ベランダ・バルコニーリフォームの主な内容と注意点

ベランダは、洗濯物を干したりガーデニングを楽しんだりなど、さまざまな用途があります。
ただ、範囲が狭かったり劣化していたりなどのトラブルを抱えている場合もあるでしょう。
そこで今回は、ベランダ・バルコニーリフォームの主な内容と注意点などを紹介します。

主なベランダリフォームの例と費用相場

ベランダに関するリフォームはさまざまありますが、ここではその中からいくつかをピックアップして紹介します。

さまざまなメリットがある屋根設置

ベランダに屋根を設けると、日差しの緩和や洗濯物の雨よけといったメリットがあります。
見た目もおしゃれになるため、外から見た家の雰囲気が良くなるかもしれません。
ベランダ用の屋根はさまざまあり、形状や機能などによって費用が異なります。
5万円ほどで住む場合もあれば、80万円ほどかかってしまう場合もあるため、業者としっかり話し合いながら決めてみましょう。

サンルームにしてベランダを活用

サンルームは屋根よりも雨風を防ぐことができ、これまで以上にベランダを活用できます。
天候に左右されなくなるため、気軽に洗濯物を干したり子どもやペットの遊び場としてつかったりすることが可能。
費用は70〜100万円(2坪のベランダの場合)もかかりますが、既存のベランダの構造が活用できるのであれば、少しコストを抑えられます。

目隠しを設けてプライバシー確保

日本の一軒家は隣との間が非常に狭い場合が多く、なかなかのんびりとベランダで過ごせません。
もし自宅のベランダでゆっくり読書や食事などを楽しみたいのであれば、目隠しを設けてみてはいかがでしょうか。
フェンスといった目隠しを設けることで他人の視線が見えにくくなり、以前のベランダよりもプライバシーが確保されます。
費用に関しては、フェンスの場合6〜24万円で済みます。
また、既存のベランダが経年劣化や自然災害などで傷んでいるのであれば、ベランダ全体を改装したほうが良いでしょう。
ただし、ベランダ全体の改修となれば90万円ほどかかるかもしれません。

万が一に備えた落下対策

小さな子どもがいる場合、誤ってベランダから落下してしまう恐れがあります。
そのようなことを防ぐためにも、ベランダに手すりや柵を設けて落下対策を行いましょう。
費用は5〜15万円で、他のリフォームと比べてそこまでコストがかかりません。
ただ、元々手すりや柵がついている場合は、廃材処分費が加わる可能性があります。

防水機能を施してトラブル対策

ベランダの防水加工が劣化している場合、雨漏りや内部の侵食などの問題が起きやすくなります。
そのため、ベランダの防水が不安になった際はリフォームしてみましょう。
作業内容は「FRP防水」「ウレタン防水」「シート防水」「アスファルト防水」の4つであり、それぞれ費用や作業日数、耐久性が異なります。
ベランダ向けであれば「FRP防水」が向いており、4平方メートルの範囲に対して10〜15万円でリフォームしてもらうことが可能。
「FRP防水」の場合、防水性だけではなく、耐熱性や耐久性も備えています。
その他の作業内容も利点があるため、こちらも業者と話し合いながら決めましょう。

ベランダ増築で新しい生活

洗濯物を干すスペースやガーデニングできるスペースが欲しい場合、思い切ってベランダを増築してみてはいかがでしょうか。
ベランダの増築費用は30万円ほどから依頼でき、規模が大きいほど費用がかかります。
ただし、増築した分メンテナンスの手間がかかることも考慮しておきましょう。
「ベランダをメンテナンスする必要なんてあるの?」と思う方がいるかもしれませんが、放置していると傷や腐食を見逃してしまいます。
補修工事としての費用がかかる場合もあるため、必ずメンテナンスのことも頭に入れておきましょう。

ウッドデッキで木の温もりを

ウッドデッキと聞くと庭に設置するイメージがあるかもしれませんが、ベランダに設置することも可能です。
ベランダに設置することで無機質なコンクリートを隠しておしゃれな雰囲気にすることができ、子どもやペットの遊び場として活用できます。
また、リフォーム業者に依頼することでベランダのサイズに合わせてウッドデッキを設置してくれるため、形が複雑でも問題ありません。

DIYでベランダの雰囲気を変えてみるのもアリ

ベランダのリフォーム自体はさまざまありますが、その中には自分でできることもあります。
例えば目隠しの場合、ホームセンターやネットショップで販売されている簾(すだれ)を使うことで、コストを抑えてプライバシーを確保できます。
また、タイルをベランダに敷いておしゃれな雰囲気にするのもおすすめ。
このようなベランダのDIYは数多くあるため、できる限りコストを抑えたいのであれば、自分でチャレンジしてみましょう。
ただ、屋根やサンルームの設置といった大掛かりなものであれば、自分でするよりもリフォーム業者に依頼することをおすすめします。

リフォームする前に注意すべきポイント

実際にベランダのリフォームを検討しているのであれば、以下のポイントに注意しましょう。
知らずにリフォームすれば、大きなトラブルに発展する恐れがあります。

集合住宅のベランダリフォームは難しい

一軒家であれば問題ありませんが、マンションやアパート、団地のような集合住宅のベランダの場合は注意が必要です。
集合住宅や賃貸住宅のベランダは共有スペースと考えられているため、リフォームすることができません。
借主から許可をもらった上でリフォームする場合もありますが、外観が悪くなることから認めてもらえにくいです。
ただし、あなたが賃貸マンションの借主であればリフォームできます。

安全性のことも考えて計画を

プライバシーやデザイン性だけではなく、安全性のことも考えて計画しましょう。
そうしなければ、泥棒の隠れ場所になったり子どもが落下しやすい場所になったりする恐れがあります。

メンテナンスの方法もチェック

上記で述べたように、ベランダはメンテナンスする必要があります。
以前よりも手間がかかればリフォームを後悔してしまうかもしれないため、しっかりとメンテナンスの方法も聞いておきましょう。
特に仕事が忙しい方や高齢者の場合は、以前よりもメンテナンスが楽なベランダを目指したほうがおすすめです。

業者を探す際は地元から

リフォーム業者は日本全国数多くありますが、できる限り地元から見つけるようにしましょう。
地元の業者は大手よりも安く、地元の気候に応じたリフォームをしてくれます。
ただし、探す際には費用重視ではなく実績重視にしましょう。
安すぎる業者に依頼すると、質の悪い作業でリフォームされてしまう恐れがあります。
実績があるリフォーム業者であれば、過去の経験を生かして作業してくれるため、理想的なリフォームを目指せます。

複数の業者を比較しながら決めよう

費用は各業者によって異なるため、複数の業者に見積もってもらいましょう。
複数の見積書があれば、それぞれの費用を比較しながら決められます。
また、担当者との相性も確かめられるため、どこに依頼すれば良いのか決めやすくなるでしょう。

リフォームで快適なベランダ・バルコニーに

ベランダのリフォームはさまざまあるため、業者と話し合いながら決めていくことをおすすめします。
もしリフォームを検討しているのであれば、今回の記事を参考にしてもらえると幸いです。