トイレをクッションフロアに張替えるときの費用相場は2万円!

トイレの床を張替えようと思っても、どの床材に張替えるのか悩んでしまいますよね。今回はトイレの床にピッタリのクッションフロアについて解説していきます。

トイレの床をクッションフロアに張替えるときの費用や、クッションフロアの特徴などをご紹介していきます。トイレの床を張替えようと考えている人や、クッションフロアに張替えるか迷っている人は参考にしてください。

トイレをクッションフロアに張替える費用

まずはトイレをクッションフロアに張替える費用を見ていきましょう。

クッションフロアへの張替え費用相場は2万~4万円

床材費用(1畳)特徴
クッションフロア2万~4万円耐水性があり水回りの床にピッタリ

クッションフロアへの張替え費用相場は、1畳あたり2万~4万円程度です。他の床材と比べて、張替え費用が抑えられるため、人気が高い床材になります。

その他のトイレ床材の張替え費用相場

床材費用(1畳)特徴
フロアタイル3万~5万円耐水性はあるが水に濡れると滑りやすい
フローリング3万~6万円水に弱くお手入れが大変
タイル4.5万~12万円耐水性に優れているが高価で濡れると滑りやすい
ハピアフロア7万~12万円見た目は抜群に良いが高価で濡れると滑りやすく冷えやすい

クッションフロア以外の、トイレの床に使われることの多い床材が上記です。フロアタイルは3万~5万円、フローリングは3万~6万円、タイルは4.5万~12万円、ハピアフロアは7万~12万円という費用相場です。

ご覧頂くと分かりますが、すべての床材がクッションフロアよりも費用相場が高くなっています。見た目的にクッションフロアより優れていることもありますが、お手入れが大変だったり、水に滑りやすい、床が冷たくなるなどのデメリットも多いため、クッションフロアが一番おすすめです。

クッションフロアの特徴

ここからは、トイレの床材にピッタリのクッションフロアについて説明していきます。他の床材と比べて、なぜトイレの床材におすすめなのか、どんな特徴があるのかをまとめていくので、クッションフロアのことを良く分からない人は必見です。

他の床材よりコストを抑えられる

クッションフロアは、フローリングやフロアタイルなどと比べると、安い費用で張替えられます。ほとんどのクッションフロアは1メートル以上から、10センチ単位での購入が可能なので、トイレに合ったサイズを選びやすいのも特徴です。

耐水性に優れていて汚れを落としやすい

クッションフロアは、表面がビニール材質になっているため、水分を吸収しにくくなっています。トイレは、手を洗ったときなどに水が飛び散りやすいので、吸収しにくいクッションフロアはピッタリです。

また、汚れが付いても落としやすいという特徴もあるため、お手入れも簡単です。さらに、アンモニアの汚れにも強いため、安心してトイレの床に使えます。

カラーバリエーション・デザインが豊富

クッションフロアは、タイル調のものや木目調のもの、チャック柄、無地、大理石柄など、様々なバリエーションが用意されています。自分好みのデザインを選べるため、快適なトイレ空間を作りやすいです。

トイレの床におすすめのクッションフロアの柄

ここからは、トイレの床におすすめのクッションフロアの柄をご紹介していきます。ご紹介するクッションフロアの柄に張替えるだけで、トイレがおしゃれな空間になるため、参考にしてください。

テラコッタ調

テラコッタ調のクッションフロアに張替えることで、トイレが明るい雰囲気になります。1つずつ柄が異なり味わい深くなっているため、安心できるトイレの空間を作り出せます。

また、ヨーロッパテイストの住宅に見られることが多いため、ヨーロッパ風の雰囲気にしたい人や、住宅がヨーロッパテイストの人にもおすすめです。

木目調

トイレの床をフローリングなどの本物の木材にすると、温かみは出ますが、汚れが目立ちやすくお手入れも大変になってしまいます。フローリングをトイレの床に使いたかった人は、木目調のクッションフロアがおすすめです。

木目調なので、フローリングの雰囲気を出しつつ、お手入れが簡単になります。木目調のクッションフロアを選ぶときは、明るめの色を選ぶとおしゃれなイメージが作りやすいので覚えておきましょう。

タイル柄

トイレの床にタイルや石を使うと、目地の掃除に非常に手間がかかってしまいます。なので、タイルや石の代わりに、タイル柄や石柄のクッションフロアを選びましょう。

タイル柄や石柄のクッションフロアであれば、シックでクールなイメージを作りつつ、簡単にお手入れが可能です。色を選ぶ際は、便器の色や壁紙の色に合わせて選ぶと、バランスが良くなります。

大理石柄

クッションフロアには、大理石柄も用意されていて、ホテルのような高級感あふれる空間も作り出せます。色も豊富で、ベージュやグレー、ブラウンなどが選べるため、壁紙の色に合わせて選んであげましょう。

トイレの床をクッションフロアに張替えるときのポイント

クッションフロアは、耐水性に優れていて、お手入れも簡単ですが、水に濡れる回数が多いことには変わりありません。そこで、トイレの床をクッションフロアに張替えるときのポイントをまとめておきます。

ポイントを知っておくだけで、長く使い続けたり、張替え後に困ることがなくなるため、ご覧ください。

床を交換するタイミングに注意

トイレの床を張替えるときは、便器を撤去しなければいけないこともあります。クッションフロアの場合は、便器を撤去しなくて済むこともありますが、撤去をしなければいけなくなった場合、費用が大きくかかってしまいます。

なので、できるだけ便器を交換するタイミングで、床の張替えも行いましょう。丁寧にお手入れをしていた場合でも、床に黒ずみが出てきたり、床材は腐食してしまいます。

クッションフロアやフローリングの場合は10年程度、タイルの場合は15年程度が耐用年数なので、耐用年数を目安に張替えをしましょう。

張替え後の床の高さに注意

トイレの床だけを張替える場合は、張替え後の高さに気を付けましょう。わざと床を高くして段差にしたいケースもありますが、段差を作る場合はドアの開閉がしやすいか確認してください。

トイレのドアが外開き戸や引き戸であれば、確認する必要はありませんが、内開き戸の場合は、ドアの開閉がしにくくなる可能性があります。また、小さなお子さんや高齢者も使うトイレの場合は、段差のせいで怪我をすることも考えられます。

なので、トイレの床を張替えて、高さを付けたい場合は、高さがあってもつまずいたりしない工夫を考えましょう。

トイレをクッションフロアに張替えるときはDIYも可能!

他の床材をDIYで張替えることは難しいですが、クッションフロアの場合はDIYでも張替えが可能です。ただし、DIYが得意な人や経験者でないと失敗する可能性は高いので、自信がある人だけDIYで張替えしましょう。

準備するもの

トイレをクッションフロアに張替えるときに準備しておくものは以下になります。

  • はさみ
  • 定規
  • タオルや布
  • ペン
  • マスキングテープやセロハンテープ
  • クッションフロア
  • 位置調整用両面テープ
  • クッションフロアの継ぎ目処理剤
  • 型紙用の新聞やチラシなど

クッションフロアに張替えるときには、上記のものが必要なので、ホームセンターやAmazonを使って準備してください。

張替え手順

ここからは、トイレの床をクッションフロアに張替える手順を説明していきます。

クッションフロアを準備する

トイレの床のサイズを測定して、少し大きめのクッションフロアを用意しましょう。その後、トイレの床を掃除して、クッションフロアを張りやすい環境にしてください。

トイレの床全体の型紙を作る

予め用意しておいた新聞紙やチラシなどをトイレの床に敷き詰めて、テープでつなげてください。敷き詰める際は、便器部分も丁寧に型紙に取る必要があるため、カーブ部分もキレイに型取りしてください。カーブ部分の型取りは、新聞紙やチラシを短冊状に切ると取りやすくなります。

クッションフロアを切る

先ほど作った型紙を、クッションフロアに裏側に重ねてください。次に、型紙に合わせてペンと定規を使い線を引いていきましょう。その後、線に沿って型紙を切ってください。

型紙を切るときは、壁際部分は線の上を切り、便器の後ろ部分は縦に切り込みを入れましょう。便器周りのカーブ部分は線の少しだけ内側を切るとキレイに切り取れます。

クッションフロアを貼る

クッションフロアをトイレの床に貼るために、両面テープを使っていきます。両面テープをトイレの壁に沿わせて1周して、便器の裏側は壁から直線になるように両面テープを貼ってください。

便器周りは両面テープを短く切り取り、便器から両面テープが伸びるように貼り付けましょう。また、トイレの床が広く、便器からドアの距離が遠い場合は、クッションフロアが浮かないように、横川にも両面テープを貼ってください。

両面テープを張り終えた後は、両面テープを剥がす前に、一度クッションフロアを敷いてみましょう。ぴったり敷けた場合は、クッションフロアの一部をめくり両面テープを剥がしてクッションフロアを貼っていきます。

継ぎ目処理剤を使う

両面テープをすべて剥がして、クッションフロアを敷けた後は、継ぎ目部分に継ぎ目処理剤を使ってください。その後、1時間程度乾燥させて、クッションフロアへの張替えは完了です。

まとめ

今回は、トイレの床をクッションフロアに張替えるときの費用や、クッションフロアの特徴をまとめてきました。クッションフロアへの張替え費用相場は2万~4万円程度で、他の床材と比べて費用を抑えられます。

また、他の床材と比べても耐水性に優れる、カラーバリエーションが豊富などの特徴があるため、トイレの床にピッタリの床材です。

クッションフロアは快適なトイレ空間を作れる床材ですし、カラーバリエーションやデザインが豊富なので、おしゃれな空間にもできます。トイレの床を張替えたいけど、予算があまりないという人にもおすすめの床材なので、トイレの張替えで悩んでいた人は、一度クッションフロアを検討してみてはいかがでしょうか。