のある塗料といった感じです。塗料が持つ機能性は商品によって違うため、業者にカタログをもらって目を通しておくといいでしょう。

高意匠の窯業系サイディング

高意匠の窯業系サイディングは、通常の窯業系サイディングと工程自体は変わりません。塗料も機能性のあるものを上塗り用として選ぶことが多いです。

しかし、通常の塗料ではせっかくの意匠が潰れてしまうことがあります。中途半端に意匠が残り、外観が不自然になることも少なくありません。意匠をキレイに残すためには、無色の塗料を選ぶ必要があります。

業者に塗装を依頼するときは、最初に高意匠であることを伝えておくと、スムーズに塗料を段取りしてくれるので安心です。

金属系サイディング

金属系サイディングも下塗りと上塗りで仕上げられます。窯業系と違うのは金属専用塗料を使うことです。金属系サイディングに普通の塗料を使うと、サビや腐食が起きることがあります。

業者に依頼するときは安心ですが、仮に自分で塗装してみようと考えている人は注意が必要です。正確に塗料を選ばないと、後で大きなトラブルになります。

業者が用意した塗料についても、念のために金属専用か確認しておくといいでしょう。

木質系サイディング

木質系サイディングは金属などに使われる塗料ではなく、木材専用の塗料で仕上げます。工程は他のサイディングと同じく、下塗りをした後に上塗りです。

木材は塗料によってせっかくの質感が潰れやすいため、木材らしさを維持するために透明の塗料を使うことが多いです。

木質系サイディングに塗装するときは、事前に業者に質感を維持したいことを伝えておくといいでしょう。

樹脂系サイディング

樹脂系サイディングは最初から素材に塗料が練り込まれているため、塗装を行う必要はありません。言い換えれば、再塗装によるメンテンナンスが不要の外壁となっています。

ただし、色落ちしづらい性質を持っているだけで、劣化しないわけではありません。大きな衝撃などがあれば、表面にどうしても傷はついてしまいます。

樹脂系サイディングの汚れや傷が目立つときは、再塗装ではなく張り替えを行う必要があります。

サイディング塗装の工期

サイディング塗装は当日で終わる作業ではありません。塗装と聞くと早く終わるイメージがありますが、実際は数日間かけて行われます。具体的な流れは以下のとおりです。

作業内容日数
足場・養生シートの設置1日
外壁の洗浄1日
下地処理1日
下塗りから上塗りまで3日~4日
足場・養生シートの撤去 1日

上記がサイディング塗装を行う流れです。足場の設置や洗浄などの下準備だけで数日はかかります。

塗装作業も下塗り、上塗りと工程が分かれているため、最低でも3日は必要です。各工程の塗料が乾かないと、次の工程に入れないため、時期によっては日数が伸びることもあります。

サイディング塗装を行うときは、必ず1週間以上かかるつもりでスケジュールを相談してください。

サイディング塗装に必要な費用

サイディング塗装に必要な費用は使う塗料と塗装範囲によって変化します。塗料別の1㎡あたりの単価は以下のとおりです。

塗料単価
アクリル 1,400~1,600円
ウレタン 1,700~2,200円
シリコン 2,300~3,000円
フッ素 3,800~4,800円

上記が各塗料の1㎡あたりの単価です。100㎡規模の住宅の外壁を塗装する場合、安価なアクリル塗料でも14万~16万の塗料代が必要となります。

実際は別に施工費用が15万ほど、足場代が10万ほど必要です。総額は最低でも40万近くになることを覚悟したほうがいいでしょう。サイディング塗装は住宅メンテナンスとしては高額な部類といえます。

サイディング塗装を行うタイミング

サイディング塗装は行ったほうがいい適切なタイミングがあります。詳しくは以下を参考にしてください。

外壁の建設から10年以上経過している

外壁の建設から10年以上経過しているときは、サイディング塗装を行う時期になります。外壁に施されている塗装の耐用年数は10年前後であることが多いです。現在までに外壁の再塗装を行っていないのであれば、耐用年数を過ぎていると考えたほうがいいでしょう。

見た目には問題なくとも、塗装の耐用年数が過ぎていれば、知らない間に外壁自体の劣化が進んでいることが多いです。日差しによる変色や、雨水による腐食のリスクが高まります。

外壁を保護するためにも、耐用年数を過ぎたときはサイディング塗装を行ってください。

外壁の劣化が目立つ

外壁の劣化が目に見えてわかる状態であれば、早急にサイディング塗装を行ったほうがいいでしょう。劣化している周辺部の塗装がハゲている可能性が高いです。放置すると、劣化のスピードが早まるため、迅速な対処が必要になります。

ただし、業者にサイディング塗装を依頼して施工されるまでにはタイムラグがあります。業者が外壁に手をつけるまでは、劣化している個所にブルーシートを貼っておいてください。

応急処置をしておくことで、業者との相談や塗料の色を決めるのに時間をかけることができます。

家の外観を変えたいとき

単純に家の外観を変えたいときもサイディング塗装をするといいでしょう。塗料を現在まで使っていた色とは別の色に変えるだけで、カンタンに外観のイメージを変えることができます。

たとえば、周囲に新築住宅が増えてきたときに塗装でイメージを変えるといいでしょう。自宅の築年数が経っていても、新築の鮮やかさに見劣りしない外観にすることができます。

普段の生活の場である自宅の印象を変えれば、気分も一新されるので予算に余裕がある人は試してみてください。

サイディング塗装の注意点

サイディング塗装にはいくつかの注意点があります。詳しくは以下を参考にしてください。

塗装に適さないサイディング外壁がある

サイディング外壁には塗装に適さないタイプがあることには注意しましょう。サイディング外壁の種類によっては、最初から素材に塗料が練り込まれていることがあります。たとえば、先に紹介した樹脂系サイディングです。

塗料が練り込まれたサイディング外壁は、塗装を行ってもキレイに着色できません。使う塗料によっては変色が起きる可能性もあります。

業者の現場調査により、塗装に向いてないと判断されたときは、別のメンテナンス方法を提案してもらってください。

外観を維持したいときは使える塗料が少ない

外観を維持したいときは、使える塗料の選択肢が狭くなることに気をつけてください。塗装前の外観を維持するには、建設当時と同じ塗料を使う必要がありますが、在庫がないことが多いです。

仮に同系色の塗料を使っても、別製品である以上は微妙に色合いが違います。どうしても以前の外観を維持したいときは、クリア塗料を使えないか業者に相談してみましょう。

クリア塗料は下地が透けてみえるため、外観の変化を最小限に抑えることができます。

サイディング塗装を依頼する業者の選び方

記事を読んでいる人のなかには、業者の選び方がわからない人も多いことでしょう。以下では、サイディング塗装を依頼する業者を選ぶ上で重要なことを解説していきます。

見積もり例を比較

サイディング塗装を依頼するときは、複数の業者の見積もり例を比較してみましょう。各業者の公式サイトを見れば、見積もり例を掲載していることが多いです。比較することにより、周辺地域の相場や適正価格を知ることができます。

公式サイトがない場合や見積もり例が記載されていないときは、直に問い合わせてみてください。普通の業者であれば、スムーズに見積もり例を教えてくれるはずです。

もし、問い合わせ時に見積もり例を教えてくれなかったり、雑な対応をされたりしたときは依頼先の候補から外してください。悪徳業者の可能性があります。

総合リフォーム会社より塗装専門業者が理想

サイディング塗装は総合リフォーム会社より、塗装を専門にしている業者に依頼するのが理想です。専門業者であれば、過去の実績も確認しやすいほか、価格も大手より安くしてくれることがあります。

専門業者が近隣になければ、大手のリフォーム会社でも問題はありません。ただし、大手は実際の施工を下請け業者に丸投げしていることがあります。なかには平然と技術力のない業者に任せていることもあるので注意しましょう。

近所の人で地元の工務店に詳しい人がいれば、評判を聞いてみることをおすすめします。

塗料の説明を丁寧にしてくれるか確認

サイディング塗装について業者に相談するときは、塗料の説明を丁寧にしてもらえるか確認しましょう。サイディング塗装に使われる塗料には種類があります。事前に説明を聞いておかないと、仕上がった後にイメージと違って不満が出ることが多いです。

塗料ごとの特徴を聞いてみることで、業者の実力や対応も確認できます。話の内容に不自然な点があれば、別の業者に依頼することも考えたほうがいいでしょう。知識のない業者だったり、悪徳業者だったりする可能性があります。

サイディング塗装は複数の業者とコミュニケーションをとってから、依頼先を決めるのが重要です。

サイディング塗装を行う前に外壁をチェック

サイディング塗装の詳細について解説してきました。サイディング塗装は外壁を守るために必要なメンテナンスです。外壁の種類や状態によって使う塗料、仕上げ方が変わります。

サイディング塗装を検討している人は、あらためて自宅の外壁をチェックしてみてください。塗装の必要性や、使いたい塗料のイメージが沸いてくるかと思います。