雨漏りの修理費用を知りたい!相場や安くするポイントを紹介します

雨漏りしてしまったならば早く修理しなければいけません。しかし、どのくらいの費用がかかるのかわからないと不安になるものです。そこで、雨漏りの修理費用の相場や安くするためのポイントについて紹介しましょう。

雨漏りの修理工事の種類と費用相場

雨漏りの修理工事にはさまざまな種類があります。それぞれの種類と費用相場について説明しましょう。

板金交換

屋根には棟板金という部材があります。こちらは屋根の最も高い位置に取り付けられていて、これが劣化すると隙間が生じて建物の内部に雨が侵入するようになります。棟板金の交換にかかる費用は5,000円/m程度です。切妻屋根の場合は平均して12mほどあるため、6万円程度の費用がかかります。寄棟屋根の場合は平均26mあり、13万円かかります。

棟板金の交換費用5,000円/m
切妻屋根の棟板金の交換費用平均12万円
寄棟屋根の棟板金の交換費用平均26万円

漆喰の塗り直し

屋根の漆喰が崩れていると雨漏りする可能性があります。漆喰は雨水が室内に侵入するのを防ぐために塗られるからです。漆喰の補修や塗り直しをするための費用は1mあたり約5,000円程度です。家の屋根漆喰をすべて塗り直す場合には20万円以上の費用がかかります。

漆喰の塗り直しの費用5,000円/m

屋根材の差し替え

屋根材は強い風にあおられるなどでずれたりはがれたりすることがあります。この場合は差し替えをすることによって、屋根材を正常な位置に戻すことが可能です。屋根材の差し替えにかかる費用は1万~5万円程度です。

屋根材の差し替えの費用1万~5万円

屋根材のひび割れ補修

屋根材にひび割れがあるとその隙間から雨水が入り込んでしまいます。それをしっかりと補修することで雨漏りを防げます。屋根材のひび割れ補修にかかる費用は、1万~5万円程度です。ひび割れがひどかったり箇所が多かったりする場合には費用が高くなります。

屋根材のひび割れ補修の修理費用1万~5万円

サイディングの目地コーキング補修

サイディング外壁には目地にコーキングが使われています。これによって隙間を防いで外壁からの雨漏りを防いでいるのです。コーキングが劣化して隙間が生じるとそこから雨水が入り込んで雨漏りになります。サイディングの目地コーキング補修にかかる費用は、30万~50万円です。

サイディングの目地コーキング補修の費用30万~50万円

窓サッシや配管のコーキング補修

開口部のコーキングが破断することで雨水が侵入しやすいです。特に窓や配管、換気口といった貫通部で起きやすいです。貫通部はもともと防水処理が甘いことが多く、劣化が進んでしまい雨漏りしやすいです。窓サッシや配管のコーキング補修にかかる費用は20万~50万円です。外壁の工事などもしなければいけないケースがあり、その場合は費用が高くなります。

窓サッシや配管のコーキング補修費用20万~50万円

雨樋の修理・交換

雨樋は雨漏りと大きな関係があります。雨樋が壊れてしまうと雨水が流れなくなってしまい、屋根の上に溜まりやすくなります。その結果、屋根の内側に入り込んでしまい建物内へ侵入するのです。雨樋の修理や交換にかかる費用は5,000~3万円程度です。ただし、雨樋全体の修理や交換をするとなると15万~50万円程度の費用がかかります。

雨樋の修理・交換費用(1箇所)5,000~3万円程度
雨樋の修理・交換費用(全体)15万~50万円程度

屋根の葺き替え

屋根材の劣化や破損が見られる場合には葺き替えをするのが最適な工事となります。これは屋根材そのものを新しいものに交換してしまうという内容です。費用は一般的な住宅の場合で120万から200万程度かかります。

屋根の葺き替えの費用120万~200万

屋根の重ね葺き(カバー工法)

屋根を交換する方法として葺き替えの他に重ね葺きがあります。こちらは既存の屋根の上に新しい屋根材をかぶせるという工法です。費用は80万~120万円程度です。葺き替えよりも費用が安く工期も短いのがメリットです。

屋根の重ね葺きの費用80万~120万

外壁塗装

外壁塗装の劣化が雨漏りの原因となることがあります。塗装の劣化で外壁にひび割れが生じてそこから雨水が入り込む場合があります。外壁塗装の費用は80万~130万程度です。ただし、外壁そのものの補修をする必要がある場合はさらに費用が数万円から数十万円程度かかります。

外壁塗装の費用80万~130万

外壁張り替え

外壁が傷んでいると隙間やひび割れが生じてそこから雨水が入りやすくなります。外壁の張替えにかかる費用は150万~250万円程度です。既存の外壁を解体して新しい外壁を張りつけるためどうしても大掛かりな工事となり費用が高くなります。

外壁張り替えの費用150万~250万円

雨漏り修理の費用を安くするには

雨漏り修理は工事の種類によっては費用がかなり高くなります。この費用をできるだけ抑えるための方法を紹介します。

相見積りする

同じ内容の工事を依頼しても業者によって費用は変わります。そこで、それぞれの業者に見積りを出してもらい、その内容を比較することをおすすめします。そうすれば、どの業者がより安い費用で工事を請け負ってくれるのかがわかります。

キャンペーンなどを活用する

業者の中にはキャンペーンなどを開催して費用を安くする機会を用意しているケースがあります。ホームページやチラシなどをチェックすればキャンペーン情報を得ることができます。積極的にキャンペーンを活用するとよいでしょう。ただし、キャンペーンが適用される条件や期限には気をつけてください。

必要最低限の工事を行う

業者に工事を依頼するときには、予定のない工事を提案されることがあります。しかし、基本的には必要最低限の工事のみを行うべきでしょう。そうすれば、費用を最小限に抑えることができます。

火災保険が適用できないか調べてみる

屋根や外壁などの修理については火災保険が適用されることがあります。台風などの自然災害によって壊れてしまった場合は火災保険によって費用をまかなえることが多いのです。一度、保険会社に問い合わせてみるとよいでしょう。

定期的にメンテナンスする

定期的にメンテナンスをしておくと劣化の程度が低い段階で修理や補修をすることができます。そのほうが結果的に費用を安くすることが可能です。かなりひどい状態になってから業者を頼ったとしても、全部取り替えなければいけなくなることが多いです。ただし、経年劣化の場合はどれだけメンテナンスをしていたとしても限界があります。

早めに業者に連絡する

少しでも雨漏りしているならば、すぐに業者に連絡することをおすすめします。生活に支障がないからといって、雨漏りの症状を放置しておくと余計にひどくなるからです。基本的に雨漏りの問題が自然に解決することはありえません。住まいのどこかに問題が生じているからこそ雨漏りしているのです。早急に業者に連絡をして対応してもらうことによって、費用を抑えられます。

雨漏り修理の費用を比較するときの注意点

これから業者ごとに雨漏りの修理費用を比較するときの注意点について説明します。

アフターフォローにも注目して業者を選ぶ

業者は修理をしてもらって付き合いが終わるわけではありません。工事を受けた部分について不具合があればすぐに対応してもらう必要があります。また、将来問題が起きたときに点検やメンテナンスを依頼したいケースも多いでしょう。そのため、アフターフォローが充実しているかどうかは業者選びで重要な要素といえます。どれだけ工事費用が安くてもアフターフォローが用意されていない業者は利用するのを避けたほうがよいでしょう。それでは結果的に余計な費用がかかってしまうからです。

不明瞭な部分はしっかりと質問する

業者から説明を受けて見積りを受け取ったならば、あらためて不明瞭な部分について質問をしましょう。疑問や不満を感じている部分については、そのまま放置するのではなくて、きちんと詳しい説明を求めて解決しておくべきです。そこで詳細な説明を受けられないならば、その業者は信頼できないと考えましょう。

大幅な値下げをする業者に注意する

見積りをもらうときに大幅な値下げをしてくる業者には注意しましょう。これは表示価格から大幅な値下げをすることで、お得であると勘違いさせようとしている可能性があります。そもそも、大幅な値下げをするという行為が怪しいと考えましょう。信頼できる業者は表示価格通りの見積りを出してくるものです。あまりにも露骨に値下げをする業者は、疑ってかかりましょう。

きちんとした調査をしているか確認する

雨漏りの修理については、事前に詳細な調査をして、雨漏りの問題を把握することが大切です。そこで、業者に相談するときには、実際に自宅にまでスタッフに来てもらい、問題のある箇所について調査してもらうことになります。もし、いい加減な調査をしていたり、そもそも調査をせずに見積りを出したりする業者があるならば、注意してください。そのような業者は信用に欠けるからです。最悪の場合は雨漏りの本当の原因を見過ごされてしまい、修理を受けたあとも雨漏りが直らないというケースもあります。

マナーの悪い業者は避ける

社会人として基本的なマナーを守れているかどうかに注目してみましょう。たとえば、業者に電話をかけたときの受け答えの仕方に注目します。丁寧な敬語で熱心に対応してくれる業者は信頼できます。無愛想で口調も乱暴な業者は信用できません。調査にやってきたスタッフの服装や態度などにも注目しましょう。少しでもマナーの悪さを感じる部分があるならば、その業者の利用を避けたほうがよいです。

まとめ

雨漏りの修理費用についてまとめました。工事の種類によって費用は大きく変わります。相見積りやキャンペーンなどを活用して、できるだけ安い費用で工事を依頼しましょう。ただし、信頼できる業者に依頼するべきという点も忘れないでください。