洗面所交換にかかる費用は2つのポイントを知っておくと抑えられる!

今の洗面所に不満があったり、洗面所が故障したときは、洗面所を交換するべきです。ですが、洗面所の交換にどれくらいの費用がかかるのか、洗面所の交換費用の相場はいくらなのかなど、分からないことも多いですよね。

今回は洗面所を交換するときの費用相場や、洗面所の交換費用を抑えるコツをご紹介していきます。洗面所の交換を検討している人や、予算的に洗面所を交換するか迷っているという人はぜひご覧ください。

洗面所を交換するときの費用相場

早速、洗面所を交換するときの費用相場を見ていきましょう。

内容費用相場
洗面所本体5万~25万円
工事費3万~10万円
合計8万~35万円

洗面所を交換するときの費用相場は、工事費込みで8万~35万円程度となります。洗面所本体の大きさやグレード、オプションをどれくらい付けるのかで費用は変わってきます。

最低限のグレードの小さい洗面所を選び、オプションを控えることで10万円以内でも洗面所の交換は可能です。ただし、性能が良く大きい洗面所の場合は本体価格も高くなるため、予算に合わせて選びましょう。

壁紙や床を交換すると費用は高くなる

業者にもよりますが、壁紙や床の交換オプションは4万~5万円程度です。なので、できるだけ洗面所の交換費用を抑えたい場合は、壁紙や床は交換しないほうが良いです。

洗面所の床交換について詳しく知りたい方はこちら

洗面所の床の張替えにかかる費用を紹介!いくらかかるか教えます

洗面所を交換する費用を抑えるコツ

ここからは洗面所の交換費用を抑えるコツをご紹介していきます。知っておくだけで、余計な出費を抑えられるため、チェックしていきましょう。

メーカーにこだわらない

洗面所の交換は、工事費よりも洗面所本体の価格で、費用は大きく変わってきます。なので、できるだけ予算を抑えたい場合は、メーカーにこだわらないようにしましょう。

業者に頼んで、洗面所を交換する場合、洗面所本体の価格は定価よりも安い値段になっています。ですが、メーカーによって割引額が変わってくるので、メーカーで選ぶのではなく、割引額で選んだ方がお得になるのです。

床と壁紙の張り替えを同時に行う

先ほど、洗面所を交換するときに、壁紙や床も交換すると、オプション代が発生してしまうので、費用が高くなることは説明しました。壁紙や床がキレイで張り替える予定がない場合は、張り替えないほうが良いです。

ですが、壁紙や床が汚れてきているときや、張り替えたいと思っているときは、洗面所の交換と壁紙や床の張り替えは同時に行いましょう。

なぜなら、洗面所を交換してから、別の業者に頼んで壁紙や床を交換する場合は、6万~7万円程度の費用が発生してしまうからです。洗面所の交換時であれば4万~5万円程度のオプションで張り替えられるので、2万円程度お得になります。

壁紙や床が汚れていない場合や、張り替えたいと思っていない場合は、張り替えると費用が高くなってしまうだけですが、後から張り替えようと思っている場合は、一緒に張り替えた方がお得なので覚えておいてください。

工事によっては補助金制度が適用される

洗面所を交換するときは、補助金制度が利用できる可能性があります。例えば、バリアフリーに関連する交換であれば、バリアフリーリフォームや、介護保険制度が利用できます。

また、自治体によっては、バリアフリーに関連する交換でなくても、補助金制度の対象になることがあります。なので、洗面所を交換するときは、自治体の補助金制度を事前に調べてみましょう。

国の補助金制度は国土交通省が管轄しているため、国土交通省の公式サイトを確認してみましょう。自治体の補助金制度を調べるためには、「洗面所 補助金 市町村名」を入力してみましょう。

Webサイトが見つからない場合や、わからない場合は、市役所や区役所に行って、窓口で相談しても良いです。補助金の対象ではない可能性もありますが、利用できる場合は、お得になるため、欠かさずに確認してみましょう。

洗面所の種類

ここからは洗面所の種類を説明していきます。洗面所には多くの種類があり、それぞれ特徴は費用も異なってきます。自分に合った洗面所に交換することで、使い勝手や満足度は上がるので確認していきましょう。

ユニット洗面所

ユニット洗面所は、洗面ボウルがキャビネットに取り付けられていて、鏡や照明も付いています。非常にポピュラーな洗面所なので、サイズのバリエーションも豊富で、間取りに合わせて選べる洗面所です。

シンプルな作りをしたユニット洗面所が多いですが、機能性が優れたものやデザイン性が優れたユニット洗面所もあります。比較的安価な洗面所ですが、高価格帯の場合は、収納ユニットを組み合わせることも可能です。

カウンター洗面所

カウンター洗面所は、壁に取り付けたカウンターに、洗面ボウルや鏡を設置した洗面所です。間口サイズが決まっているタイプもありますが、スペースに合わせて自由に設置できるタイプもあります。

カウンターの高さを自由に決められるので、使う人の身長に合わせて設置できるという特徴があります。ユニット洗面所などは、高さが決まっているので調整できませんが、カウンタータイプは調整できるので、洗面所の高さが合わないという人におすすめです。

システム洗面所

システム洗面所は、システムキッチンのように、それぞれのパーツを自由に決められる洗面所です。洗面ボウルや鏡、水栓器具、面材などを自由に選べるため、思い通りの洗面所になります。

費用は高くなってしまいますが、大理石のカウンターを選ぶことも可能なので、洗面所にこだわりたい人にぴったりです。また、サイズも細かく決められるため、洗面所の広さに合わせやすくなっています。

ユニバーサルデザイン洗面所

ユニバーサルデザイン洗面所は、国籍や年齢、体格、障害の有無などに関係なく、ほとんどの人が利用できるデザインになった洗面所になります。洗面ボウルの高さが調整できて、車椅子の人でも使いやすくなっていることが多いです。

メーカーによってデザインや機能性は変わってきますが、ユニバーサルデザイン洗面所は特別仕様となっていることが多く、他の洗面所と比べると効果になっています。

セカンド洗面所

セカンド洗面所は、トイレやバルコニー、寝室などにサブとして設置する洗面所です。メインで使うのではないため、洗面所の交換には向いていません。設置場所を見ても分かるように、コンパクトな製品が多く設置しやすいという特徴があります。

2台目の洗面所を設置することで、朝の混雑を避けられるため、家族の人数が多く、1台の洗面所ではスペースが足らないときにおすすめです。

洗面所交換を業者に頼むときのポイント

ここからは洗面所の交換を業者に頼むときのポイントを説明していきます。

洗面所の交換実績が多い業者を選ぶ

洗面所を交換した実績、経験が多い業者ほど、作業に慣れていますしノウハウを多く持っています。なので、洗面所の交換がスムーズに行なえますし、仕上がりの完成度も高くなります。

また、洗面所の交換を得意としているほど、仕入先も豊富な可能性が高く、同じ予算内でも作業の幅が増えることもあります。スピーディーに作業を行ってくれるだけでなく、お得になる可能性も高いので、実績のある業者がおすすめです。

目的と予算に合わせてプランニングしてくれる業者を選ぶ

目的と予算を業者に伝えて、的確にプランニングしてくれる業者は非常に信頼できます。仮に予算より高くなっていたとしても、なぜ高くなるのか具体的に説明してくれる場合は信頼できる業者です。

理由も伝えずに、高額な提案をしてくる業者は、悪徳業者や詐欺業者の可能性があるため注意しましょう。

複数の業者から見積もりを取る

洗面所を交換するときは、1社の業者に見積もりを依頼するのではなく、最低でも2社以上の業者から見積もりを取りましょう。できれば3社、4社から見積もりを取ることをおすすめします。

依頼したい業者が決まっている場合でも、判断や工事内容、費用が高額すぎないか確認するためにも、複数の業者に依頼しましょう。できれば、自宅の現状を見てもらって、要望をきちんと取り入れてくれる業者にしてください。

使い勝手の良い洗面所に交換するポイント

洗面所を交換するときは、今より使い勝手の良い洗面所にしたいと考える人が多いでしょう。そこで、最後に使い勝手の良い洗面所にするためのポイントを説明していきます。

身長に合わせて洗面所の高さを選ぶ

洗面所の高さは非常に重要で、高すぎても低すぎても使いにくくなってしまいます。ちょうど良い高さは人によって異なりますが、75~85センチの間の洗面所が使われることが多いです。

また身長をベースに考えると、155センチの人であれば75センチの高さ、165センチの人であれば80センチの高さが目安とされています。ですが、人によって使いやすいと感じる高さは変わってくるため、ショールームなどで実際に使ってみて、快適だと感じる高さを調べておきましょう。

コンセントの位置と数を決める

洗面所を交換するときに注意して欲しいことがコンセントの数と位置です。ついつい忘れてしまいがちですが、実際に洗面所を使うときには、電化製品も合わせて使うことがほとんどで、コンセントがないと話になりません。

使いやすいと感じる位置にコンセントを設置して、普段からよく使う電化製品の数に合わせてコンセントの数を決めていきましょう。タコ足配線で対応しようとすると、発火の原因になり危険なので注意してください。

耐水性のある床を選ぶ

洗面所では、水を使う機会が多く、洗面所の床は濡れることが多いです。洗面所で歯磨きをする際や身だしなみを整えるだけでも、洗面所の床は濡れてしまいます。また、脱衣所が一緒になっている場合は、お風呂上がりにも濡れることになるので、水に強い床材を選びましょう。

耐水性のある床材として有名なものがクッションフロアです。クッションフロアは耐水性の優れているだけでなく、汚れもつくにくく落としやすいので、洗面所の床にぴったりです。

比較的安い価格で購入できますし、色や柄のバリエーションも豊富なため、見た目にこだわりたいときにもおすすめです。クッションフロアの他にPタイルも有名で、クッションフロアの弾力性が苦手な人はPタイルを選びましょう。

まとめ

今回は洗面所を交換するときの費用相場や、洗面所の交換費用を抑えるコツ、洗面所を交換するときのポイントなどを説明してきました。洗面所の交換にかかる費用は、洗面所のサイズやグレードによって変わりますが、8万~35万円程度で行なえます。

できるだけ費用を抑えて、洗面所を交換したい場合は、グレードが低い洗面所本体を選び、オプションは付けないようにしましょう。また、洗面所を交換するときに、補助金制度が利用できるか確認してください。

補助金制度が利用できる場合は、洗面所の交換にかかる費用がグッと抑えられるため、 国土交通省の公式サイトや自治体の補助金制度を確認してみましょう。