屋根の修理費用の相場とは|料金を抑える4つの方法も暴露

マイホームをずっと所有していると屋根が老朽化してくることもあります。老朽化を放っておくと雨漏りや倒壊などが起きて危険です。

屋根が破損した時は業者に屋根の修理を依頼すると解決しますが、修理費用が気になるでしょう。

この記事では、業者に屋根の修理の依頼する時の料金相場を紹介しています。この記事を読み終わる頃にはどれくらいの費用を用意すれば良いか分かるでしょう。

屋根の修理費用の相場はいくら?

ひとえに屋根の修理といっても大きく分けると部分修理と全体修理に分けられます。さらに屋根材や足場の料金がかかるのが一般的です。

費用の種類料金相場
部分修理1~80万円
全体修理40~200万円
屋根材の費用4千~2万円 (1平米)
足場の費用10~20万円

表にあるように、修理の方法やその他の部分で費用が異なります。では4つの費用について詳しく見ていきましょう。

部分修理の料金相場は1~80万円

部分修理の例とその場合の料金がこちらです。

部分修理の例料金相場
コーキング修理2千~6万円
屋根材の差替え 2千~6万円
雨どいの修理3千~10万円
雪止めの設置3~40万円
漆喰の補修3~80万円
敷板金の交換3~12万円
瓦の交換1~6万円
内部からの雨漏りの修理5~30万円
スレートの補修1~5万円

こちらの費用は約30坪あたりの料金です。すべてのケースがこの料金に当てはまるわけではありません。あくまで目安の数字なので気を付けましょう。

そして部分費用の場合は比較的料金が安いですが、場合によっては足場代が必要です。足場代の料金10~20万円をプラスした費用がかかると考えておいた方が良いでしょう。

全体修理の料金相場は40~200万円

全体修理は以下の3種類です。

修理の種類 料金相場
塗替え50~150万円
重ね葺き100~200万円
葺き替え70~150万円

こちらも30坪あたりの料金相場ですが、部分費用に比べると全体的に値段が高いです。そして、それぞれの修理には以下のような特徴があります。

  • 塗替え…屋根材や外壁材を保護する
  • 重ね葺き…屋根材を撤去して新しい葺きに変える
  • 葺き替え…現在の屋根材を金属屋根でカバーする

屋根の状態によって値段が変わりますが、基本的に100万円を上回ると思って良いです。

屋根材の料金相場は1平米4000~2万円

最近の日本家屋のはスレートという屋根材が多いですが、瓦を使っている家もあります。

屋根材の種類委料金相場
化粧スレート4~9千円
天然スレート8千円
ガルバリウム6~9千円
7千~1万円
本瓦5万円
銅板1~2万円

基本的に瓦の方が高価です。屋根材で値段が異なるので、修理を依頼する前には自分の家がどのタイプの屋根材を使っているか確認しておきましょう。

ただ、一見すると陶器瓦に見えてもスレート瓦だったということもあります。素人目には確定できないこともあるので、業者に見積もり依頼を出した方が安心です。

足場の料金相場は10~20万円

簡単な修理は除きますが、屋根の修理には基本的に足場が必要です。足場は一般的に以下の方法で計算されます。

  • 1㎡あたり600~1000円

場合によっては足場だけで10万円以上かかることも多いです。修理費用だけでないので気を付けておきましょう。

ちなみに、業者に修理を依頼する時に足場代無料と言っている会社もあります。ただ足場代を無料にしている場合は悪質な可能性が高いです。

足場代が無料になる代わりに他の修理費用が高くなっていたり、諸経費としてまとめられていることがあります。見積もりを出してもらった時は、紹介した相場より異常に高くなっていないか確認しておきましょう。

屋根の修理費用を安くする4つの方法とは

屋根の修理は料金相場を見ると50~100万円以上必要ですが、この費用を安くすることも可能です。

  • 築年数が10年未満なら家を建てた業者に連絡する
  • 火災保険を利用する
  • 複数の業者に見積もり依頼を出して比較する
  • 自分で修理する

いずれかの方法を実践することで費用を大きく抑えることができます。ではどうすれば費用を抑えられるのか具体的に見ていきましょう。

築年数が10年未満なら家を建てた業者に連絡する

築年数が10年未満なら、瑕疵担保責任期間が設けられているので、無料で修理してもらえる可能性があります。

修理に数十万円の費用が必要なケースも無料になる可能性があるので、築年数が10年未満なら家を建てた業者に連絡しましょう。

火災保険を利用する

自然災害による屋根の破損の場合は火災保険を適用できるケースがあります。大きく分けると以下が原因の破損ならで火災保険の利用が可能です。

  • 強風
  • 火事
  • 雨や洪水

このように、自然災害による影響で屋根が破損した場合なら保険が適用できます。火災保険を利用すると大幅に料金が安くなることも多いです。自然災害が原因で屋根を修理することになったら積極的に保険を使いましょう。

ただ、火災保険は経年劣化による破損の場合には利用できません。例えば築年数が20年以上経って、屋根が古くなってきたなどの理由では不可能です。

経年劣化の場合は業者に依頼する以外に、自分で修理する選択肢もあります。

自分で修理する

修理の費用を抑えたいという方は、自分で修理するのがおすすめです。自分で直すと必要なのは材料費だけになります。

例えば防水シートをかぶせるだけなど簡単な修理ならできる人も多いでしょう。腕に自信がある人は試してみても良いですが、2つのリスクがあるのでおすすめしません。

  • 転落して怪我をする可能性がある
  • 屋根の状態が悪化して火災保険が利用できなくなる

ではこの2つにリスクについて詳しく解説していきます。

怪我の可能性がある

屋根は基本的に高い場所にあるので、転落すると骨折する可能性が高いです。落ちどころが悪いと、死に至る可能性もあります。

もし自分で作業する時はヘルメットなどの安全装置を付けて行いましょう。他にも、作業時はスニーカーではなく滑り止めのある靴を着用するなど、安全対策を第一に考えることが大切です。

そして作業は二人以上ですると万が一の際にも対応できることがあります。例えば足を滑らせた時も、相方がいれば助けることも可能です。

状態が悪化して火災保険が利用できなくなる

自然災害による破損なら火災保険の利用が可能です。ただ、自然災害による破損を自分でいじると人の手が加わったことになります。

自分で直せるかもと思って作業してみたけど、やっぱり自分の力では無理だったという時には火災保険が利用できません。自然災害が原因で屋根が破損した時に自分で修理するのはリスクが大きいです。

このように、自分で屋根の修理をすると費用を抑えられますが、大きなリスクががあります。安心して屋根の修理をしてもらうためにも業者に依頼するのがおすすめです。

複数の業者に依頼して比較する

屋根修理にかかる費用は業者によって異なります。屋根修理に必要な材料は基本的に紹介した値段で統一されていますが、修理の費用に差があることが多いです。

修理の費用に差が生まれるのは業者によって技術力や得意分野が異なるからです。塗装が得意な業者もいれば、葺き替えが得意な企業もあります。その結果、修理の費用に差が生まれるということです。

業者によって費用が異なるので、いくつかの業者に見積もり依頼を出して比較すると費用を抑えられます。

ただ、がむしゃらに業者に見積もり依頼を出せば良いわけではありません。信頼できる業者に依頼することが大切です。

屋根修理の業者を選ぶ時のポイント4つ

屋根修理の業者を選ぶポイントは以下の4つです。

  • 見積もり金額が相場と同じくらいか
  • 見積内容が詳細に書かれているか
  • 値引きの金額が適切か
  • 実績や口コミを見る

業者選びに失敗しない4つのポイントについて詳しく見ていきましょう。

見積もり金額が相場と同じくらいか

信頼できる業者は相場より高すぎず、安すぎない値段を提示してくれます。紹介した相場料金と大きく離れていないと信頼性が高いです。

修理費用が安いと飛びつきがちですが、悪質業者の可能性があるので騙されないように気を付けましょう。

見積内容が詳細に書かれているか

信頼できる業者は見積内容が細かく記載されています。特に以下の項目を確認しておきましょう。

  • 修理の種類(コーキングや瓦の交換など)
  • 作業に使う道具の種類や量(足場代など)
  • 作業に使う材料の種類や量(河原代など)

修理に当たって、どんな材料や作業が必要か細かく書かれていると信頼できる業者の可能性が高いです。逆に、修理で使う道具や材料を「一式」でまとめている会社は悪質業者の可能性があります。

値引きの金額が適切か

業者によっては値引きすることがありますが、その値引きが行き過ぎてないか確認しましょう。例えば修理費用を10万円以上値引きする業者は危険です。後々になって追加料金が発生する可能性があります。

信頼できる業者ほど値引きしてくれますが、その金額が安いからといって即決するのは避けましょう。

実績や口コミを見る

最後に業者の実績や口コミを見るのもおすすめです。実績はホームページに記載されています。実績を見ればその業者の得意分野などが分かります。口コミを見ると、実際にその業者の修理を体験した人の感想なので非常に参考になります。

ただ、口コミだけを見て業者を即決するのは良くありません。やはり実際に見積もりをしてもらってから決めた方が安全です。

部分修理なら50万円|全体修理なら100万円を用意しよう!

屋根修理の料金相場を紹介してきました。屋根の一部を修理する時は足場代など込みで約50万円、屋根を全体的に治したい時は約100万円以上が必要です。

料金を少しでも抑えたいという人は以下の方法を参考にしてみてください。

  • 築年数が10年未満なら家を建てたハウスメーカーに連絡する
  • 火災保険を利用する
  • 複数の業者に見積もり依頼を出して比較する

特に築年数が10年未満の場合はハウスメーカーに連絡することで、無料で直してくれるケースもあります。それ以外でも火災保険を使うことで安くなりますが、火災保険は自然災害による破損の場合にしか使えないので気を付けましょう。