瓦屋根の雨漏り修理の費用はいくら?相場や安く抑える方法を解説

古い住宅では瓦屋根の劣化が激しく、雨漏りが多発することが珍しくありません。本格的な修理は大きな出費となるため、応急処置で済ませ放置している人も多いでしょう。

しかし、雨漏りは放置すると、被害が拡大します。この記事にたどり着いた人も雨漏りがひどくなり、修理費用の相場を調べているはずです。

この記事では瓦屋根を修理するためにはどれくらいの費用がかかるのか具体的に紹介します。費用を安く抑えるためのポイントも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

瓦屋根の雨漏り修理を依頼したときの費用相場

ここでは瓦屋根の修理を依頼したときの費用相場を紹介します。

部分補修や瓦の交換の場合

瓦屋根を部分補修する場合の費用は以下のとおりです。

  • 漆喰の補修:3万~10万
  • 瓦の交換:1万~5万円/枚
  • 補修+メンテナンス:30万~

以上です。もちろん補修の範囲や、瓦を交換する枚数によって変化します。瓦を何枚か交換するだけなら数万円で事足りることが大半でしょう。

しかし、古い瓦屋根は見えない部分が劣化している可能性もあるため、メンテナンスをしてもらったほうが確実です。

余裕がある場合は30万円ほどの予算を用意しておくといいでしょう。

屋根全体のリフォームの場合

瓦屋根全体の劣化が激しく、全面的なリフォームになる場合の費用は以下のとおりです。

  • 既存の屋根の撤去:30万~/100平米
  • 瓦の新規施工:50万~/100平米
  • 廃材処理費用:10万~/100平米

以上になります。上記は100平米あたりの屋根で、平均的な価格の瓦を使った場合の相場です。瓦の品質や屋根の広さによってはもっと高額になります。

もとの屋根の状態によっては廃材も大量に撤去する必要があるので、最低でも100万円は予算として捻出したほうがいいでしょう。

決して気軽に出せる金額ではないですが、長く住む住宅のことを考えれば妥当な価格ともいえます。

足場が必要なときは追加費用が必要

瓦屋根の修理は住宅の立地や屋根の高さによって足場を設置する必要があります。その場合、足場の設置代が見積もりに含まれるので気をつけましょう。

足場の費用は600円~1,500円/㎡あたりが目安です。足場は作業員の安全性を確保する意味もあるので、費用を抑えるために足場の設置を拒否することはできません。

瓦屋根の修理を考えるときは足場の料金も念頭に予算を組みましょう。

瓦屋根の雨漏り修理を依頼する業者の選び方

ここでは瓦屋根の修理を依頼する業者の選び方を説明します。

地域密着型の業者を選ぶ

瓦屋根の修理は地域密着型の業者に依頼しましょう。

地域密着型の業者は地元に長く住んでいる人のために古い家の施工に特化していることがあります。とくに創業から長い地元業者は昔ながらの瓦屋根に精通した職人がいる可能性が高いです。

地域密着型の業者は地元民が働いていることも多く、評判を周囲の人から聞きやすいメリットもあります。

瓦屋根の修理を依頼するときは、まず地域密着型の業者からチェックしてみてください。

瓦屋根の専門家がいるか確認

瓦屋根の修理は専門の職人がいる業者に依頼するのが理想です。

瓦屋根は一般的な洋式住宅とは大きく違う構造をしています。そのため、熟練の職人でも専門知識がないとうまく対処できないのです。

瓦屋根の専門家がいない業者では別タイプの屋根へ交換することを提案されるなど、修理を行ってくれないケースも珍しくありません。悪徳業者では素人知識で修理を行い、施工不良につながることもあります。

できれば事前の問い合わせで、瓦屋根に詳しい担当者がいるか、瓦屋さんと提携しているかなどを確認しましょう。

現地調査で担当者と話すのを忘れずに

瓦屋根の修理をどこの業者に依頼するかは、現地調査をしてもらってから決めるのも有効です。

多くの業者では見積りを出すため、契約前に現地調査を行うのが一般的。自宅に調査に来た担当者と話をすれば、業者選びの基準となります。

たとえば、屋根の破損個所や修理プランを担当者が丁寧に説明してくれれば優良業者の可能性が高いでしょう。

悪徳業者の場合は説明をはぶいたり、必要のない施工プランを提示してきたりします。場合によっては遠目に見ただけで現地調査を終える担当者もいるので、気をつけてください。

瓦屋根の雨漏り修理を安く抑えるためには

ここでは瓦屋根の修理費用を安く抑えるためのポイントを解説します。

複数の業者の見積もりを比較しよう

瓦屋根の修理を業者に依頼するときは、なるべく複数の業者に見積もりを依頼しましょう。

複数の業者の見積もりを比較することで、もっともコスパの良い業者を選ぶことができます。場合によっては価格交渉の材料にもできるでしょう。

ただし、他の業者よりも見積り価格が安すぎる場合は注意が必要です。適正な調査ができているか疑わしいほか、まともな施工を行ってもらえない可能性があります。

悪徳業者を避けるためにも、相場の範囲内で業者を選んでください。

自宅の住宅保証を確認

瓦屋根の修理を依頼する前に加入している住宅保証や火災保険などを確認しましょう。

保証内容によっては雨漏り修理を負担してもらえることがあります。瓦屋根の破損具合が軽微であれば、全額まかなえる場合もあるでしょう。

また、古い住宅であれば行政から補助金が出ることもあります。古い住宅は現代の耐震基準を満たしていないことがあるため、補助金対象になりやすいです。詳しくはお住いの行政に問い合わせてみてください。

修理費用を安く抑えるためには各制度を有効に使うことが大事です。

瓦屋根の雨漏りは自分で直せる?

瓦屋根の修理費用を抑えるために自分で直そうと考えている人もいるでしょう。ここでは瓦屋根を自分で直せるかどうかについて解説します。

瓦のズレ程度は自分でも修理可能

雨漏りの原因が瓦がズレている程度であれば、自分で修理することができます。ズレている瓦を正常な位置に戻し、場合によっては漆喰などを塗るだけです。少々のひび割れもコーキング剤などで補修できるでしょう。

しかし、瓦屋根は通気性や除湿性を保つために特殊な構造をしています。素人の施工では必要な隙間などがふさがってしまい、機能性が失われることも珍しくありません。

とくに瓦に関する知識がないのであれば、専門家に修理を依頼したほうがいいでしょう。

大きな破損や劣化は自分で直すのは困難

瓦が大きく破損していたり、全体が劣化している場合は自分で修理することは困難です。

瓦を何枚も正常に重ねるには熟練の知識と技が必要。素人が施工しても綺麗な屋根に仕上げることは難しいでしょう。仮に施工したとしても、本来の防水性能が発揮されず、雨漏りが再発することもあります。

全体が劣化している場合は既存の屋根を撤去する必要もあるので、人手と時間もかかるはずです。瓦屋根全体が破損・劣化しているときは無理に自分で直すことにこだわらず、業者に修理を依頼してください。

瓦屋根の雨漏り修理は費用相場を知って業者に相談を

瓦屋根の雨漏りを修理するときの費用相場について解説しました。瓦屋根の修理は場合によっては高額な費用がかかりますが、快適な生活を送るために必要なものです。できれば早急に修理を依頼しましょう。

もし、業者選びに困ったときはこの記事で解説したポイントを参考にしてみてください。瓦屋根に精通した優良業者を見つけることで、満足のいく修理を行ってもらえるでしょう。