屋根の雨漏りを放置していない?それって危|屋根修理の教科書

屋根が雨漏りを起こしてしまったけど、放置してしまってはいませんか?

屋根修理の費用も高いし、業者を探したりするのもメンドウ・・・と。

しかし、屋根の雨漏りはすぐに対処しないと後々取り返しのつかないことになってしまいます!屋根が雨漏りし、腐敗が進んでから1年もしないうちに大変な事態を引き起こしてしまう可能性があるのです。

屋根の雨漏りの原因

屋根が雨漏りしてしまう原因はいくつも考えることができます。そのうち代表的なものを紹介しましょう。

屋根の劣化

雨漏りは屋根材そのものが劣化したために起きることが多いです。劣化すると隙間ができてしまい、雨が屋内に入り込んでしまいます。家を建ててから10年や20年以上経過している場合は要注意です。屋根の劣化がかなり進んでいる可能性があります。

屋根材のひび割れ

何らかの原因で屋根材にヒビが入っていたり、割れてしまったりすることがあります。ヒビがあると隙間が生じ雨の侵入を防ぐことができません。経年劣化だけではなく、台風で何かが屋根に激突するといったケースでもひび割れが起きることはあります。

屋根材の浮きやズレ

屋根材が強風でめくれ上がってしまうことを浮きといいます。屋根が浮くと隙間から雨が侵入します。また、屋根材が本来の位置から移動してズレてしまうとその隙間から雨が入り込むでしょう。屋根の浮きやズレは台風などの強風で起きることが多いです。長年、強風によって少しずつ屋根材がズレてきてしまい、雨漏りすることで初めてズレや浮きに気づくというケースがあります。

屋根材の変形

屋根材の形が変わってしまい、隙間が生じて雨が侵入することがあります。たとえば、雪国では毎年雪の重みによって屋根に負担がかかり、それが変形を促すことがあるのです。太陽の熱や紫外線の影響で屋根が変形することもあります。

屋根の雨漏りを放置してはいけない理由

屋根の雨漏りを放置するとさまざまな弊害があります。放置してはいけない理由を説明しましょう。

家の寿命が縮まる

雨水が家の中に侵入すると建物を構成する各素材が水に触れるようになります。その結果、木材の腐敗が進む可能性があり、劣化につながるのです。建物内部の構造体の耐久性が低下してしまい、家の寿命が縮まってしまいます。家全体がもろくなり、地震や台風などで強い力を受けると耐えられなくなるケースもあるのです。住まいの本来の耐用年数よりも短くなり、早めに補修などをしなければいけなくなります。

漏電

雨漏りの結果、屋内のケーブルやコンセント、家電製品などが雨水で濡れてしまう可能性があります。本来、ケーブルなどは絶縁体で覆われているのですが、雨水に濡れてしまうと水が内部に入り込むことがあります。そうなると絶縁状態ではなくなり、漏電を引き起こすことがあるのです。電気が正常に流れなくなり、外に漏れてしまう状態になります。漏電の結果、周囲の木材が発熱することで最悪の場合は火災を引き起こす恐れもあるのです。また、漏電の結果、無駄に電気が流れることで電気代が高くなる、家電が故障するといったリスクもあります。万が一、漏電しているケーブルなどに触れれば、感電する危険性もあるのです。

害虫の発生

雨漏りによって家の中が濡れてしまうと、その部分は湿気がたまることになります。その結果、さまざまな害虫を引き寄せることになり、悩まされるケースは多いです。

たとえば、雨漏りによってシロアリが大量に発生することがあります。シロアリは木材を食べてしまい、家がもろくなるでしょう。倒壊や腐食などのリスクがあるため、とても危険な状態になります。

また、ゴキブリやダニ、チャタテムシといった害虫も湿気によって発生する可能性があります。害虫が大量発生すると駆除するのに手間がかかります。健康への被害も大きいため、注意しましょう。

アレルギーや感染症の原因になる

雨漏りによってカビが繁殖する可能性があります。カビはアレルギーの原因となり大きな健康被害が出る恐れもあるのです。また、カビを餌にするダニも発生する可能性があります。カビやダニなどを媒介にして感染症が発生するリスクもあるでしょう。特に子供や高齢者を危険にさらすことになります。

屋根の雨漏りの修理方法と費用相場

屋根の雨漏りを修理する方法にはいろいろな種類があります。それぞれの修理方法と費用相場について説明しましょう。

コーキング補修

雨漏りの修理でコーキング補修が行われることは多いです。コーキング剤はシーリング材とも呼ばれます。コーキング材を使えば隙間を埋めることができ、雨漏りを防げるのです。コーキング補修は簡単にできる作業であり、費用は5万円から10万円程度です。

漆喰の補修

屋根の漆喰を補修することで雨漏りを防ぐという方法があります。費用相場は20万円から50万円程度です。

漆喰は瓦の隙間を埋めることで雨水などの侵入を防ぐ役割をしています。この漆喰が劣化すると雨漏りの原因となるのです。見た目で漆喰がボロボロになっていることがわかれば、すぐに補修しなければいけません。漆喰には寿命があり、耐用年数をすぎればヒビが生じてくるため、定期的に点検しましょう。

瓦のズレの修理や差し替え

瓦が本来の位置からズレていると雨漏りの原因となるため、これをもとに戻す作業が必要となります。また、瓦が劣化している場合は新しいものに差し替えます。瓦のズレの修理や差し替えの費用は1万~5万円程度です。屋根の瓦の一部分のみを修理することになるケースでは、それほど費用がかかりません。

棟板金の交換

棟板金とは屋根を留めている金属のことです。屋根と屋根が接している山状の接合部分で屋根材の固定をしている金属のことを棟板金といいます。棟板金に覆われることで屋根と屋根の面が合わさる部分からの雨漏りを防ぎます。

この棟板金が劣化すると隙間が生じて雨水が侵入するため、この場合は新しいものに交換しなければいけません。棟板金の交換には3万~20万円程度の費用がかかります。

谷桶の撤去や交換

屋根には谷桶という部分があり、こちらは排水機能を果たしています。構造上、谷桶には雨水や雪が集中するため劣化しやすいです。そのため、谷桶が雨漏りの原因箇所であるケースは多いです。

この谷桶の撤去や交換にかかる費用は8万~20万円程度です。ただし、大掛かりな工事が必要な場合には80万円程度の費用がかかることもあります。谷桶の修理をしなければいけない範囲によって費用が変わってきます。

ルーフィングの補修・張替え

ルーフィングは防水シートのことであり、屋根の下地材の上に施工されます。どのような屋根においても必ずルーフィングは設置されています。ルーフィングがあるおかげで、屋根材の隙間から雨水が落ちてきても建物内への侵入を防ぐことができます。

このルーフィングの補修や張り替えにかかる費用は5万~30万円程度です。

屋根全体を交換する

屋根全体が劣化して補修だけでは対応できない場合には、屋根全体を交換するという選択肢が出てきます。カバー工法や葺き替えといった方法で屋根を新しくするのです。こちらの費用は60万円~200万円程度となっています。

屋根の雨漏りを修理するときの注意点

屋根の雨漏りを修理するときの注意点を解説します。

DIYはおすすめしない

屋根の雨漏りをDIYで修理するのはおすすめしません。高所での作業となるため危険性が高いからです。誤って転落してしまえば大怪我してしまいます。最悪の場合には死に至る恐れもあるため避けるべきです。また、素人が下手に屋根の雨漏りを修理しようと思ってもうまくいかないことが多いです。やはり専門家に任せた方がよいでしょう。

信頼できる業者を選ぶ

屋根の修理に対応してくれる業者はたくさんあります。その中から本当に信頼できる業者を見つけることは大切です。屋根修理の業者の中には悪質なことをしている業者もいるため注意しましょう。その業者について情報を集めてみて、実際に話しを聞いてみて、その上で信頼できるかどうか判断するとよいです。

必ず見積りをもらう

屋根修理を依頼するまえに必ず見積りをもらうようにしましょう。できれば他の業者からも見積りをもらい、比較することをおすすめします。そうすれば、適正価格で見積りを出している業者を見極めることができます。

雨漏りの原因が屋根以外にあるケースに注意する

雨漏りは必ずしも屋根が原因とは限りません。実際には屋根以外に原因が存在するケースもあるのです。たとえば、外壁が劣化していて隙間があいており、そこから雨水が侵入することがあります。また、ベランダや屋上が劣化していて雨漏りするというケースもあるのです。屋根をチェックしてもらっても問題が見当たらないときには、それ以外の部分に雨漏りの原因があることを考慮しましょう。

屋根の雨漏りを防ぐ方法

屋根の雨漏りを未然に防ぐ方法について解説します。

定期的に屋根のメンテナンスをする

屋根材が劣化すると雨漏りの原因となるため、定期的に屋根のメンテナンスをしましょう。屋根修理の業者に依頼すれば、屋根のメンテナンスを行ってくれます。定期点検を受ければ、そのときに問題のある箇所を見つけてもらい、すぐに補修を受けることができます。そうすれば、後で雨漏りすることを防げるのです。

屋根を新しくする

築年数が20年を超える家だと屋根の劣化がかなり進んでいるケースが多いため、その場合は屋根を新しくすることを検討してみましょう。屋根材をすべて新しいものに取り替えてしまうのです。そうすれば、後はメンテナンスを定期的に行うことで、20年以上もたせることができます。

雨樋の掃除をする

屋根の上は雨が流れることで汚れにくいのですが、雨樋には汚れやゴミなどが蓄積しやすいです。それを放置すると雨水がきちんと流れなくなり、そのせいで屋根材の劣化が進んでしまう可能性があります。そのため、雨樋にゴミなどが溜まっていないかチェックして、定期的に掃除しましょう。

まとめ

屋根の雨漏りについて説明しました。屋根材の劣化などが原因で雨漏りが起きます。屋根材の交換や補修などで改善することが可能です。屋根の雨漏りで悩んでいる人は業者に相談しましょう。