トイレ増設は0.5畳以上あれば安心!費用を安く抑えるポイントあり

トイレを増設するときは、どれくらいの費用がかかるのか、どんな場所にトイレを増設できるのか気になりますよね。今回はトイレを増設するときの費用相場や、トイレを増設できるスペースをご紹介していきます。

また、トイレを増設するときにおすすめの便器や、トイレを増設すると解決する悩みについても説明していくので、トイレを増設するか迷っている人はぜひご覧ください。

トイレを増設するときの費用相場

早速、トイレを増設するときの費用相場を見ていきましょう。トイレを増設するときの費用は、トイレを設置する場所を増築する場合と、既存のスペースを使う場合で変わってくるので、それぞれ説明していきます。

増築工事を行うトイレの増設費用相場

トイレのグレード費用相場
ベーシック80万~140万円
ハイグレード95万~200万円

増築工事を行うトイレの増設費用の相場は上記になります。トイレ本体のグレードによっても費用相場は異なり、ベーシックなものであれば80万~140万円、ハイグレードなものであれば95万~200万円程度が相場です。

増築工事を行う場合は、間取りや配管の位置によっても費用は変わってくるため、複数の業者に見積もりを出してもらうことをおすすめします。

増築工事を行わないトイレの増設費用相場

トイレのグレード費用相場
ベーシック50万~80万円
ハイグレード65万~100万円

既存のスペースにトイレを増設するときの費用相場は上記になります。ベーシックなグレードであれば50万~80万円、ハイグレードであれば65万~100万円が相場となります。

既存のスペースの場合も、間取りや配管の位置で費用は変わってくるため、1社にだけ見積もりを依頼するのではなく、複数の業者に見積もりを依頼しましょう。

トイレ本体のグレードで費用は変わる

トイレには、様々なグレードがあり、安いものであれば15万円以内でも購入できますが、高性能なトイレの場合は30万円以上かかることもあります。

また、トイレの大きさも違ってくるので、トイレを増設したいスペースに合ったサイズで選ぶこともおすすめです。

給排水管の位置で工事費用は変わる

既存の給排水管につなぎやすい場所にトイレを増設すると費用は安くなりますが、つなぎにくい場合や工事が必要な場合は費用が高くなります。

配管の距離や曲がる回数によっても費用は変わってきて、距離が長く、曲がる回数が多いほど費用は高くなってしまいます。例を上げると、1階のトイレの真上に新しくトイレを増設する場合は、給排水管を上に伸ばすだけなので安く抑えられます。

また、給排水管を外壁に這わせるのか、床を壊して穴を空けるのかなどでも費用は変わります。見た目が悪くなる可能性はありますが、外壁に這わせた方が費用は安くなります。

トイレを増設できる場所やスペース一覧

トイレは最も小さいサイズだと、0.5畳あれば良いとされています。なので、約1㎡のスペースさえあれば、トイレは増設できます。ここからはトイレを増設できる場所やスペースについてまとめていきます。

トイレをどこに増設するか迷っている人は、今回ご紹介するスペースの中から選んでください。

既存の空いたスペース

既存の空いたスペースに、トイレを増設していくことは可能です。例えば、使っていない物置き、階段横のデッドスペースなどは、トイレにしても問題ないケースは多いでしょう。

物置きを使っていたとしても、収納しているものを違う場所に移動させて、トイレに増設することも可能です。物置きは、普段は使っていない場所なので、トイレを増設しても、生活が不便になったと感じません。

既存の部屋の一部をトイレにする

既存の部屋の一部を、区切ってトイレにすることもあります。例えば、広すぎて余っているスペースや、使っていないクローゼットなどをトイレにリフォームするなどが多いです。

トイレは0.5畳程度のスペースがあれば問題ないため、使っていない部屋が見当たらない場合は、使っていないスペースを探してみましょう。

増築して新しい空間を作る

空いた部屋がない場合や、空いたスペースが見当たらない場合は、家の空間を増築して、新しい空間を作り、トイレを増設しましょう。ただし、最も工事が大掛かりになってしまうため、工事期間も長くなりますし、費用も高くなります。

工事期間が長くなる、費用が高くなるというデメリットはありますが、新しく空間を作るため、今までの生活空間を一切変えなくて良いというメリットもあるので、予算に余裕がある場合はおすすめです。

トイレを増設するときにおすすめの便器やドア

トイレを増設するときは、トイレ内の空間を快適にするためにも、便器やドアはある程度こだわりましょう。ここではトイレを増設するときにおすすめの便器や、ドアをご紹介していきます。

タンクレストイレ

トイレを増設するときは、トイレ内のスペースを確保しにくい可能性が高いため、スペースを必要としないタンクレストイレがおすすめです。

タンクレストイレは見た目もスタイリッシュでおしゃれなイメージですし、タンクが不要なので増設の際にピッタリの便器です。ただし、他の便器と比べると本体価格が高くなりがちなので、安く抑えたい場合は機能が少ないものを選ぶ必要があります。

引き戸や外開き戸

増設したトイレは、既存のトイレよりも狭いスペースになることが多いため、内開き戸にしてしまうと、使いにくく不便な空間になってしまいます。なので、できるだけ引き戸や外開き戸を選びましょう。

寝室の近くにトイレを増設する場合は、密閉性が高い外開き戸、高齢者の利用が多い場合は開閉しやすい引き戸がおすすめです。

トイレを増設すると解決する悩み

トイレを増設するか迷っている人もいると思うので、ここからはトイレを増設すると解決する悩みをご紹介していきます。

朝のトイレ渋滞がなくなる

トイレを増設すると、朝のトイレ渋滞が減ります。家族の人数が多いほど、朝のトイレは渋滞しやすいため、時間がなくなって遅刻しそうになったり、喧嘩になったことがある人も多いでしょう。

トイレを増設することで、朝のトイレ渋滞がなくなるので、1日の始まりからイライラしなくて良くなります。小さなストレスではありますが、毎日起こることだと考えると、トイレを増設するメリットは大きいです。

ゆっくりとトイレに行ける

トイレが1つしかない場合、家族が待っていると急いでトイレを済ませなければいけません。ですが、トイレを増設することで、家族が来ても急いでトイレを済ませる必要がなくなります。

落ち着いてトイレができるので、ストレスもなくなりますし、お腹が弱い人でも安心できます。また、2階に自室があって、1階にしかトイレがない場合なども、すぐにトイレにいけるので安心です。

夜中のトイレが安心

トイレを増設すると、夜中に急にトイレに行きたくなったときも安心できます。トイレに間に合うようになるだけではなく、暗い中での移動距離が減るため、階段から落ちる心配もなくなります。

特に小さいこどもや高齢者がいる場合は、トイレに行くための移動中で怪我をしてしまうことも多いので、トイレを増設しておくと、余計な怪我がなくなるためおすすめです。

トイレを増設するときの注意点

最後にトイレを増設するときの注意点をまとめていきます。知っておくだけで使い勝手が良くなることが多いので、最後までご覧ください。

0.5畳以上の広さが必要

トイレを増設する際は、0.5畳以上の広さを確保するようにしましょう。便器本体を設置するだけであれば、0.5畳以下の広さでも問題ありませんが、実際に使うとなると0.5畳以上の広さは必要です。

また、すでにあるトイレの広さと同じ広さにすることもおすすめです。増設したトイレを狭いと感じてしまう場合、利用頻度が落ちてしまい、増設した意味がないということもありえます。

できるだけ、既存の広さや使い心地になるように、トイレを増設すると満足度は上がるので覚えておきましょう。

最低限の収納スペースを作る

トイレを増設する際は、最低限の収納スペースは確保しましょう。トイレはトイレットペーパーやトイレ用洗剤など、収納するアイテムが多い空間です。収納スペースがない場合、トイレットペーパーが切れて困ることも起こりえます。

また、収納スペースが確保されていない場合、お掃除やお手入れもしにくくなってしまうため、トイレが汚れやすくなってしまう可能性も高いです。せっかくトイレを増設するのですから、快適な空間にするためにも、収納スペースのことも頭に入れて増設のことを考えていきましょう。

音やニオイに注意する

トイレを増設するときは、使い勝手が良い場所にレイアウトすることも大切ですが、音やニオイにも注意してレイアウトしましょう。例えば、寝室の横や寝室の上にトイレを増設した場合、トイレの水の音で目が覚めることもあります。

なので、寝室の近くにトイレを増設する場合は、配管に吸音材を巻いたり、寝室に遮音パネルを貼るなどの対策が必須になります。

また、トイレはニオイも発生してしまうので、キッチンのすぐ近くに増設する場合も、対策を取らないといけません。トイレは増設する場所によって、音やニオイが気になる可能性が高いので、予め音やニオイのことも考えて増設する場所を決めましょう。

マンションの場合は管理規約を見る

マンションによっては管理規約で、トイレの増設などが禁止されていることがあります。禁止されていない場合でも、規約ですぐに増設できない可能性もあります。

特に古いマンションでは、排水管の位置が悪く、物理的にトイレの増設ができないことが多いです。自分だけでは判断できないことも多いので、一度リフォーム業者に相談してみて、トイレの増設が可能なのか相談してみましょう。

まとめ

今回はトイレを増設するときの費用、どんな場所にトイレは増設できるのかなどをご紹介してきました。トイレはベーシックグレードであれば、50万~140万円程度で増設できます。

ただし、間取りや配管の位置によって、増設費用は変わってくるため、適切な費用で増設するためにも、複数の業者に見積もりを依頼してみましょう。

また、トイレの増設には、最低でも0.5畳以上のスペースは必要なので、狭い空間にトイレを増設しようと考えていた人は注意してください。