屋根の葺き替えの費用相場を徹底解説!屋根のリフォームをお考えなら必読!

屋根は家を守ってくれる存在ですが、自然災害や経年劣化で何らかのトラブルを抱えてしまう場合があります。だからといって、何もせずに放置してしまうのはおすすめできません。

この記事ではリフォーム経験者の目線から屋根の基礎知識から費用相場などを解説していきます。

そもそも屋根のリフォームって本当に必要なの?

床や外壁であればすぐ異変に気づけるかもしれませんが、屋根の場合はなかなか難しいでしょう。そのため、人によっては「屋根のリフォームをする必要は無いのでは?」と思うかもしれません。しかし、そのような考えで放置しておくと、のちに大きなトラブルとなる恐れがあります。

屋根材によって寿命が異なる

屋根に使われる材料には、スレート屋根(カラーベスト)やアスファルトシングル、トタン屋根などさまざまあります。ただ、どんな屋根にも寿命(耐用年数)があり、短いものであれば10年ほどで寿命を迎えてしまいます。例えば、スレート屋根やアスファルトシングルの場合は15〜30年。

トタン屋根は短く、10〜15年で寿命を迎えてしまいます。一方で瓦系の屋根材は寿命が長く、日本瓦のような粘土系瓦であれば、50〜100年も使えます。

何もせずに屋根を放置するのは危険

屋根は定期的なメンテナンスが必要であり、何もしないのはおすすめできません。もしそのまま放置していれば、雨漏りや瓦の落下といった危険があります。初期段階で屋根の問題に来づければ最小限の費用で済ませられますが、ひどい状況であればその分費用がかかってしまいます。例えば、瓦の下地まで破損しているのであれば、100万円以上かかるかもしれません。

主な屋根リフォームと価格相場

屋根のリフォームは、主に「塗装」「葺き替え」「重ね葺き」の3つ。ここでは、それぞれの作業内容や費用について紹介します。

定期的に必要な屋根塗装

塗装することで屋根を守ることができますが、経年劣化でだんだんと守れなくなってしまいます。そうすると、色あせや雨漏りなどのトラブルを引き起こします。屋根の塗装は定期的に行いましょう。

屋根塗装の価格相場

塗装する際の費用は、屋根の範囲によって異なります。例えば50~80平方メートルを塗装するのであれば、40〜60万円かかります。50~80平方メートルというのは一般的な2階建て住宅を想定した数であるため、もしかするとあなたの家にも当てはまるかもしれません。

また、塗装に使う塗料次第で価格が変動することもあります。基本的には耐久年数が短い塗料であれば安く、長い塗料であれば高くなりやすいです。

塗装は季節や状態で判断しよう

塗装する際は、作業を行う季節や屋根の状態で判断しましょう。屋根の塗装は湿度85%未満・気温5℃以上の環境で行うのが最適とされており、雪が降っている時や大雨の時は作業できません。

そのため、気温と湿度が安定している春と秋に塗装してもらうのがおすすめです。また、屋根の状態によっては早急に塗装すべき場合もあります。特に雨漏りやひび割れがある場合は、すぐに行うべきです。

新しく取り替える屋根葺き替え

屋根葺き替えとは、今の屋根材を撤去した上で、新しい屋根材を設置する作業のこと。全て取り替えることで自然災害に強い屋根となり、トラブルに巻き込まれにくくなります。その上、作業中に下地のメンテナンスも行えるため、家を長持ちさせることもできます。

屋根葺き替えの価格相場

屋根葺き替えの価格は、70〜140万円です。全体を取り替える上に撤去した屋根材を処理する費用もかかるため、どうしても高額になってしまいます。また、価格内に下地の補修費用や足場費用が含まれている場合も。

優良なリフォーム業者であれば、費用に含まれている内容をきちんと説明してくれるため、見積もってもらう際に費用の内訳を聞いてみましょう。

屋根材はどう選べばいいの?

上記で述べたように、屋根材はさまざまあります。多くの家で用いられているスレート屋根はデザインがシンプルであるため、ほとんどの住宅に合わせられます。人気の高いガルバリウム鋼板であれば、耐熱性や耐震性に優れているところが魅力的です。

もちろん、屋根材によって費用が異なるため、コスト面で選ぶことも大切。スレート屋根は1平方メートル5,000〜7,000円ですが、日本瓦や洋瓦の場合は8,000円から15,000円かかります。

コストを抑えるなら屋根重ね葺き

できる限りコストを抑えてリフォームしたいのであれば、葺き替えではなく重ね葺きを検討してみましょう。カバー工法とも呼ばれており、既存の屋根材の上に新しい屋根材を重ねる作業のことを指します。

既存の屋根を撤去しないため、葺き替えのような解体費や廃材処分費が発生しません。その上、屋根材が二重になることにより、断熱性や遮音性が強化されます。

屋根の重ね葺き価格相場

価格としては、50〜120万円かかります。屋根の葺き替えと比べると安く済みますが、それでも50万円以上かかるため、ある程度の予算が必要でしょう。もちろん、こちらも屋根材の種類によって価格が変動します。また、屋根下にたまってしまう湿気を防ぐための作業が必要になるため、その分の費用も含まれています。

屋根の重ね葺きを強く勧める業者は注意

リフォーム業者は数多くありますが、屋根の重ね葺きを強く勧める業者は注意しましょう。重ね葺き作業は工程が少ない上にリーズナブルであるため、業者側にとっては発注しやすいというメリットがあります。

そのため、きちんと説明されないまま屋根の重ね葺きを強く勧められるかもしれません。確かにコストを抑えられることに関しては依頼側としてもありがたいことですが、耐震性の低下や太陽光発電の設置が難しくなるなどのデメリットも。

優良な業者であれば、きちんとした説明を行った上で一緒に考えてくれるため、理想的なリフォームを目指せます。

自分に合ったリフォーム業者の見つけ方

上記で述べたように、リフォーム業者は日本全国にあるため、しっかりと選ぶことが大切です。そこで、最後に自分に合った業者を見つけるコツについて紹介します。

地域密着型の業者に絞る

リフォーム業者は数多くあるため、ある程度絞った上で探してみましょう。絞る際の基準は、「地域密着型かどうか」です。地域密着型の業者であれば、その土地の気候を把握した上で工事してもらうことが可能。その上、中間マージンが発生しないため、大手の会社に依頼するよりもコストを抑えられます。

複数の業者に見積もってもらう

業者によって費用が異なるため、必ず複数の業者に見積もってもらいましょう。複数の見積もりがあれば、それぞれの費用や実績を比較できます。また、見積もってもらう際には担当者との相性もチェックしましょう。相性が良ければ深く話し合えるため、理想的なリフォームにしてもらいやすくなります。

気になることは必ず質問

リフォームは高額な費用がかかってしまうため、必ず不安がない状態で依頼することをおすすめします。業者としてもお客様に満足してもらいたいリフォームをしたいこともあり、できる限り不安を解消した上で契約を結ぶことを望んでいます。ですので、小さなことでも問題ありませんので、気軽に聞いてみましょう。

優れた担当者であれば、分かりやすいように解説してくれます。また、予算や理想的なイメージを伝えることで、それに合った計画を提案してくれる場合もあります。

屋根リフォームで安心できる家に

今回は、主な屋根のリフォーム内容や価格相場について紹介しました。もし屋根の劣化や剥がれなどが気になったのであれば、気軽に近くの業者に相談してみましょう。